大阪市北区の梅田駅近くの歯医者カツベ歯科クリニックの「お知らせ・コラム」ページ

東梅田駅4番出口直結(コフレ梅田3階)

06-6311-1971 WEB予約

東梅田駅4番出口直結(コフレ梅田3階)

WEB診療予約 電話で問い合わせる TEL 06-6311-1971
診療時間
8:00 - 18:30
18:30 - 20:30

診療の受付は18:00までに完了してください。
定期検診は18:30までの時間帯で承ります。

お知らせ / コラム

カテゴリ CATEGORY

過去の記事 ARCHIVE

2024.05.30 コラム, ニュース

梅雨に注意するべき歯のトラブル☔気候と食生活の変わり目が原因?🐸

こんにちは!カツベ歯科クリニックです🦷✨

台風が来たり大雨警報が出たりと、天気が荒れる日々ですね。梅雨の時期には、歯のトラブルが起きやすくなることがあります。湿度の高さと気温の変化が口内環境や体全体に影響を与え、さまざまな歯のトラブルを引き起こしやすくなるんです💦

歯のトラブルを引き起こす原因

湿度の高さによる細菌の繁殖

湿度が高いと細菌やカビの繁殖が活発になります。口内も例外ではなく、湿気によって細菌の活動が盛んになり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

唾液の分泌

梅雨の時期は汗をかきやすく、体内の水分が不足しやすくなります。水分不足により唾液の分泌が減少すると、口内の自浄作用が低下し、細菌が増殖しやすくなります。

気温の変化による体調不良

梅雨の時期は気温が安定せず、体調を崩しやすいです。体調不良になると、免疫力が低下し、口内環境も悪化しやすくなります。これにより、口内炎や歯茎の炎症が起きやすくなります。

炭酸飲料や冷たい飲食物の摂取

暑さをしのぐため、冷たい飲み物🍹やアイスクリーム🍧を食べる機会が増えます。これらは一時的に歯の表面を冷やし、知覚過敏を引き起こすことがあるんです。また、甘いものは細菌のエサとなり、虫歯の原因になります。飲み物で言うと、炭酸飲料は酸性度が高く、歯のエナメル質を溶かすリスクがあります。

気圧の変化とストレス

梅雨の時期は低気圧が続き、体調がすぐれない日が多くなります。ストレスが溜まりやすくなり、歯ぎしりや食いしばりが増えることがあります。これが歯や顎に負担をかけ、痛みや歯の摩耗を引き起こすことがあります。

予防と対策

適切な口腔ケア

定期的に歯を磨き、デンタルフロスを使って歯間の清掃を行いましょう。抗菌効果のあるマウスウォッシュを使用すると効果的です。

水分補給

こまめに水を飲んで、唾液の分泌を促し、口内の自浄作用を保ちましょう。

バランスの良い食生活

ビタミンCやカルシウムを多く含む食材を摂取して、口内の健康を保ちます。これから夏が来ますが、甘いものや炭酸飲料を控える意識が重要です。当院には管理栄養士がおります。食事指導なども無料でさせていただけますので、お気軽にお声がけくださいね😊

ストレスを気にかける

十分な睡眠と休息を取り、リラックスする時間を作ってストレスを軽減しましょう。歯ぎしりや食いしばりが気になる場合は、歯科医院で就寝時用のマウスピースを相談するのもいいです。

🐸 ☔ 🐌

梅雨の時期は湿度や気温の変化により、口内環境が悪化しやすい季節です。適切な対策を講じることで、歯のトラブルを予防して健康な口内を保ちましょう😊

診療時間
診療時間
8:00 - 18:30
18:30 - 20:30

診療の受付は18:00までに完了してください。
定期検診は18:30までの時間帯で承ります。

TOP