TEL:06-6311-1971

診療時間8:00~18:30定休日祝日

業者の方はこちら:06-6311-1973

歯並びが気になる
Ortho

  • TOP
  • 歯並びが気になる

きれいな歯並びは
一生の宝物になります

お子様の歯並びの乱れが気になっていませんか? お子様の時期に行う歯列矯正は、顎の成長を利用しながら歯が並ぶスペースを確保するため、強い力をかけずに治療が受けられ、将来歯列を整えるための抜歯リスクも抑えられます。矯正治療は大人になってもできますが、お子様の時期から受けておいたほうがより負担なく治療を受けることができるのです。

大阪梅田の歯医者「カツベ歯科クリニック」では子どもの矯正治療にも対応しています。お子様の歯並びが気になる方はお気軽にご相談ください。

子どもの矯正が必要な理由

子どもの矯正が必要な理由

歯並びの乱れは単に見た目だけの問題ではなく、お口や全身の健康に影響を及ぼすことが分かっています。ガタガタの歯並びではみがき残しが起こりやすく、むし歯の発生リスクが高まります。また噛み合わせも悪くなるためしっかり噛めず、胃腸に負担をかけやすいなど、健康面にも問題が生じることがあるのです。その他、発音が不明瞭になる、見た目にコンプレックスを感じてしまうといったことも、歯並びの乱れの問題として挙げられます。

歯列矯正で歯並びを整えると、むし歯リスクが抑えられ、しっかり噛むことができるようになります。また、発音や見た目を改善できることで、自信を取り戻すことにもつながります。

こんな噛み合わせに
なっていませんか?

以下のような気になる症状はありませんか? 一つでも当てはまるものがあれば、歯並びや噛み合わせが乱れている可能性があります。一度当院までご相談ください。

出っ歯(上顎前突)(じょうがくぜんとつ) 受け口(下顎前突)(かがくぜんとつ)

出っ歯(上顎前突(じょうがくぜんとつ))

上の歯の傾斜や遺伝的要素などが原因で上の歯が前に出ている状態です。上の歯や顎全体が前に出ていたり、下の顎が奥に引っ込んでいたりする場合があります。小さい頃の長期間の指しゃぶりやおしゃぶり、口呼吸、頬づえなどの習慣が影響しています。

受け口(下顎前突)(かがくぜんとつ)

受け口(下顎前突(かがくぜんとつ))

遺伝的要素や成長過程での歪みなどが原因で下の歯が上の歯より前に出ている状態です。歯列によっては反対咬合ともいいます。頬づえや片方で噛む癖などが原因となることもあります。

ガタガタの歯並び(八重歯・叢生)(やえばそうせい) 噛み合わせがずれている(交叉咬合)(こうさこうごう)

ガタガタの歯並び(八重(やえ)歯(ば)・叢生(そうせい))

顎が小さいことや歯が大きいことが原因で、歯がガタガタに生えている状態です。目立つだけでなく、汚れが溜まりやすくむし歯リスクが高まります。2才頃からしっかり噛む習慣をつけると、予防につながります。

噛み合わせがずれている(交叉咬合)(こうさこうごう)

噛み合わせがずれている(交叉咬合(こうさこうごう))

上下の歯をかみ合わせた時に、上の歯列よりも下の歯列が外側に出ている状態です。上下の顎のずれの他、日常の癖や偏った食事による噛む刺激不足なども原因となりえます。

噛みあっていない(開咬)(かいこう) すきっ歯(空隙歯列)(くうげき)

噛みあっていない(開咬(かいこう))

奥歯を噛み合わせたときに前歯が噛み合わず閉じない状態です。食べ物をうまく噛み切れないことがあります。指しゃぶりや舌を前に突き出すような癖、歯の間に舌を挟む癖などが原因です。

すきっ歯(空隙歯列)(くうげき)

すきっ歯(空隙(くうげき)歯列(しれつ))

歯と歯の間にすき間がある状態です。すき間ができている箇所が目立つだけでなく、食べ物が挟まりやすくなります。顎と歯の大きさ合っていない、歯が小さい、歯の本数が足りないなどの原因があります。

カツベ歯科クリニックの
矯正治療メニュー

インビザライン

インビザライン

インビザラインとは、マウスピース型矯正装置です。透明で目立たないため見た目に抵抗があるお子様にも受け入れられやすく、薄くて滑らかな素材のため、遊びやスポーツの際に装着してもケガの心配がありません。また、食事や歯みがきのときには取り外せるため、普段通りに食事ができ、みがき残しによるむし歯リスクを抑えることもできます。

インビザラインはもともと永久歯が生え揃う時期の第2期矯正治療で使用していましたが、近年インビザライン・ファーストも登場し、乳歯と永久歯が混在する第1期矯正治療から使用できるようになっています。

床装置

床装置

顎に取りつける入れ歯のような装置です。顎を少しずつ拡げていき、歯が並ぶためのスペースを確保します。歯の大きさに応じて歯が並ぶスペースを十分に確保し、永久歯が重なって生えてくるのを防ぐことができます。

床装置による矯正治療開始のタイミングは、お子様の顎の発育状態にもよりますが、7歳前後で永久歯に歯並びの乱れが認められた時期がよいでしょう。犬歯が生えそろう10歳頃までに治療を完了できるのが理想です。

ムーシールド

ムーシールド

受け口(下顎前突)の治療の際に使う矯正装置です。歯に直接アプローチするのではなく、お口周りの筋肉にアプローチし、筋肉のバランスを正しく整えることで正しい歯・顎の位置に誘導します。

ムーシールドは1日中装着する必要はありません。就寝中に装着するだけで、通常数ヶ月~半年程度で受け口が改善されます。受け口が治った後も、後戻り防止のために半年程度、継続して装置を装着します。

症例写真