TEL:06-6311-1971

診療時間8:00~18:30定休日祝日

業者の方はこちら:06-6311-1973

むし歯があるみたい
Genaral

  • TOP
  • むし歯があるみたい

お子様が怖がらない
むし歯治療を

お子様が怖がらないむし歯治療を

歯医者は怖いというイメージがあるまま成長してしまうと、大人になったときに歯医者嫌いになってしまいます。お子様が歯医者嫌いにならずに通えるよう、子どもの時期から歯医者に慣れ、定期的にお口の健康チェックを行うことが、将来にわたり歯の健康を保つ秘訣です。

大阪梅田の歯医者「カツベ歯科クリニック」では、お子様が楽しんで通いやすい雰囲気づくりを大切にしています。むし歯治療においても、痛みができるだけ出ない方法で治療を行うとともに、お子様の不安や恐怖心に寄り添い、その原因に応じた対応を行います。少しアプローチ方法を変えるだけで、お子様の治療がすんなりと行え、笑顔を取り戻してくれることがあります。小児歯科治療のプロが対応しますので、安心してお任せください。

「むし歯かも…?」と思ったら

「むし歯かも…?」と思ったら

むし歯は治療しないとどんどん進行してしまう病気です。特に小さいお子様はむし歯の進行が早く、少し放っておくだけでも悪化してしまうことがあります。むし歯が悪化すると、乳歯の下にある永久歯が正常に育たなくなってしまうことも。

「むし歯かもしれない」と思ったら、放っておかずできるだけお早めにご来院ください。もしむし歯になっていたとしても、早めに治療を始められれば簡単な治療ですみ、痛い思いをせずにすむかもしれません。

むし歯になってしまう
原因と進行段階

むし歯は、お口の中に潜むむし歯菌が食べかすなどに含まれる糖分を分解して歯垢を形成し、産生する酸によって歯を溶かしていく病気です。むし歯はごく初期段階を除き、自然治癒することはありません。放っておくとどんどん進行し、やがて歯を失うことに。以下の表は、むし歯の進行段階(CO~C4)を示したものです。

進行段階

C0 ごく初期のむし歯

C0 ごく初期のむし歯

症状

歯の表面のエナメル質の成分が溶けた「脱灰」が起こっている状態です。白く濁って見えますが、まだ穴は開いていません。

治療方法

適切な歯みがきで歯の再石灰化を促せば自然治癒が期待できます。歯みがき指導やフッ素塗布、シーラントなどを行います。

進行段階

C1 エナメル質のむし歯

C1 エナメル質のむし歯

症状

歯の表面を覆う硬いエナメル質が溶け、歯が黒ずんで見える状態です。まだ痛みはありませんが、冷たい物がしみるなどの自覚症状がでることがあります。

治療方法

むし歯の部分だけを削り、歯科用プラスチック(レジン)を詰めます。

進行段階

C2 象牙質のむし歯

C2 象牙質のむし歯

症状

エナメル質の内側にある象牙質までむし歯が達した状態です。内側の神経には達していないので激しい痛みはありませんが、冷たい物や甘い物を食べると痛みを感じることもあります。

治療方法

むし歯の部分をすべて削り、歯型をとって詰め物を被せます。

進行段階

C3 神経まで達したむし歯

C3 神経まで達したむし歯

症状

象牙質の奥にある神経まで冒された状態です。何もしていなくてもズキズキと激しく痛み、熱い物までしみることがあります。

治療方法

むし歯に冒された神経や血管を取り除く根管治療を行い、歯を残します。根管治療の後は被せ物で補います。

進行段階

C4 歯の根まで達したむし歯

C4 歯の根まで達したむし歯

症状

歯の大部分が溶け、歯の根までむし歯に冒された状態です。一時的に痛みがなくなることがありますが、歯の根の先に膿がたまり再び激しく痛みだします。むし歯菌が血管に入ると血栓を起こしやすくなり、心疾患などを引き起こすリスクも。

治療方法

ほとんどのケースで、抜歯になります。抜歯後は入れ歯やブリッジ、インプラントなどで補います。

できるだけ痛みを抑えた治療

当院では、できるだけ痛みを抑えた治療に取り組んでいます。当院の無痛治療は多くの患者様から「ほとんど痛みを感じなかった」とのご感想をいただいています。痛みに敏感なお子様や治療に恐怖心を感じているお子様でも、安心して治療をお受けいただけるでしょう。

取り組み1表面麻酔で麻酔注射時の痛みを軽減

表面麻酔で麻酔注射時の痛みを軽減

治療中に痛みを感じてしまう主な原因は、痛みを抑えるために行う麻酔注射です。当院では麻酔注射の前に歯ぐきに表面麻酔を塗り、歯ぐき表面の感覚をマヒさせているため、麻酔注射に痛みを感じることがありません。

取り組み2注射針はもっとも細いものを使用

注射針はもっとも細いものを使用

麻酔注射に使う針はできるだけ細いもののほうが痛みを抑えられます。当院では歯科医療で使用可能なもっとも細い注射針を採用しています。

取り組み3一定の圧力で麻酔液を注入

一定の圧力で麻酔液を注入

麻酔液を体内に注入する際に、注入する圧や量が異なることで、痛みを生じることがあります。当院では、麻酔を一定の圧力で注入できる電動麻酔器を使用し、痛みを軽減しています。

取り組み4痛みを感じにくくさせる振動麻酔

痛みを感じにくくさせる振動麻酔

当院では「振動麻酔」を行っています。麻酔注射時の痛みを感じにくくするためには、振動を与えることが有効だといわれています。振動麻酔では歯ぐきに振動を伝えて末梢神経を刺激するため、痛みの感覚が分散。麻酔時の痛みが軽減されます。

むし歯以外の治療メニュー

過剰歯の抜歯や口内の手術など、お口周りの外科的な処置を行うのが口腔外科です。当院では、過剰歯の抜歯や口内の外科的治療にも対応しており、症状の程度や原因を見極めたうえで最適な治療方法をご提案しています。お子様のお口の中に何か異変を感じましたら、まずはお気軽にご相談ください。

過剰歯の抜歯

通常の歯の本数は乳歯で20本、永久歯で32本。通常よりも多く生えている歯を「過剰歯」といいます。お子様の場合、3~5割くらいに見られる比較的多い症状で、3歳くらいから現れます。過剰歯の状態はさまざまで、正常にまっすぐ生えてくることもあれば、歯ぐきの下に埋まったままで生えてこないことも。埋まったままの過剰歯はすきっ歯になったり永久歯が生えてこない原因になったりすることがあるため、抜歯の対象になります。

外科治療(外傷や舌小帯付着異常など)

外傷や舌小帯付着異常など口内の手術が必要な場合も、当院で対応できます。気になる症状があれば、一度ご相談ください。

舌小帯短縮症

舌小帯短縮症は「つれ舌」あるいは「舌癒着症」とも呼ばれ、舌の裏側にある膜状の組織が舌の先から歯ぐきに伸びている先天性の疾患です。舌の動きが制限されるため、赤ちゃんの時期に哺乳が上手くできなかったり、発語・発音の妨げになったりします。

上唇小帯短縮症

上唇小帯短縮症は「上唇小帯短縮症」あるいは「上唇小帯付着異常」とも呼ばれ、上唇の正中にある粘膜のひだ「上唇小帯」が歯ぐきの先まで伸びている症状です。上唇が歯ぐきに固定されるために哺乳が上手くできなかったり、歯が生えてくるとすきっ歯になったりします。