TEL:06-6311-1971

診療時間8:00~18:30定休日祝日

業者の方はこちら:06-6311-1973

マタニティ歯科
Meternity

  • TOP
  • マタニティ歯科

生まれてくる
赤ちゃんのために、
今できること

生まれてくる赤ちゃんのために、今できること

妊娠中は体調の変化などもあって、お口の中まで気を配ることが難しいかもしれません。しかし実は、妊婦さんとお腹の赤ちゃんの健康のためにも、妊娠中こそお口のケアが重要になります。

大阪梅田の歯医者「カツベ歯科クリニック」では、妊婦さんを対象としたマタニティ歯科にも対応しております。妊娠中でも初期と出産直前を除いて治療を行うことはできますので、気になる症状がある方はどうぞご相談ください。当院では妊娠週数や妊婦さんの体調に応じて、歯科診療を行っています。子どものいる女性歯科医師をはじめ、経験豊富なスタッフがきめ細やかなサポートをさせていただきますので、どうぞご安心ください。

マイナス1歳からのむし歯予防

マイナス1歳からのむし歯予防

母親にむし歯がある子どもは、そうでない子どもに比べて2歳時のむし歯発生率が圧倒的に高いことが分かっています。また、歯周病は子宮収縮を引き起こすプロスタグランジン産生を促進させるため、ママが歯周病にかかっていると早産や低体重児出産のリスクを高めます。

このように、生まれてくる赤ちゃんは母親の口内環境の影響を受けやすいのです。赤ちゃんがお腹の中にいる「マイナス1歳」のときから、ママがむし歯や歯周病のない健やかな状態を保つことで、大切なお子様の口内環境も守ることにつながります。

赤ちゃんが
むし歯にならないように
気を付けたいポイント

実は、赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌はいません。お子様がむし歯になってしまう原因は、ママやパパ、周りの大人の口からむし歯菌が感染してしまうからです。ママパパが赤ちゃんとの接触を防ぐことはできないため、感染自体を防ぐことは難しいでしょう。しかしママパパや周りの大人の口内環境を整え、むし歯菌をできるだけ減らしておけば、赤ちゃんへの感染リスクを減らすことにつながります。

妊娠中のお口の中の変化

妊娠中のお口の中の変化

妊娠中はつわりで歯ブラシを口の中に入れることが辛くなり、歯みがきが十分にできず、口内を清潔に保つことが難しくなります。また、つわりで食べ物が受けつけなくなることや、妊娠中は女性ホルモンが増加する影響で、だ液の分泌量が減ってしまいます。

そもそもだ液には、口内の細菌を殺す自浄作用があります。しかし妊娠中はだ液の分泌量が減ってしまうため、むし歯や歯周病の発生リスクが高くなってしまうのです。妊娠性歯肉炎など妊婦さん特有のお口の病気にかかってしまうこともありますので、妊娠中こそお口のケアをしっかりと行わなければなりません。

妊娠性歯肉炎

妊娠性歯肉炎は妊婦さんの約半数以上で、妊娠中期によくみられる症状です。妊娠による女性ホルモンの増加が原因で歯周病菌が増殖し、歯肉炎の症状が起こります。歯ぐきが腫れる、歯ぐきから出血するといった症状が起こったら、お早めにご相談ください。

妊娠中に起こる
むし歯・歯周病によるリスク

妊娠中に起こるむし歯・歯周病によるリスク

むし歯は進行すると痛みが出て、神経まで達すると出産時のストレスにつながります、また、歯周病菌が体内に入り込むことで子宮の収縮を起こし、流産・早産・低体重児出産などのリスクも。むし歯・歯周病ともに体に悪影響を及ぼすため、早期に治療が必要です。妊娠中にお口のセルフケアが十分でないと感じるようでしたら、お早めにご相談ください。

妊娠中に治療を受ける
最適なタイミング

「妊娠中は歯の治療ができない」と思い込んでいませんか? 確かに体の調子や妊娠周期に応じてできる歯科治療や処置は異なりますが、妊娠中でも歯科治療を受けることはできます。「出産後に……」と思っていても、産後は赤ちゃんの世話で忙しく、今よりも歯科医院に行きにくくなってしまいます。気になる症状があれば今のうちにご相談ください。

妊娠初期(1~4ヶ月) 安定期に入る前ですので、お腹の赤ちゃんへの影響を考え、緊急を要する症状があるとき以外は治療を控えましょう。痛みなどの症状がある場合にはご相談ください。母体・胎児に影響のない適切な処置を行います。
妊娠中期(5~8ヶ月) 安定期は歯科治療にもっとも適した時期です。通常の歯科治療やレントゲン撮影、投薬ができるようになります。自覚症状がなくても、一度健診にお越しいただくといいでしょう。
妊娠後期(9ヶ月~) 妊娠後期に入り、お腹がどんどん大きくなり移動も大変な時期です。緊急を要する症状がない場合には、この時期の治療は控えましょう。何か気になる症状があれば、産後体調が安定してから改めてお越しください。

カツベ歯科クリニックの
マタニティ歯科

カツベ歯科クリニックのマタニティ歯科

つわりなどの体調の変化により、ご自分での口腔ケアが難しいときもあるかと思います。しかし食後に口内をそのままにしておくと、むし歯や歯周病のリスクを高めてしまいます。少しでも体調が回復してきたら、一度当院までご相談ください。

マタニティ歯科では、妊婦さんのその日の体調に合わせてできる限りの処置を行い、お口の中をきれいにさせていただきます。妊娠中期の安定期に入れば多くの歯科治療を行うことができ、麻酔処置やレントゲン撮影も問題ありません。体調や妊娠週数に応じた対応をさせていだきますので、どうぞ安心してご相談ください。