TEL:06-6311-1971

診療時間8:00~18:30定休日祝日

業者の方はこちら:06-6311-1973

体癖による歯並びへの影響
Habit

  • TOP
  • 体癖による歯並びへの影響

ささいな癖が
お子様の歯並びを
乱す原因に

舌で歯を押す癖や指しゃぶりなど、お子様の気になる癖はありませんか? 実は、よくある癖が歯並びに悪影響を及ぼしてしまうことがあります。大阪梅田の歯医者「カツベ歯科クリニック」では、お子様の気になる癖をなくすサポートも行います。まだ幼いお子様の時期から定期健診やメンテナンスを受け、永く健康な歯を保てるようにしましょう。

日常の「癖」が及ぼす悪影響

舌で歯を押す癖や指しゃぶりなどは、長期間やり続けてしまうと歯並びを乱し、顎の発育に悪影響を及ぼす原因になることが分かっています。気になるお子様の癖がある場合には、お子様に繰り返しお話をして、やめるように促していきましょう。カツベ歯科クリニックではお子様のお口の癖を止める指導や舌癖のトレーニングなども行っています。お子様の癖でお困りのママパパは一度ご相談ください。

指しゃぶり

指しゃぶり

3歳くらいまでの指しゃぶりは、歯並びに影響することはほとんどありません。しかし3歳を過ぎても日常的に指しゃぶりを続けると、前歯が前に出る「出っ歯」や、上下の歯の間が開く「開咬」、口を閉じづらくなり「口呼吸」になってしまうことがあります。

唇を噛む

唇を噛む

お子様において特に多く見られるのが「下唇を噛む癖」です。唇を噛む癖があると、上と下の歯の間に下唇が挟まり、上の歯には外側に力がかかり、下の歯には内側に力がかかるため、前歯が前に出る「出っ歯」になることがあります。

口呼吸

口呼吸

常に口呼吸をしていると、口の周りの筋肉がゆるんで歯にかかる唇の力が弱まるため、前歯が唇側に傾いてしまうことがあります。それにより、上下の歯の間が開く「開咬」になる可能性もあります。

頬づえ

頬づえ

頬づえを日常的についていると、顎の関節や歯に力が加わります。これが顎の発育過程であると、下顎の成長を抑えてしまうため、前歯が前に出る「出っ歯」になったり、顎が左右にずれたりすることがあります。

舌の癖(舌癖)

舌の癖(舌癖)

舌で前歯の裏側を押す癖や、上下の前歯の間に舌を挟む癖などは、毎日繰り返すことで歯を動かしてしまいます。前歯が前に出る「出っ歯」や、上下の歯の間が開く「開咬」、口を閉じづらくなり「口呼吸」になったり、発語が不自然になったりすることがあります。

子どもの矯正セルフチェック

お子様の歯並びが心配なら、まずは以下のセルフチェックをお試しください。あてはまる項目が一つでもあれば、矯正治療を行ったほうがよいケースもありますので、一度ご相談ください。

子どもの歯並びを
悪くしないために

子どもの歯並びを悪くしないために

歯並びに悪影響を与える癖をやめられれば、歯や顎を正しい成長に導くことができ、整った歯並びに近づけられます。とはいえ、いったん身についてしまった習慣を改めるには、ママパパの根気強い声かけとお子様本人の努力、そして時間が必要です。ご家庭での取り組みだけでは改善が難しいこともあるでしょう。

不正な歯並びは放置していても一生良くなる事はありません。お子様に何度いってもなかなか癖を改善できない場合や、お口の癖などについて気になることや困っていることがあれば、当院まで一度ご相談ください。お子様にとってよりよい方法を探り、一緒に解決していきましょう。