TEL:06-6311-1971

診療時間8:00~18:30定休日祝日

業者の方はこちら:06-6311-1973

口腔環境が
成長に影響すること
environment

  • TOP
  • 口腔環境が成長に影響すること

将来のお口の健康のために
できること

「乳歯はいずれ永久歯に生え変わるから、むし歯になっても大丈夫」と思っていませんか? 実は乳歯の時期にむし歯になると、その後のお口の成長に影響を及ぼしてしまうことがあります。

大阪梅田の歯医者「カツベ歯科クリニック」では、小さい頃から大人になるまでお子様が健やかな口内環境を保てるようサポートしています。まだ幼いお子様の時期から定期健診やメンテナンスを受けて、生涯むし歯がゼロになるような健康な歯を育ててあげましょう。

乳歯のむし歯が子どもに与える
さまざまな影響

乳歯の時期にむし歯になると、ただ痛みが出て困るだけではありません。お口の中だけでなく全身にさまざまな影響を及ぼします。

永久歯のむし歯リスク

永久歯のむし歯リスク

乳歯のむし歯が進行すると歯の根までむし歯菌が到達し、そこで膿が溜まります。永久歯は乳歯の真下から生えてくるため、溜まった膿を通って永久歯が生えてくると、永久歯もむし歯になってしまうことがあります。

体の発育を妨げるリスク

体の発育を妨げるリスク

むし歯がある箇所は痛みが出るため、その箇所を避けるように噛む癖がついてしまう可能性があります。極端な場合、食べ物をしっかり噛まずに飲み込んでしまうことも。そうなると、顎の発育に悪影響を及ぼし、骨格が変形してしまったり成長不足などを引き起こしたりすることがあります。

栄養不良になるリスク

栄養不良になるリスク

歯が痛いと硬い物が噛めなくなり、柔らかい物ばかりを食べるようになります。偏食になり栄養バランスが崩れ、身長・体重など体の発育の妨げや健康不良などの原因となることもあります

永久歯の歯並びを悪くするリスク

永久歯の歯並びを
悪くするリスク

乳歯がむし歯になり早く抜け落ちてしまうと、その箇所のスペースが長期間空いたままになってしまいます。すると両隣の歯が開いたスペースに傾き、いざ永久歯が生えてこようとする時期にはスペースがなくなってしまうのです。その結果、正しい位置に歯が生えず歯並びが乱れる原因になります。

学力や運動に影響が出るリスク

学力や運動に影響が出るリスク

上下の歯でしっかり噛めると、脳に刺激が伝達され、学習や運動によい効果をもたらします。しかしむし歯が多いとうまく噛めなくなってしまうため、噛む刺激が脳に伝わらず、学力や運動に影響が出る可能性があります。

むし歯になる前に
防ぐことが大切です

乳歯や生えたばかりの永久歯は歯質が弱いため、むし歯になりやすい傾向があります。むし歯があるとしっかり正しく噛むことができなくなるため、歯並びに悪影響が出る可能性が高くなります。きれいで健康な歯並びのために、まずはむし歯にならないよう定期的にケアしてあげることが重要です。

フッ素塗布

フッ素塗布

乳歯が生え始めてから2年程度は歯質が弱いため、歯質を強くするフッ素を歯に塗布する処置がおすすめ。フッ素塗布を行うことで、歯質を強くしむし歯になりにくい丈夫な歯になります。フッ素塗布は定期的に行うことで効果を維持できます。

歯みがき指導

歯みがき指導

お子様の歯並びやお口の状態に応じて、歯みがき指導を行います。お口の中で汚れの溜まりやすい部位をチェックし、その部位を中心に汚れを落とせるような歯ブラシの持ち方・動かし方をアドバイスします。あわせてデンタルフロスや歯間ブラシの選び方・使い方もご説明し、お子様自身でもお口を綺麗にできるようサポートします。

定期健診

定期健診

定期的に健診を受け歯科医師に口内を診てもらうことで、むし歯のない状態を保てているかどうかチェックできます。たとえむし歯になっていても早期発見・早期治療ができるためお子様も痛みを感じずにすみ、治療時間や費用も軽くできます。

末永く歯の健康を保つために

カツベ歯科クリニックでは、ママパパとともにお子様の健やかな歯の成長を見守り、生涯に渡りむし歯になることのない健康できれいな口元を手に入れられるよう適切な処置やアドバイスを行っています。お子様が大人になっても歯の健康に保つことができるかどうかは、子どもの時期のママパパと歯科医院の取り組み次第です。お子様の歯を守っていけるよう、私たちと一緒にサポートしていきましょう。