ホワイトニングの効果の差は何の違い?

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

歯が白くて健康的だと、笑顔に自信が持て、表情も自然と明るくなります。歯を白くするにはホワイトニングが一般的ですが、白くなる速さや程度には個人差があります。また、変色の状態によっては白くなりにくい事もあります。

歯の変色の原因は?

歯の変色は大きく「外因性」と「内因性」に分けることができます。「外因性」の変色は、虫歯や喫煙、色の濃い食べ物をよく食べる事によって起こります。子の場合は、歯医者で歯のクリーニングをするだけで白くなったように見えることもあります。「内因性」の変色は、加齢や遺伝性、歯への障害など様々な要因で歯の中が変色するものです。この場合はホワイトニングで歯を白くすることが有効です。

ホワイトニングの効果が出にくい色調

暖色系(赤やオレンジ、黄色っぽい色)の変色は、ホワイトニングの効果が出やすいと言われています。一方で寒色系(黒やグレー、青っぽい色)の変色は効果が出にくい色調です。

白さは永遠に続きません

ホワイトニングの白さは永遠に続きません。ただし、後戻りの変色は表層に近い部分で起こるので、日々のケアやホワイトニングをすることで白さを取り戻すことができます。

 

☆その他、審美治療に関する記事はこちら☆

1.保険の歯からセラミックに変えて綺麗な歯に

2.自然な白さを表現するセラミックの審美治療

3.前歯をセラミック治療する前に知っておきたいこと

4.歯を綺麗にするクリーニングは大阪梅田のカツベ歯科

5.セラミックで歯を綺麗にしたい時に良い歯医者を見分けるポイント

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:審美治療