矯正中の痛みでも食べやすいものを紹介

矯正中は歯が移動する際に感じる痛みで食事もしにくくなると思います。そのような時は柔らかいものや水分が多いものを中心に、噛むときに負担がかからないものを選びましょう。どうしても噛むことが負担であればゼリーの飲料やヨーグルトもおすすめです。

また、食事ができないほどの痛みが長期間続くようであれば、歯医者に相談していただくのが良いかもしれません。

 

オススメの食べ物をご紹介

〇お粥

痛みに合わせて何倍粥にするかを調整してみてください。

〇リゾット

野菜と一緒に良く煮込むことで、野菜も柔らかくなり栄養もとれます。スープや調味料を工夫すると色々な味が楽しめると思います。

〇茶碗蒸し

スーパーでは温めるだけで食べれるものもあるので、手軽に栄養価の高い卵を食べることができます。

〇オムレツ

こちらも栄養価の高い卵を食べることができます。あまり噛まずに舌でつぶせるのが良いです。

〇豆腐

人参なども一緒に入れて湯豆腐にすることで栄養価の高いレシピになります。

〇ポトフ

色々な野菜と鶏肉をスープで煮込めば、舌でつぶせるくらいの柔らかさにすることができます。できる限り細かく刻んで食べやすくしてください。

〇ポテトサラダ

ポテトサラダも実はほぼ噛まずに食べることができます。野菜は細かく刻むことで食べやすくしてください。ツナも入れるとタンパク質を取ることができます。

 

矯正中は食べるのを気を付けたいもの

〇煎餅などのかたい食べ物

かたい食べ物を食べると矯正装置に負担がかかり、外れてしまうことがあります。装置が外れると治療に遅れが生じたりするので、矯正治療中はできる限りかたい食べ物は避けるようにしましょう。

〇ガムなどの粘着性が高いもの

粘着性が高い物が矯正装置と歯の間に入り込んでしまうとなかなか取ることができません。無理やり取ろうとすると矯正装置が外れたり、放置していると虫歯の危険性がでてきてしまいます。

関連記事はこちら

コラム一覧に戻る