銀歯で天然の歯が傷ついているかもしれません

銀歯に使われる素材は天然の歯と比べて硬いため、少しずつ天然の歯が削られていきます。なぜ天然の歯が削られるのでしょうか。ここではその原因と対策を考えたいと思います。

 

銀歯は天然の歯より硬い素材でできています

一般的に銀歯といえば金銀パラジウム合金という金属を使っており、歯の表面であるエナメル質よりもずっと硬い合金になります。丈夫な素材であることは大切なことなのですが、歯の治療にとって硬くて丈夫なものが良いというわけではありません。なぜならエナメル質より硬い素材が日常的にぶつかっていると、エナメル質が削られていくからです。

 

天然の歯が削られることにより起こる症状

エナメル質が削られ、中にある象牙質がむきだしになると知覚過敏や虫歯になりやすく、また歯の中に細菌が入り易いといったリスクが考えられます。

 

天然の歯へのダメージを最小限にするために

同じ金属でも金は軟らかさも丈夫さもすぐれた材料であるといえます。噛み合わせによりエナメル質も金歯もバランス良く削られていき、片方を傷めるということがありません。また陶器で出来ているセラミック治療も有効です。もし何かお気づきの方はお気軽にご相談ください。

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.お酒(アルコール)で虫歯菌は死にません

2.キシリトールガムは虫歯予防に効果があるか?

3.前歯を審美的に治療をした症例について講演をしました

4.上下の歯がいつもさわっていたら危険です

5.歯を綺麗にするために知っておきたいポイント

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき