大阪の歯医者が教える歯周病という病気について

梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

歯周病は歯を失う原因の第一位であるといわれています。またギネスブックでは「世界で最も患者が多い病気」として歯周病が取り上げられています。そこで今回は、歯周病はどのように進行するのか?歯周病ケアのポイントをご説明したいと思います。

 

歯周病の進行状況

歯周病はその進行状況によって、次の4つに分類されます。

1.歯肉炎

歯ぐきの炎症だけが起きている状態です。歯の周りのプラーク(歯垢)を丁寧に取り除き、正しい歯磨きもすることで状態が回復します。

 

2.軽度歯肉炎

歯肉炎の状態から歯ぐきがさらに腫れ、歯を支える骨が破壊されなくなっていきます。この場合もプラーク(歯垢)・歯石の除去と、正しい歯磨きで治療をおこないます。

 

3.中等度歯周炎

歯周ポケットに炎症が広がり、歯を支える骨がさらに破壊されることで歯がぐらつき、膿が出る場合があります。この状態になると必要に応じて外科手術が必要となります。

 

4.重度歯周炎

歯を支える骨がほとんどなくなり、歯が抜け落ちるのは時間の問題です。こうなると歯の保存は難しく抜歯となります。

 

歯周病セルフチェック

歯周病はほぼ自覚症状がなく進行していきます。そのため歯周病を予防するためには、初期のサインを見逃さず早期発見できることが大切です。

〇歯磨きをした時に歯ぐきから血が出る

〇歯ぐきの色が赤い

〇朝起きると口の中がネバネバする

〇歯の間に食べ物がよく挟まる

〇歯ぐきが痩せてきた気がする

〇歯ぐきを押すと血が出る

〇歯がグラつく

〇冷たいものが歯にしみる

〇口臭が気になる

これらの内、1つでも気になればお近くの歯医者に受診してください。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.健康寿命の延伸と歯のケアは密接に関係しています

2.歯周病についてSPTに至らなかった症例を考察する(NHK例会)

3.口臭の元「臭い玉」が出来る原因と取る方法

4.ダイレクトポンディング法などの講演会に参加しました

5.不正咬合のオープンバイト(開咬)について講演をしました

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:歯周病