歯周病とは?大阪の歯医者が教える歯周病の基礎知識

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

歯肉炎と歯周炎の違い

歯周病とは「歯肉炎」か「歯周炎」の状態になっていることを言いますが、この歯肉炎か歯周炎の違いは症状の進行具合によります。人間の体に細菌が入り込もうとすると白血球が細菌と戦うのですが、戦いの場になった歯ぐきは炎症が発生します。結果、歯ぐきが腫れたり出血しやすくなるこの状態を「歯肉炎」と呼ぶのです。次に、細菌との戦いに白血球が不利になってくると歯ぐきが下がってしまいます。その状態が続くと炎症はより深いところまで進み、歯を支えている骨まで近づきます。すると歯を支える骨は炎症がから逃げようとして、体に吸収され無くなっていくのです。この状態を「歯周炎」と呼びます。

 

歯周病を治すために必要なこと

ご自宅での歯磨きは歯ぐきの上のプラークは取れても、歯周ポケットにあるプラークや歯石は取ることはできません。プラークや歯石が付着したままだと、歯周病が治らないばかりか進行してしまうこともあります。そのためプラークと歯石をていねいに取り除き、歯ぐきの健康状態を良くするのが歯医者の仕事です。歯周病を治すためには歯医者でのプロフェッショナルケアと、患者さま自身のセルフケアが不可欠です。定期検診でプラークと歯石を除去してもらい、ご自宅では正しい歯磨きを続けていきましょう。

 

☆その他、歯周病に関する記事はこちら☆

1.歯周病の知識向上のための講座 ~大阪|梅田の歯医者で歯周病治療~

2.糖尿病でも歯周病は改善することができます

3.歯の定期検診(メンテナンス)は治療そのものです

4.歯の定期検診(メンテナンス)への思い

5.口臭がするのは胃腸のせいではありません

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:歯周病