セラミック治療の症例紹介

セラミックを被せる支柱となる支台歯に色が付いてしまっていても、綺麗な被せ物を作ることができます。

支台歯に色が付いていると、それが被せ物のセラミックにも影響して色が綺麗に合わない場合もあります。ただし、そこは院内に常駐する歯科技工士の腕の見せどころです。しっかりと歯の状態を確認し、自然の歯を細部まで再現して作成します。お問合せお待ちしております!

カテゴリー名:セラミック

関連記事はこちら

コラム一覧に戻る

監修者情報

監修者情報

カツべ歯科クリニック院長
勝部 義明 Yoshiaki Katsube

2003年カツベ歯科クリニック開業。歯科医師を指導する立場である、大阪には9名しかいない日本顎咬合学会の指導医(2019年12月現在)や日本臨床歯科医学会(大阪SJCD)のインストラクター。 この体制のもと当院歯科医師や歯科衛生士へ指導を重ね、高いレベルでの歯科医療を提供を実現している。