健康寿命の延伸と歯のケアは密接に関係しています

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

歯のケアはQOLの向上に欠かせません

QOLとは「Quality of Life」の略で、生活の質という意味を持ちます。それでは、歯のケアとQOLはどのような関係があるのでしょうか。自分の歯が20本以下になると、食事が不自由になる、表情が暗い、会話がしにくいなどの要因からQOL(生活の質)が著しく下がってしまいます。そのため、80歳で歯を20本以上残すということはQOLを維持・改善していくのにとても重要です。

 

歯だけでなく、お口全体の健康がQOLの向上に重要です

お口の筋力が低下すると食べ物を噛むことができなくなり、飲み込む機能が低下すると食べ物を飲み込めなくなってしまいます。すると食欲が落ち、栄養状態も悪くなることでさらにお口の機能が低下してしまうという悪循環を招きます。そのためお口の健康もQOLと密接に関係しているのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。お口や歯の健康があなたの生活の質を上げる大きな要因となることをご理解いただけたでしょうか。いつまでも笑顔で生活できるよう、素敵なお口でいることを心掛けましょう。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.歯周病についてSPTに至らなかった症例を考察する(NHK例会)

2.口臭の元「臭い玉」が出来る原因と取る方法

3.ダイレクトポンディング法などの講演会に参加しました

4.不正咬合のオープンバイト(開咬)について講演をしました

5.すぐ虫歯になる子どもは歯が弱い?

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき