プラーク(歯垢)とは?歯に付着するネバネバ

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

プラーク(歯垢)とは?

プラーク(歯垢)は歯の表面に付着しているザラザラネバネバしたものです。このプラークには1mgあたり約600種類、1億~2億個の細菌が存在しています。プラークは粘着性が非常に高いためうがいをするだけでは取り除けず、機械的に除去する必要があります。

 

プラークを除去するには?

基本は家でのホームケアです。歯医者に行く回数は3ヶ月に1回程度になります。そのため、ケアの総時間の大部分を占めるご自身でのメンテナンスが非常に大切です。歯は1本1本丁寧に磨き、歯と歯ぐきの際をプラークをかき出すようにしましょう。また、歯と歯の間は歯ブラシが届きにくい箇所なので歯間ブラシも上手に使いましょう。

しかし、どれだけ丁寧にケアをしたとしても歯磨きのクセが原因で磨き残す箇所が必ず出てきます。そこを歯医者で3ヶ月に1回、プロによる手でチェックをし清潔なお口を保ってください。

 

まとめ

プラークを長く放置すると歯石となって、歯磨きでは落とせなくなってしまいます。歯石の表面はザラザラとしていて細菌と住み処となってしまうので、日々のホームケアを丁寧におこないましょう。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.朝の歯磨きは起きてすぐする?朝食後にする?

2.歯の色素沈着の原因。なぜ歯は黄ばんでしまうのか?白くする方法とは?

3.肩こり・頭痛の問題を噛み合わせで治す

4.虫歯になるかどうかは食べる時間が重要です

5.トリートメントコーディネーターによるカウンセリングシステム

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック (東梅田・北新地)マウスピース矯正(インビザライン)

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき