インビザラインの勉強会の様子を撮影しました

『歯を抜かないマウスピース矯正』というテーマで勉強会の様子をyoutubeにアップしました。

抜歯をせずにマウスピース矯正をやる場合には、その人のお口の状態でそれが可能なのかどうかを見極める診査・診断が重要になります。もし診断が誤っていると、動画でも説明している通り、歯の根っこが歯ぐきから飛び出てしまうという大変恐ろしい事になりかねません。

『出来れば自分の歯は抜かずに矯正をしたい!』と思われる方は多いかもしれませんが、注意点もあることを念頭に置きながら治療に進んで頂きたいと思います。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのマウスピース矯正(インビザライン)情報はこちら☆

1.アライナー矯正の第4回目のコースを受講しました

2.外部講師の方に来て頂き実習をおこないました

3.インビザライン矯正の院内勉強会を開催しました

4.日本人は歯列矯正をしない!?

5.オンラインの勉強会を開催しました

カテゴリー名:マウスピース矯正(インビザライン)

歯科の勉強会(NHK-B)を開催しました

1月22日(金)の診療後に歯科の勉強会のNHK-Bを開催しました。今回は当院からの発表者はいませんでしたが、歯科医師と歯科技工士が参加し多くの先生方の発表を聞き、勉強させてもらいました。

オンラインでの勉強会開催も1年ほど続いたため大分要領も得て、意見交換もスムーズに行うことが出来るようになりました。

私たちは医療従事者のため技術や知識を磨くことは当然なのですが、それ以上に意識をしたいのがホスピタリティ精神です。『良い治療をするから良い』だけではなく、常に患者さまの気持ちに寄り添いながらこれからも治療をしていきたいと思います。

勉強会の様子

勉強会の様子

勉強会の様子

 

☆その他、カツベ歯科クリニックの勉強会情報はこちら☆

1.院長とスタッフが株式会社ジーシーの取材を受けました

2.アライナー矯正の第4回目のコースを受講しました

3.外部講師の方に来て頂き実習をおこないました

4.インビザライン矯正の院内勉強会を開催しました

5.日本人は歯列矯正をしない!?

カテゴリー名:学会・セミナー参加報告

院長とスタッフが株式会社ジーシーの取材を受けました

診療後に院長と歯科衛生士の金川、トリートメントコーディネーターの稲浦が『院内教育システム』の内容について株式会社ジーシーの取材を受けました。

当院の教育システムはしっかりとシステム化されており、当院へ見学に来られる先生方にも重点的にお伝えしている項目です。院内のシステムを外に教える事ははたから見ればライバルを増やす事に繋がるかもしれないですが、そうする事で日本の歯科のレベルが上がればそれは喜ばしいことだと思います。

物理的な距離が理由で私たちが直接治療出来ない患者さまも、他の歯医者が治療をして頂けることで幸せの輪が広がるのではないでしょうか。ぜひこれからも優秀な人材を育てていきたいと思います。

 

 

☆その他、カツベ歯科クリニックの勉強会情報はこちら☆

1.アライナー矯正の第4回目のコースを受講しました

2.外部講師の方に来て頂き実習をおこないました

3.インビザライン矯正の院内勉強会を開催しました

4.日本人は歯列矯正をしない!?

5.オンラインの勉強会を開催しました

カテゴリー名:学会・セミナー参加報告

アライナー矯正の第4回目のコースを受講しました

院長が『考える力を身に付ける アライナー矯正治療6回コース』の第4回目をオンラインで受講しました。アライナーとはマウスピース矯正(インビザライン)のことで、最近では会場に行かず今回のようにPCを介して勉強をする機会が大変多くなっています。

マウスピース矯正は見えない矯正として近頃大変人気で、「マウスピース矯正をしたい!」と相談に来られる患者さまも多くいらっしゃいます。そのような方々にしっかりと応えられるよう、知識と技術をより充実させていきたいと思います。

今回も1日間におよぶ講義でしたが、多くの先生方と一緒に学ぶ場では、やはり多くの学びがありとても有意義な時間となりました。この学びを矯正で悩まれている方々にしっかりと還元していきます。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのマウスピース矯正(インビザライン)情報はこちら☆

1.外部講師の方に来て頂き実習をおこないました

2.インビザライン矯正の院内勉強会を開催しました

3.日本人は歯列矯正をしない!?

4.オンラインの勉強会を開催しました

カテゴリー名:マウスピース矯正(インビザライン), 学会・セミナー参加報告

目指せ!潤うお口

 

潤うお口は虫歯の発生を抑制します。食べ物を食べると口の中は酸性に傾くのですが、虫歯は酸性の状態でどんどん進行していきます。しかし、だ液はこれを中性へと戻してくれるため、虫歯の発生を抑えることが出来るのです。潤うお口を手に入れるため、ぜひ次のような事を意識してみて下さい。

 

よく噛んで食べる

食べ物は噛めば噛むほどだ液が分泌されます。早食いせず、しっかりと良く噛んで食事をする事がとても大切です。噛む回数を意識しないとすぐに飲み込んでしまうので、『〇回噛む!』という意思を持って食事をしてみましょう。

 

キシリトールガムを噛む

唾液は何もしていないときにも分泌されていますが、噛むことによる刺激で唾液腺や自律神経も刺激され、よりたくさんの唾液が分泌されます。お口が乾いているときは食べにくいと思いますが、飲み物で流し込んだりせずに、いつもよりよく噛んで食べるよう気をつけましょう。

 

規則正しい生活

唾液分泌の指令を出す自律神経のバランスを整えることは、唾液量アップに効果的です。

自律神経は交感神経と副交感神経が交互にはたらいてバランスを保っています。しかし睡眠時間や食事の時間がが不規則になると、負荷がかかってバランスが乱れます。毎日の起床、就寝、食事をなるべく同じ時間にそろえ、規則正しい生活を心がけましょう。

 

加湿器をつける

お部屋が乾燥していると、もちろん口の中も乾きやすくなってしまいます。適度な湿度を保って過ごすように心がけましょう。

 

マスクをして寝る

少なくなっている唾液を少しでも蒸発させないための環境づくりも大切です。部屋の湿度を上げて空気の乾燥を防いだり、口を開ける時間を少なくしたりすることで、唾液の蒸発を防ぎましょう。アレルギー性鼻炎などの鼻の病気などで寝ている間に口呼吸してしまう方は、マスクをして寝ることも1つの手です。

 

コーヒー・紅茶は控えめに

カフェインの入った飲み物やアルコールには利尿作用があります。尿によって体の水分が減ると、唾液の材料である血液も減り、つくられる唾液の量も減ります。コーヒー・紅茶のほかに緑茶や栄養ドリンク、コーラなどにもカフェインは入っています。お好きなものでもちょっと我慢。いつもより控えめを心がけましょう。

 

唾液が少ないときは、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

おうちでできることにプラスして、歯科医院で定期的にチェックすることも大切です。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.口臭の原因・予防・改善方法

2.口臭を減らす!舌磨きの6つのポイント

3.口臭の元「臭い玉」が出来る原因と取る方法

4.ホワイトニングを一から解説。初心者のためのホワイトニング講座(前編)

5.リステリンでお口の中を殺菌・消毒

外部講師の方に来て頂き実習をおこないました

12月2日(水)に毎月来て頂いている歯科衛生士の丸尾先生を交えて、実習をおこないました。丸1日間、実際の治療のアドバイスから正しいシャープニングの方法、仕事への取り組み方まで多くのことを学ばせて頂きました。

毎月、歯科衛生士のレベルアップのために当院へ来て頂いている丸尾先生には本当に感謝です。この学びをしっかりと自分のものにして、患者さまへ還元していきたいと思います!

歯科衛生士実習の様子
歯科衛生士実習の様子
歯科衛生士実習の様子
歯科衛生士実習の様子
歯科衛生士実習の様子

 

☆その他、カツベ歯科クリニックの勉強会情報はこちら☆

1.インビザライン矯正の院内勉強会を開催しました

2.歯科衛生士がSRP(歯石取り)のテストに合格しました

3.形成グランプリを開催しました

4.朝日大学の歯学部にて院長が授業をおこないました

5.オンラインの勉強会を開催しました

カテゴリー名:マウスピース矯正(インビザライン), 学会・セミナー参加報告

インビザライン矯正の院内勉強会を開催しました

11月18日(水)の診療後に荒垣先生がインビザライン矯正の院内勉強会を開催しました。

インビザラインのマウスピース矯正は当院の患者さまでも治療されている方が多くいらっしゃるため、今回スタッフの知識の底上げのために勉強会を開催しました。カツベ歯科での症例を見ながら歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士で活発な意見交換をおこない、治療のレベルアップに繋がったと思います。

インビザラインは見えない矯正として大変人気が出ており、特に見た目が気になってワイヤー矯正に踏み切れなかった方へオススメです。ご興味のある方はぜひ一度お声掛け下さい。

院内勉強会
院内勉強会

 

☆その他、カツベ歯科クリニックの勉強会情報はこちら☆

1.歯科衛生士がSRP(歯石取り)のテストに合格しました

2.形成グランプリを開催しました

3.朝日大学の歯学部にて院長が授業をおこないました

4.オンラインの勉強会を開催しました

5.ガミースマイル治療をスタッフが体験した結果

カテゴリー名:マウスピース矯正(インビザライン), 学会・セミナー参加報告

歯科衛生士がSRP(歯石取り)のテストに合格しました

全国から歯科衛生士を指導して欲しいと依頼がある丸尾先生のもと、当院の歯科衛生士2人が合格証書を受取りました。テスト当日はとても緊張をしていましたが、約2年間、診療時間以外にも練習を重ねた結果がみごと実を結びました。

今回合格した内容が、SRPという歯石取りのテストになります。特に緑下歯石は歯ぐきの中に歯石が付くため目で確認することが出来ず、取り除くには多くの技術が必要です。この合格証書はまだまだスタート地点だと思って、より一層技術を磨いていきたいです。

テストに合格したことにより施術の幅もさらに増えますが、これに満足することなく、大阪の皆さまの健康のためにこれからも学び続けていきたいと思います!

合格証書を受取りました

 

☆その他、カツベ歯科クリニックの勉強会情報はこちら☆

1.形成グランプリを開催しました

2.朝日大学の歯学部にて院長が授業をおこないました

3.オンラインの勉強会を開催しました

4.ガミースマイル治療をスタッフが体験した結果

5.大阪歯科大学の学生に向けて講義と実習をしました

カテゴリー名:学会・セミナー参加報告

口臭の原因・予防・改善方法

 

皆さんの中には口臭を気にされている方も多いのではないでしょうか。時に口臭は人間関係(コミュニケーション)に影響する場合があります。

そのため、口臭の原因を知り正しい対策をすることは人生においてとても有益に働きます。

 

口臭のほとんどの原因が口の中に!?

胃腸が原因で口臭が強くなるというイメージを持たれている方も多いですが、口臭の原因の約9割が口の中にあるということが報告されています。

ニンニク料理を食べた後は、口の臭いがきつくなりますが、食事や飲酒が原因の口の臭いは一時的なもので、時間が経つと軽減されていきます。そのため、治療の必要はありません。

また、起床時、空腹時や緊張時には口臭が強まります。これは、唾液の分泌量が減ることで細菌が増殖し、口臭の原因物質が多く作られるためです。この種類の口臭は生理的口臭と呼ばれ、歯磨き・食事・水分補給などにより改善するため、治療の必要はありません。

 

主な口臭の原因

口臭の原因のほとんどが口の中にあり、「歯周病」や「舌苔(ぜったい)」が原因であると言われています。

<歯周病>

歯周病の原因となる細菌が作り出すガスによって、口臭が強くなります。進行した歯周病では口の中の細菌数が多くなり、口臭がきつくなってしまいます。

口臭は歯周病の症状の一つでもあります。

<舌苔>

舌苔とは、舌の上にある白いコケ状の付着物を言います。口臭の原因となるガス(VSC)を作り出すため、舌苔が多く付着していると口臭が強くなります。

 

口臭の原因「VSC」とは

VSCとは、口臭の原因となる物質「揮発性硫黄化合物」のことであり、舌苔や歯周病菌がVSC生成の原因となります。

VSCには、卵が腐ったような臭いがする「硫化水素」、生ごみのような臭いがする「ジメルサルファイド」、魚が腐ったような生臭いにおいの「メチルメルカプタン」などのガスが含まれます。このような臭いは、周囲に不快感を与えてしまいます。

 

全身疾患が原因の口臭

全身疾患が口臭の原因になることもあります。糖尿病や肝臓病、蓄膿症などがあります。

 

口臭の予防・改善するための方法は?

歯周病が原因の口臭予防

歯周病の原因は、プラーク(歯垢)の中に含まれている細菌です。歯周病菌の多くがVSCを作ります。そのため、歯磨きをしっかり行い、定期的に歯科医院を受診して歯石除去やクリーニングを行うことで、口臭を予防・改善できます。

舌苔が原因の口臭予防

舌苔ができる原因はさまざまであり、ストレス、口呼吸、唾液の分泌量減少などと言われています。舌の汚れを除去する専用のブラシ(舌ブラシ)などを使って、舌苔を除去することで、それに伴う口臭を予防・改善することができます。

 

口臭は当院で相談できます

自分で改善できない口臭は、当院で治療を行うことが可能です。

口臭は、社交的になれないなど、メンタルの部分に影響することもあります。まずは、私たちに気軽に相談してみてください。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.口臭を減らす!舌磨きの6つのポイント

2.口臭の元「臭い玉」が出来る原因と取る方法

3.ホワイトニングを一から解説。初心者のためのホワイトニング講座(前編)

4.リステリンでお口の中を殺菌・消毒

5.ホワイトニングはオフィスかホームどちらがお勧め?タイプ別に考察

形成グランプリを開催しました

 

カツベ歯科クリニックにて毎年恒例でおこなっている、形成グランプリを開催しました。支台歯形成とは歯の詰め物を支えるための、土台を作る基本的な技術です。今回は左上1番の支台歯形成をカツベ歯科の歯科医師全員でおこないました。

支台歯形成の様子
支台歯形成の様子
支台歯形成の様子
支台歯形成の様子
支台歯形成の様子

 

完成した支台歯は細かく採点され順位付けをおこないます。その結果、今回の入賞者は1位が荒垣先生、2位が西條先生、3位が谷口先生と福山先生になりました。

このように技術を高めあえる場があることもカツベ歯科の強みです。これからも多くの事を学び吸収していきたいと思います。

形成グランプリの入賞者

 

☆その他、カツベ歯科クリニックの勉強会情報はこちら☆

1.朝日大学の歯学部にて院長が授業をおこないました

2.オンラインの勉強会を開催しました

3.ガミースマイル治療をスタッフが体験した結果

4.大阪歯科大学の学生に向けて講義と実習をしました

5.勉強会の様子をYouTubeライブでテスト配信しました

カテゴリー名:学会・セミナー参加報告