お口の健康状態が分かるステファンカーブ

 

1日のうち、何回歯磨きをしていますか?

朝・昼・夜。毎食後、普段であれば1日3回歯みがきをきっちりとされている方も多いと思います。

ですが、何もないお休みの日。起きるのは昼前、朝昼兼用のご飯を食べ、そのまま歯みがきをすること無くだらだらと過ごし、おやつを食べ、再びだらだら。気づけば夜。「そういえば朝から一回も歯みがきをしていなかった!」などということはないでしょうか。もし、そのようなライフスタイルに侵食されていると、お口の中では大変な事件が起きているのです。(2日間ごろごろ過ごしているだけで、1年分歳をとってしまうそうなので、体力的にも大変な事件)

 

ステファンカーブをご存知でしょうか。

ステファンカーブとは、人間のお口の中のPH(ペーハー)の変化を示したグラフです。PHというのは酸性とアルカリ性の度合いを表したものです。

このPHの値は、食事をとるたびに変化します。お口の中のPHは、通常であればPH7に保たれています。

ですが、食事や間食をとるなどしてお口の中に食べ物(清涼飲料水などの飲み物も含まれます)が入ってくると、すぐに口腔内のPHは酸性に傾きます。

そしてPH5.5になったとき、わたしたちの歯は脱灰が始まります。この脱灰が繰り返されることによって、むし歯が発生してしまいます。

しかし、わたしたちのお口のなかには唾液が流れています。唾液は30分ほどで再石灰化を促し元の状態へと戻してくれます。

この脱灰と再石灰化のバランスが保たれていれば、むし歯にはなりません。

ですが、間食を頻繁にとったり、1日に5回も6回も食事をとっていると(お茶や水以外のドリンクも同じく危険!)お口の中には汚れが残ったままとなり、「再石灰化」というせっかく本来生体に備わった抵抗力が妨げられてしまいます。そして常に酸性に傾いた状態になってしまうのです。

なので、どんなにだらだらと過ごしたい日であっても、ごろごろ寝たいお休みの日であっても!食後はしっかりと歯みがきを行い、お口のなかを綺麗に保つことが大切となってきます。だらだらとお菓子を食べ続けることを止めるのも、とても大切です。

「今は脱灰が進んでいるかも……」「唾液が再石灰化を頑張ってくれているところだ!」とステファンカーブを意識して、日々の食生活を一緒に送っていきましょう。

 

歯みがきの頼もしい味方!

カツベ歯科クリニック

 

お口の中の環境を保つために行う歯みがき。この歯みがきの際に使う歯みがき粉には、たくさんの種類があるのですが、その中で当院にてお勧めしている歯みがき粉の一部を最後にご紹介したいと思います。

Check-upスタンダード……むし歯予防に最適!

日常使いに適した高濃度フッ化物を配合しています。

フッ素(1450ppmF)が口腔内のすみずみまで広がり、使いやすいソフトペーストで歯肉にやさしい低研磨性。泡立ちが少なく、やさしい香味なので、少量のお水でもすすげます。

Systema SP-Tジェル……歯周病と指摘されたら

3つの薬用成分を配合し歯周病を改善、予防します。弱った歯肉をやさしくみがける無研磨ジェルタイプの歯みがき粉です。

・メチルフェノール(IPMP)がバイオフィルムの内部まで浸透、殺菌します。

・イプシロンーアミノカプロン酸の効果により、炎症誘発物質の生成を抑制し、歯肉の炎症を抑えます。

・酢酸トコフェロール(ビタミンE)が歯肉の血行を促進します。

ルシェロホワイト……色の濃い食べ物が好きですか?

カレー、赤ワイン、コーヒー、コーラ、ウーロン茶など……これらが好きな方、歯の着色が気になりませんか?

ルシェロホワイトは弱アルカリ性のペーストがステインを浮かし、歯を削らないLime粒子がステインを落とします。 挙げたのは歯みがき粉のほんの一部ですが、これらの歯みがき粉や、他の歯みがきの補助道具などでお気に入りを見つけて、楽しい歯みがきで一緒に健やかな口腔内を保っていきましょう!!

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.プレママに大切な歯のメンテナンスと赤ちゃんの虫歯予防について

2.口臭を減らす!舌磨きの6つのポイント

3.口臭の元「臭い玉」が出来る原因と取る方法

4.ホワイトニングを一から解説。初心者のためのホワイトニング講座(前編)

5.リステリンでお口の中を殺菌・消毒