歯の神経が残せるかもしれないMTA治療

8月17日(金)の診療後に大阪市中央区にある株式会社LAZARUSにて、当院の歯科医師・歯科技工士で歯科の勉強会(NHK-B)に参加しました。

今回は当院からの発表はありませんでしたが「MTAの可能性」「前歯部症例における明度コントロールの重要性」「フルマウス治療」についての講演を聞きました。

これまでは虫歯が歯の内部にある神経まで達してしまうと、神経を取り除くしか方法はありませんでした。神経が取り除かれた歯は黒く変色したり、歯の寿命が短くなったりしますが、近年MTAという歯科用素材が出てきたことにより、虫歯菌が歯の神経に達していた場合でも神経を残せる可能性が広がりました。

このように歯科材料の進歩により患者さまの治療の選択の幅も広がっているのではないかと思います。

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.時間をかけた丁寧なカウンセリングをする梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

2.歯科の勉強会(SJCD例会)に参加しました

3.梅田の歯医者がしている歯の神経を抜かない虫歯治療

4.歯周病で下がった歯ぐきを取り戻すルートカバーテクニック(根面被覆術)

5.糖尿病と歯科の関係について講演をしました

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき