お酒(アルコール)で虫歯菌は死にません

カツベ歯科クリニック

「お酒(アルコール)の殺菌効果で虫歯菌も死ぬはず」と思っているかたはいませんでしょうか。残念ながらお酒で虫歯菌が死ぬことはありません。ここではその理由を考えてみたいと思います。

 

お酒のアルコール度数程度では殺菌効果は期待できません

寝酒にお酒をたしなむという方もおられるかもしれませんが、お酒のアルコール度数程度では殺菌効果は期待できません。ブランデーのアルコール度数が40度から50度ほどで、例え引火するほどのアルコール度数の高いお酒をのんでもプラーク(歯垢)を除去することはできません。増してやアルコール度数の極端に高いお酒を飲むと喉や胃の粘膜を傷つけてしまいます。

 

お酒の糖分で虫歯菌が増殖します

「お酒は飲んでも、おつまみを食べていないから大丈夫」ではありません。お酒には糖分が含まれており、虫歯菌はその糖分をエサに活動します。お酒を飲んで歯を磨かずに寝てしまうのは、虫歯菌に快適な環境を提供しているようなものです。

 

酸性のお酒を飲むと酸蝕歯になります

梅酒やワインなどの酸性のお酒を飲み続けていると酸蝕歯になる危険性があります。酸蝕歯は知らず知らずのうちに歯が酸によって溶けていくため注意が必要です。

 

プラーク(歯垢)を取り除くには歯磨きが一番効果的です

お酒を飲んだあとは歯磨きが面倒になるかもしれませんが、プラーク(歯垢)を取り除くには歯磨きが一番効果的です。プラーク(歯垢)は虫歯や歯周病、口臭の原因です。いつまでも健康なお口でいるために日々のケアを大切にしてください。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.キシリトールガムは虫歯予防に効果があるか?

2.前歯を審美的に治療をした症例について講演をしました

3.上下の歯がいつもさわっていたら危険です

4.歯を綺麗にするために知っておきたいポイント

5.歯科助手の働き方について講演をおこないました

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき