痛くない虫歯治療。気になる麻酔時の痛み

カツベ歯科クリニック

虫歯の治療で最も気になるのが麻酔時の痛みではないでしょうか。本来、麻酔は痛みを感じないためにするのですが、麻酔自体が痛くて嫌となってしまうと悩ましい所です。しかし、近年では麻酔の痛みを和らげるよう様々な工夫がされていますので、その内容をご紹介したいと思います。

 

注射の痛みを和らげる表面麻酔

注射をする前に歯ぐきにあらかじめ表面麻酔をおこないます。表面麻酔がされた状態であれば、注射時のチクッとした嫌な痛みを感じることはありません。それでは、この表面麻酔はどのようにするのかと言うと、歯ぐきに脱脂綿等で塗り込むだけです。それだけで麻酔時の痛みが和らぐのであれば、せひやってみたくないでしょうか。

 

麻酔薬の温度とスピード

麻酔薬はほんのり温め、またゆっくりと入れます。この辺りの気遣いをすると、痛みはさらに感じにくくなります。そのため、虫歯治療当日は遅刻をせず、ゆったりと治療ができる時間を確保しましょう。

 

細い針を使う

当然ながら針は太いほど痛く、細くなればなるほど痛みを感じにくくなります。近年でも歯科材料は常に進化し続けているので、以前に比べて注射針も細くなってきています。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.認定歯科衛生士の資格を取得しました

2.プラーク(歯垢)とは?歯に付着するネバネバ

3.朝の歯磨きは起きてすぐする?朝食後にする?

4.歯の色素沈着の原因。なぜ歯は黄ばんでしまうのか?白くする方法とは?

5.肩こり・頭痛の問題を噛み合わせで治す

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック (東梅田・北新地)マウスピース矯正(インビザライン)

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す