歯の根っこの治療に保険治療をオススメしない理由

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

最初は歯の表面が少し黒かった虫歯も、時間がたてば歯の内部にどんどん進行していってしまいます。歯の内部には歯髄(しずい)と呼ばれる歯の神経があるのですが、ここが虫歯におかされてしまうと抜髄(ばつずい)といって神経を取り除く治療が必要になります。

歯の根っこの治療(根管治療)での保険の成功率は低い

保険治療と聞くと質の高い治療が負担が軽く受けられるというイメージがありますが、歯科に限った保険治療でいうとひと昔前のものになっており、質の高い治療とは言えません。例えば、初めて根管治療が必要になった歯に対して、自費のマイクロスコープで治療をすると90%は良い結果となるのですが、保険治療での成功率はわずか50%です。さらに、前回根管治療をした歯に対して再度根管治療をするとなると、保険での成功率は30%まで落ち込んでしまうのです。

成功率に差が出る原因

それは歯の中が良く見えるかどうかの違いです。マイクロスコープは微細なところまで良く見えます。そのため、神経の取り残しもほぼなく綺麗に洗浄をすることが可能です。一方で保険治療で認められている器具では、細かいところまで確認するのはほぼ不可能です。どれだけ丁寧に治療をしても神経の取り残しがあり、そこから再度虫歯が発生してしまいます。

患者さまにどちらをオススメするか

成功する見込みの低い治療をわざわざオススメする歯医者はいないと思いますが、かといって自費のマイクロスコープの治療を勧めても営業チックにとらえられ敬遠されることもありますので、非常に難しいところです。患者さまとはしっかりとコミュニケーションを取る場を用意して、どのような治療をすれば良いかを一緒に決めていければと思います。

関連記事はこちら

コラム一覧に戻る