矯正治療中にクリーニングをしたほうが良い理由

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

矯正治療中は矯正装置の隙間に汚れが溜まることで虫歯になるリスクが高まります。今回は矯正治療中の歯磨きやクリーニングの重要性について考えたいと思います。

 

矯正治療中のクリーニングは必須です

ワイヤーでの矯正の場合、取り外しのできない装置が歯に取り付けられるため、その周囲に汚れが残り易く虫歯や歯周病の原因となります。インビザラインのマウスピース型矯正では装置を取り外して歯磨きができるのですが、そうでない場合はより丁寧な歯磨きとクリーニングで虫歯や歯周病になるリスクを下げる必要があります。

 

クリーニングの頻度はどれくらいか

歯医者でのクリーニングの頻度は、汚れがお口の中にそれほどなければ3ヶ月に1回程度になります。しかし汚れの状態が悪ければ2ヶ月か1ヶ月に1度のクリーニング頻度になります。また、月に1度は矯正装置の調整が必要となるのでその際にクリーニングをしてもらっても良いかもしれません。

 

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.インビザライン矯正の実績がある大阪の歯医者

2.オルソパルス(オーソパルス)でインビザラインのスピード矯正

3.大阪で目立たないマウスピース型の矯正治療「インビザライン」

4.大阪の歯医者のオススメはメリットが多いインビザライン

5.目立たない矯正(インビザライン矯正)

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:マウスピース矯正(インビザライン)