目立たないマウスピース矯正 インビザラインQ&A

 

最近よく聞くインビザラインのマウスピース矯正。『聞いたことはあるけど、今までの矯正と何が違うのか?』『どのように矯正を進めるの?』など、普段患者さまから頂く質問をまとめて記載させていただきます。

 

インビザラインのマウスピース矯正は喋りにくくなりませんか?

インビザラインのマウスピースの厚さは0.5mmほどしかありません。そのため、装着し始めの頃は多少なりとも違和感を感じると思いますが、多くの方はすぐに普段通り喋ることが出来るようになられます。

 

マウスピース矯正とワイヤー矯正の違いは何ですか?

ワイヤー矯正は固定式の矯正器具が歯科医師によって取り付けられます。そのため矯正のコントロールは全て歯科医師によっておこなわれます。一方でインビザラインのマウスピース矯正は自由に取り外しが可能です。しかし、1日20時間以上の装着が必要なため長時間外したままでいると計画通りに歯の移動ができなくなり、治療が遅れる原因になっていまいます。

また、ワイヤー矯正とマウスピース矯正の決定的な違いは治療中の見た目です。ワイヤー矯正は銀の矯正器具が大変目立ってしまいますが、マウスピース矯正は透明なマウスピースを口にはめるだけなので、通常生活している中で矯正に気付かれることはほぼありません(下記写真参照)。

インビザライン 大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

 

リンガル矯正(舌側矯正)とマウスピース矯正はどちらが良いですか?

リンガル矯正とは、歯の裏側にワイヤーを装着する矯正です。そのため、リンガル矯正もマウスピース矯正も通常のワイヤー矯正と比べて目立たないというメリットがあります。

しかし、リンガル矯正は矯正器具が粘膜に当たることで口内炎などの症状が出やすくなったり、舌が当たることで喋りにくくなることがあります。

一方でマウスピース矯正はこのような心配はないものの、ご自身で矯正治療をコントロールしていかなくてはならないので、長期間に渡って自ら矯正を進めていく自信のない方はリンガル矯正がオススメかもしれません。

 

インビザラインのマウスピース矯正で前歯の歯並びは治りますか?

前歯だけの治療の場合はインビザラインGoという、前歯矯正専用のインビザラインを使います。この方法で費用はより安く、治療期間も短くすることが出来ます。ただし、インビザラインGoは前歯の歯並びを整えることに特化しているので、噛み合わせや奥歯の歯並びにも問題がある場合はインビザラインを使って矯正をすることになります。そのため、前歯の歯並びを治す場合はしっかりとした診査・診断をおこなったもとで、インビザラインGoで治療できるかどうかの判断が必要になります。

 

マウスピース矯正をしたまま飲み物を飲んでもいいですか?

水は飲んでいただいても問題ありません。ただし、糖分の入っている飲み物がマウスピースの中に入ると虫歯になり易く、また色の濃い飲み物(コーヒーやワインなど)は着色の原因になります。そのため、これらの飲み物を飲む場合はマウスピースを外してから飲むようにして下さい。

 

矯正をしても元に戻ってしまうという話しを聞きます

矯正で歯を移動させた後はリテーナー(保定装置)といって、歯並びを維持するマウスピースを一定期間付ける必要があります。矯正をしても戻ってしまったという方はこのリテーナーを正しい期間付けていなかったのではないでしょうか。

矯正治療は歯が綺麗に並べば終わりではありません。治療後はリテーナーを付けて矯正後の歯を支える骨が安定するのを待ちましょう。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.インビザラインの「マウスピース矯正」で目立たない矯正治療

2.大阪の歯医者がオススメする マウスピース矯正で目立たず綺麗な歯並びを

3.インビザライン(マウスピース矯正)Q&A

4.見えない矯正インビザラインの治療期間は?

5.インビザラインで出っ歯を治す

カテゴリー名:マウスピース矯正(インビザライン)