目立たないマウスピース矯正 インビザラインQ&A

カツベ歯科クリニック

マウスピース矯正とワイヤー矯正の違いは?

ワイヤー矯正は固定式の矯正器具が歯科医師によって取り付けられます。そのため矯正のコントロールは全て歯科医師によっておこなわれます。一方でインビザラインのマウスピース矯正は自由に取り外しが可能です。しかし、1日20時間以上の装着が必要なため長時間外したままでいると計画通りに歯の移動ができなくなります。

 

リンガル矯正(舌側矯正)とマウスピース矯正の違いは?

どちらも通常のワイヤー矯正と比べて目立たないというメリットがあります。しかし、リンガル矯正(舌側矯正)は矯正器具が粘膜に当たることで口内炎などの症状が出やすくなります。

 

矯正をしても元に戻ってしまうという話しを聞きます

矯正で歯を移動させた後は保定装置といって歯並びを維持するマウスピースを付ける必要があります。矯正をしても戻ってしまったという方はこの保定装置を正しい期間付けていなかったのではないでしょうか。矯正後は保定装置を付けて移動後の歯を支える骨が安定するのを待ちましょう。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.オルソパスル(オーソパルス)の加速矯正装置

2.大阪の歯医者がオススメする マウスピース矯正で目立たず綺麗な歯並びを

3.インビザライン(マウスピース矯正)Q&A

4.見えない矯正インビザラインの治療期間は?

5.インビザラインで出っ歯を治す

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正