インビザライン(マウスピース矯正)のデメリット

梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

マウスピース矯正装置を長い時間付けておく必要がある

マウスピース矯正のメリットはいつでも取り外しができることです。そのため、食事の際に違和感を感じることはなく、歯磨きもしっかりとできるので清潔な状態を保つことができます。しかし、いつでも取り外しができるということはデメリットでもあるのです。インビザラインのマウスピース矯正は1日20時間以上付けておく必要があります。装着時間を守れないと計画通りに歯が動かないばかりか、想定していない方向へ歯が動く可能性もあります。そのため、マウスピース矯正は「矯正をする!」という意思がしっかりしている人に向いている矯正です。

 

マウスピース矯正装置が壊れてしまうリスク

マウスピース矯正装置は目立たないように薄く透明な素材で作られています。そのため、日中に食いしばりをしていたり就寝時に歯ぎしりをする人はマウスピースが壊れてしまうリスクがあります。このような癖のある方は、歯と歯が接触しないように常日頃意識するようにしましょう。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.オルソパスル(オーソパルス)の加速矯正装置

2.大阪の歯医者がオススメする マウスピース矯正で目立たず綺麗な歯並びを

3.インビザライン(マウスピース矯正)Q&A

4.見えない矯正インビザラインの治療期間は?

5.インビザラインで出っ歯を治す

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:審美治療