マウスピース矯正を『安さ』だけで決めるのは危険です

「マウスピース矯正をしていたけど、うまく噛めなくて」「予想していたより綺麗にならなかった」と当院にご相談に来られる患者さまもしばしばいらっしゃいます。そのほとんどは安さを売りにしているマウスピース矯正をされていた場合が多いのですが、やはりそれなりの値段だと治療結果もそれなりになるのかなと感じているのが現状です。

 

インビザラインはコンピューター上で矯正治療をシュミレーションします

最もメジャーなインビザラインのマウスピース矯正では、矯正治療をコンピューター上でシュミレーションし、それに沿って治療を進めていきます。コンピューターがシュミレーションをするので誰がやっても同じ結果を生みそうですが、大まかな治療方針はコンピューターが自動で決めてくれますが、やはり最後の調整は人がする必要があります。ここで、矯正の知識や技術がものをいうのですが、費用が安いとこのフェーズにかけられる時間が必然的に短くなってしまうのではないでしょうか。安くてもしっかり治療をする歯医者も中にはあると思いますが、そこは患者さま自身の眼で見分けることが大切です。

マスクをしている時期だからこそ矯正

マスクをしているこの時期だからこそ矯正治療を終わらせたいという方もいらっしゃいます。そのような方には加速矯正装置のオーソパルスをしていただくことをオススメしています。個人差はあるものの治療期間を最大1/3に短縮することができ、また治療中の痛みも軽減することが可能です。気になる方はぜひ一度お尋ねください。

関連記事はこちら

コラム一覧に戻る