院長の治療が歯科雑誌に取り上げられました

日本歯科評論の歯科雑誌に院長の『リーフゲージ法』という、噛み合わせの治療になくてはならない治療法が掲載されました。

噛み合わせの治療といえば、院長は日本顎咬合学会という嚙み合わせの学会で指導医も務めており、これまでの多くの患者さまを治療してきました。

虫歯を削って差し歯にするにしても、矯正をするにしても、噛み合わせはそのどちらにも影響する歯科治療の根幹となるものだと考えています。今後もしっかりと努力を積み重ね、診療に励んでいきたいと思います。

日本歯科評論に掲載されました
日本歯科評論に掲載されました
 

☆その他のブログはこちら☆

1.診療後に術者が集まって勉強会を開催しました

2.夜中に新人歯科医師が練習中

3.出っ歯の矯正治療についてyoutubeを公開しました

4.日本スウェーデン歯科学会より蛍光観察師の認定証をいただきました

5.歯科の勉強会(NHK-B)を開催しました

カテゴリー名:学会・セミナー参加報告

関連記事はこちら

コラム一覧に戻る