口臭ケアはどうすれば良い?歯科医師が教える原因と自分で出来る対処法

口臭は自分では気づきにくいもの。人と近くで喋っていると『もしかして、臭ってるかな?』と気にされる方は多いのではないでしょうか。口臭といっても起床直後やにおいの強い食べ物をを食べたあとなどは誰でも臭ってしまうものです。このような口臭は「生理的口臭」「食餌性の口臭」といったりしますが、通常であれば時間の経過とともにこれらの臭いは減少していきます。しかし問題になるのは、病気による口臭です。口の中の病気、体の中の病気が口臭と関係しています。ここでは口臭の原因をご理解いただき、さらにご自身でできる口臭ケアや予防、生活のポイントなどをアドバイスしたいと思います。

口臭の9割は口の中が原因!?口臭ケアの方法も解説

口臭の原因は口の中が9割だといわれており、歯周病や虫歯、プラーク(歯垢)などさまざまな要因が考えられます。この病気の原因を治療することで口臭を改善させることができますので、ご紹介します。

歯周病の場合のケア方法

口の中が原因となるもので特に強烈な臭いを出すのが歯周病です。歯周病の人はマスク越しでも臭ってしまいます。歯と歯茎の間に溜まった細菌からでる膿のようないやな臭いがします。歯周病の予防はやはり丁寧な歯磨きです。

☆歯周病予防に最適な歯磨き粉 クリンプロF1450☆

歯石も表面がザラザラしていて最近の絶好の住処です。しかし歯石は歯磨きで取ることはできないため、歯医者でケアを受けましょう。歯石は歯の際や歯と歯の間によくできます。そのため予防には丁寧な歯磨きに加えて、フロスを使って丁寧にケアをしましょう。

☆384本の繊維が汚れを洗い取る フロアフロス☆

☆女性や矯正中の方におすすめ ピセラ歯ブラシ☆

歯周病セルフチェック

思い当たる症状はないかチェックしてみましょう!

1.口臭を指摘された

2.朝起きると口の中がネバネバしている

3.歯ブラシに血が付いたり、水に血が混じることがある

4.歯茎が赤く腫れている

5.歯茎が下がって、歯が長くなってきたように思える

6.歯と歯の間に食べ物がよく詰まる

7.歯が浮いたような気がする

8.歯並びが変わった気がする

9.歯が揺れている気がする

【判定】

チェックがない場合

とてもキレイな状態です。こらからも歯をキレイに磨いて、1年に1回は歯科検診を受けるとさらに安心です。

チェックが1~3個

歯周病の可能性があります。かかりつけの歯医者で歯周病でないかどうか、歯磨きに問題がないか確認してもらったほうが良いでしょう。

チェックが4個以上

中等度以上の歯周病になっている可能性があります。早めに歯医者に行くことをオススメします。

 

ドライマウスも口臭の原因

『朝起きたら口が臭い…』誰もが経験のあることではないでしょうか。実はこれは細菌を洗い流す唾液が少なくなっていることが原因です。唾液を増やすには食事でしっかり噛むことが効果的です。食事をとる時間帯でもない場合はガムを噛んで唾液の分泌をよくしましょう。

☆フッ素配合で虫歯予防にも最適な ポスカガム☆

 

内臓など体に原因がある場合

体の中が原因で口臭が出る場合は、消化不良や肝機能低下、糖尿病などが考えられます。食べたものが消化不良で胃に停滞していると異常発酵し、腐ったような臭いがするのが特徴です。肝機能が低下すると、毒素の分解効率が低下してしまうためアンモニアの臭いがします。糖尿病になると糖ではなく脂肪を分解してエネルギーに変えるのですが、この脂肪を分解する際に必要な物質が独特の甘酸っぱい臭いを発します。

いずれにせよ上記のような症状がある場合は、まずは内科医にご相談いただくのがオススメです。

関連記事はこちら

コラム一覧に戻る