歯科衛生士が「歯の喪失」についての勉強会に参加しました

こんにちは、歯科衛生士の末田です。
4月9日(日)堺市産業工業センターで行われた、歯科衛生士のセミナーを受講しました。

今回のテーマは”Tooth Wear”でした。
“ToothWear”とは『虫歯菌が関与しない、歯の喪失』のことの総称です。

専門用語では【磨耗】【咬耗】【アブフラクション】【酸蝕症】と言います。


“虫歯””歯周病”と共に歯の3大疾患でもある”ToothWear”ですが、
私自身まだまだ知識の浅い分野でしたので、とても勉強になりました。

実際に次の日の患者さまのお口の中を診ると、
15人中13人のお口の中にToothWearがあり、
今まで診る目が無かったこと、意識を向けれていなかったことを実感しました。

またリスクとなる因子として、噛み合わせ(咬合)や歯ブラシ圧などの”力(パワー)”、
日々の食生活”酸の摂り方”が挙げられます。

毎日の生活の中で無意識に行っていることや、健康のために摂っている食品などが、
歯を”すり減らす”ことになったり”溶かす”ことにつながってしまうのです。

日々の歯の変化には、なかなか患者さまご自身が気づくことは困難です。
そのため、健康な歯の形態を知っている私たちが気付く必要があるということを
痛感したセミナーでした!

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

カツベ歯科クリニックのホームページはこちら
インプラントをご相談されたいかた
カツベ歯科クリニックの衛生士が歯周病を治療します
カテゴリー名:活動内容報告

歯科医師の勉強会 SJCDレギュラーコース & 歯周形成外科治療の講義 に参加しました

歯科医師の大塚がSJCD レギュラーコースと歯科形成外科治療の勉強会に参加しました。

以下、大塚よりコメントをもらいましたので掲載したいと思います。


◆SJCD レギュラーコース 第1回 (4月15日(土)、4月16日(日)参加)◆

SJCDの根幹とも言えるレギュラーコースが始まりました。

第1回は診査診断、原因追求の理解を深める講義をしていただき、
1つの診査項目をより深く分析し、診断と原因追求に活かすことの大切さを学びました。

1年間仲間と成長したいと思います。



◆MICROSCOPE PLASTIC SURGERY ADVANCED PRACTICE COURSE◆ (4月22日(土)、4月23日(日)受講)

歯周形成外科治療を学んできました。

歯ぐきをより紳士的に扱うことで治療の治癒結果が格段と良くなるというお話しを聞き、
歯の治療だけではなく歯ぐきの治療の大事さを改めて再確認できました。

今後の治療に活かせるよう、より一層研鑽してまいります!

(模型で歯周形成外科治療を練習している様子)


 
~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック
 
カツベ歯科クリニックのホームページはこちら
カツベ歯科クリニックインプラント専門サイト
カツベ歯科クリニック歯周病専門サイト

カテゴリー名:活動内容報告