根管治療について

根管治療について

以前は、神経にまで虫歯菌に感染している重度の虫歯は、抜歯してしまうのが主流でした。根管(歯の根元)や神経まで虫歯菌に感染している重度の虫歯は、そのままにしておくと歯が抜けてしまうからです。

しかし、「根管治療」を受けることによって、症状によってはご自身の歯を残せることが可能になったのです。抜歯を防ぐことができる根管治療なら、最新の機器を用いた精度の高い治療を行う梅田歯科「大阪審美修復精密治療センター」へお任せください。

根管治療とは

根管治療とは

歯の根元にある神経や血管が集まった「根管」まで虫歯菌によって完全に侵されてしまうと、歯を抜かなくてはならなくなってしまうことがあります。しかし根管治療なら、重度の虫歯でも歯を残せる可能性を高められるのです。

根管治療ではまず、根管内の神経・血管を除去し、根管内を洗浄します。その後、根管の中にしっかりと薬剤を詰めて密封します。被せ物のための土台を埋め込み被せ物を装着して完了です。

また、根管は形状が複雑なため、とても難しい治療であり、虫歯菌に侵された根管を完全に治療できなければ、炎症が広がり再び根管治療を行わなくてはなりません。当院では、精密な治療を行うために、高倍率の顕微鏡(マイクロスコープ)を採用しています。

痛みがなくても治療が必要な場合があります

痛みがなくても治療が必要な場合があります

虫歯が進行し、耐えがたい痛みを感じて来院されるというのが一般的なケースですが、たまに痛みがないのにもかかわらず根管治療が必要な患者さまがいらっしゃいます。「根尖病変(こんせんびょうへん)」というケースで、虫歯の治療済みで神経を抜いた歯であっても、治療が不完全で歯ぐきの中で膿(うみ)がたまってしまう症状です。痛みをほとんど感じないため、自覚症状がありません。進行すると歯を抜かなければならない場合もあります。そうなる前に定期検診をうけ早期発見・治療を行いましょう。

抜歯が必要になるケース

大切な歯を失うというのはつらいことですが、根管治療が施せず、歯の病気などによりどうしても抜歯が必要になるケースがあります。以下のような症状がある場合、抜歯を行います。

重度の虫歯 歯の根元の疾患 歯周病(中等度以上)
根管治療を施せないほど虫歯が進行してしまった 根管治療を行った後に、歯根に膿(うみ)がたまってしまいひどく傷む 歯石・プラークの除去、骨の再生治療などを施しても回復の見込みがない

当院ではマイクロスコープを使用し、精密な治療を行います

当院ではマイクロスコープを使用し、精密な治療を行います

根管治療と言うと、昔は歯科医師の長年の経験と勘だけが頼りで、治療が不十分というケースも多くありました。最新の根管治療は、マイクロスコープを採用することで成功率が格段に向上しています。根管は細く複雑な形をしていますが、当院では根管治療の際にマイクロスコープを使用しているので、根管の中をしっかりと確認しながら治療が行ます。肉眼で見るよりも数十倍拡大でき、高い精度の根管治療が可能です。

マイクロスコープを使用するメリット

精密な治療を実現できるマイクロスコープ。使用することでたくさんのメリットが得られます。

正確な治療 病気の早期発見が可能 患者さまの負担を軽減
肉眼より約20倍という拡大率で患部を精密に確認でき、正確な診断と治療が可能となります。 肉眼では見えない小さな初期虫歯や、根管の様子を見ることができます。病気を見逃さず、早期発見が可能です。 処置時間が短縮され、治療の精度もアップ。再発の心配が減り、通院にかかる費用といった負担も軽減されます。
ドクターのワンポイントアドバイス!
歯を失ってしまったら入れ歯などで代用することはできますが、機能や快適性の面から見ても自分自身の歯に勝るものはありません。抜歯が必要なほど虫歯がひどくなれば、痛みや通院といった負担も避けては通れません。根管治療は複雑な治療ですが、ぜひ当院にお任せいただき、患者さまご自身の歯で毎日を快適に過ごしていただきたいと思っています。

梅田の歯医者「カツベ歯科クリニック」への  ご予約はWebかお電話で  TEL 06-6311-1971

上に戻る