«  2017年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年3月30日

3月29日(水)、診療後にスタディーグループのNHK例会へスタッフ全員で参加しました。

今回、当院からは歯科衛生士の金川と歯科医師の谷口が発表しました。


まずは歯科衛生士 金川が「予防」について発表です。

20170330-1.JPG

痛くなったから歯医者にいくのではなく、
良い状態の人を生涯ずっと良い状態に保つことが予防の概念です。

歯医者の本質としてそうあるべきであり、
そのためには患者さまの協力も多々必要になります。

研修で学んだことも色々紹介していただき、ありがとうございました。



続いて、歯科医師 谷口が「歯内治療」について発表しました。

20170330-2.JPG

歯内療法の成功率は海外では90%程なのに対し、日本では50%程度に留まっています。

歯内療法の成功率を上げるには無菌で治療をすすめることで、
ラバーダムを使用することが大切だと言えます。

しかし日本は歯内療法に対する報酬が少なく、
かけられる費用もおのずと少なくなっているため
良いとされている治療が満足におこなわれていないのが現状です。

これから先、歯科界もより良くしていければと思います。




本日も100名を超える参加者の中、とても勉強になった時間でした。
発表者の方々、ありがとうございました!

(NHK例会で院長がコメントしている様子)
20170330-3.JPG





~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
カツベ歯科クリニック

http://www.katsube-dc.com/

2017年3月29日

オールセラミックで歯を審美的に治療した症例です。

こちらは虫歯のため歯を削りましたが、
下顎の歯で口を開けると見えやすいということもあり、
審美面も考えてオールセラミックで治療することにしました。

20170329-1.png

模型上で詰め物を作成しています。

20170329-3.JPG

周りの歯に自然となじむような色合いで作りました。
通常の生活をする上では、詰め物であることはまず気付かれません。

20170329-2.png

詰め物や被せ物の色や形が気になる方は、ぜひ一度ご相談下さい。





~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
カツベ歯科クリニック

http://www.katsube-dc.com/

2017年3月27日

前歯のインプラントは奥歯のインプラントとはまた違った注意点があります。

インプラントは自分の骨に穴を開けておこなう手術ですので、
様々な情報を参考にしながら治療を進めていただければと思います。

続きは下記ブログをご参照下さい☆
カツベ歯科クリニック インプラントブログへ

DSC_9572.JPG

2017年3月23日

オールラミックのクラウンを臼歯にセットし、
見た目を美しく治療をした症例です。

最近では臼歯でも綺麗にしたいという要望が増えています。

DSC_4187.JPG

DSC_4199.JPG


ただしいくら高価な被せ物をしても、
自分のお口を正しくケア出来ていなければトラブルは必ず起こります。

あなた自身が自分の歯を守れるよう、様々な知識を身に付けて頂ければと思います。

2017年3月21日

3月17日(金)に歯科医師・歯科技工士のスタディーグループ
NHK-Bが開催されました。

今回は当院からの発表はありませんでしたが、
以下の議題について約40~50人が集まる中、
とても有意義な議論ができました。


          ・3次元画像センシング技術
          ・前歯部の補綴について
          ・1歯の圧下

DSC_0003.JPG


勉強会で学んだことは随時診療に活かし、
良い治療につなげていきたいと思います!

2017年3月16日

3月15日(水)の診療後に歯科衛生士・歯科助手のスタディーグループ
「NHK パピヨン」に参加しました。

今回は当院 歯科助手の小濵より、「金属アレルギー」について発表です。

1489631514018.jpg


1489631518078.jpg


肌荒れや口内炎がなかなか治らないという方は、
口の中にある被せ物の金属が原因かもしれません。

金属が体に触れることで、かゆみやかぶれを起こしますが、
最近は口の中の被せ物に使う金属が原因でアレルギー症状になる方がいらっしゃいます。

もし自覚症状のある方は一度パッチテストで確認したのち、
メタルフリーの被せ物に変えていただくと
症状がたちまち落ち着くということがあります。

「もしかして金属アレルギーかも?」と思われる方はぜひ一度ご相談下さい。

2017年3月14日

臼歯にオールラミックのクラウンを用いて、
審美的に治療をした症例です。

DSC_3649.JPG

DSC_3644.JPG


臼歯は前歯に比べ見えにくい位置にはありますが、
銀歯を入れて笑ったり、喋ったりするとどうしても目立ってきます。

銀歯だけでなく、その他口元をもっと綺麗にされたいという方は、
国内最高水準の治療でぜひお手伝いさせて頂きます。

2017年3月10日

よく噛めるということは歯の一番大切な役割ですが、
ただ上下に歯があれば噛めるというわけではなく、大切な要件がいくつかあります。

補綴学的に誤った形の被せ物を作ると、
せっかく入れた歯がまったく噛めないという状況にもなるため、
きちんと知っておくことが大切です。

続きは下記ブログをご参照下さい☆
カツベ歯科クリニック インプラントブログへ

20170310-1.jpg

2017年3月 9日

3月5日(日)に院長とTCの杉本が、「TC総会」に参加し講演しました。

20170309-1.JPG

20170309-2.JPG


TCとはトリートメントコーディネーターの略で、
歯科医師からの説明が「専門的で分かりずらい」や「忙しそうで聞きづらい」など、
患者さまの不安や疑問を解消する立場の人を言います。

またカウンセリングを行うにあたって、
それは営業ではなく、患者さまの生涯を考えて治療を提案することが大切です。

このような活動を通して、
より多くの患者さまを幸せにすることが出来ればとても嬉しく思います。

20170309-3.JPG

2017年3月 7日

臼歯にオールラミックのクラウンを用いて、
その人に合った歯をセットした症例です。

特に下の歯の場合は口を開けて笑うと見えやすいため、
気になる方には審美を考慮した治療をおこなっています。

DSC_4237.JPG
DSC_4240.JPG


当院には院内に技工所を併設しており、
医師と技工士、及び患者さまと密にコミュニケーションを取りながら、
より完成度の高い技工物を仕上げることが強みです。

もし仕上がりに満足がいかなければ、
診療中に技工士が直接確認し、
より満足度の高い技工物を作るよう体制を整えております。

2017年3月 3日

歯周病セルフチェック!

歯周病は30代以上の成人の約8割が感染しているといわれおり、
とても身近な病気です。

これらの項目に1つでも該当するとあなたも歯周病かもしれません。

続きは下記ブログをご参照下さい☆

カツベ歯科クリニック 歯周病治療ブログへ

IMG_0297.JPG

2017年3月 1日

臼歯の虫歯のため、
歯を削ったところにオールセラミックを用いて審美的に治療をした症例です。

削った直後の写真では、ぼっかりと穴が開いていますが・・・

DSC_1356.JPG

治療後の写真では削って詰め物をした歯だとはわからない程、綺麗になります。

DSC_1414.JPG


前から4番目までの歯は、笑顔になると大半の人が見えます。

また特に下の歯は大きな口を開けて笑うと、
たとえ奥歯であってもよく見えます。


銀歯が見えて印象が良くなるということはありませんので、
歯の美しさが気になるという方は、ぜひ一度ご相談下さい。



☆チェアー増に伴い歯科助手を募集しています☆

« 2017年2月 | メイン | 2017年4月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
カツベ歯科クリニック 院長/勝部義明

カツベ歯科クリニック
院長/勝部義明

日本顎咬合学会理事 認定医
大阪SJCD理事 講師
N.H.K顧問
日本顎咬合学会副編集委員長
国際インプラント学会認定医

平成09年
城西歯科大学(現明海大学)卒業

平成09~15年
ミナミ歯科クリニック勤務
南清和先生に師事(大阪市)

平成15年
カツベ歯科クリニック開院

平成13年
日本口腔健康歯科医学会
優秀会員発表賞 受賞
ミナミ歯科医院医局長就任

平成15年
日本顎咬合学会総会
優秀会員発表賞 受賞