歯周病を抑え天然の歯を残すための勉強会

LGSP神戸という勉強会に歯科医師の谷口と歯科衛生士の佐々木と京井が参加しました。今回の勉強会のテーマは『天然歯保存へのこだわり』です。

歯周病を治すためには歯科医師と歯科衛生士の共通認識が大切です。具体的には歯周外科の種類や治癒様式、適応症などです。これらを互いに理解し合うことで治療をスムーズに進めることが出来ます。

また他には、エムドゲインやリグロスを使った歯周組織の再生療法についても講演をいただいて学ばせてもらいました。手術後も歯肉組織の反応は9ヶ月ほど待つ必要があるなど、慎重な対応が必要です。

今後も様々なことを学び、普段の診療につなげていきたいと思います。

大阪・梅田の歯医者 矯正 カツベ歯科クリニック

大阪・梅田の歯医者 矯正 カツベ歯科クリニック

大阪・梅田の歯医者 矯正 カツベ歯科クリニック

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.インビザライン矯正で付けるアタッチメント(白い突起物)とは?

2.歯周病を治し天然の歯を残すために大切なこと

3.歯科医療者としての接遇研修を受けました

4.日本顎咬合学会の咬合フォーラムに参加しました

5.ジルコニアや咬合再構成について学んで来ました

カテゴリー名:歯周病