すきっ歯(正中離開)は綺麗に治すことができます

前歯に隙間ができている状態をすきっ歯(正中離開)といいます。特に前歯は審美領域のため、このような状態は良い状態であるとは言えません。

すきっ歯になる原因は歯が小さいや、虫歯や歯周病が原因で歯が抜けた場合などが考えられます。

治療を進めるには矯正によって歯と歯の間を縮めても良いのですが、何年もかけて矯正治療をしたくないという方はラミネートベニアという選択肢もあります。これは、歯の表面を薄く削り、ちょうど付け爪のようなものを取り付ける治療です。仕上がりは下記のようにとても綺麗です。

すきっ歯でお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

ラミネートベニア術前 カツベ歯科クリニック

ラミネートベニア カツベ歯科クリニック

ラミネートベニア術後 カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.インプラントやセラミック治療などの勉強会に参加しました

2.だ液検査はなぜ虫歯になるかという「考え方」を教えます

3.虫歯の初期は削らずに治しましょう

4.セラミック治療について

5.矯正治療中は虫歯になりやすい?

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック (東梅田・北新地)マウスピース矯正(インビザライン)

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき