歯科衛生士の勉強会にてプラークコントロールについて講演しました

1月28日(日)に歯科衛生士の勉強会(SJCD)にて、当院 歯科衛生士の末田と金川が発表しました。

まずは末田がプラークコントロールについて発表しました。

プラークコントロールがされていないと歯周病になりやすく、結果歯を失ってしまうことになります。

そうならないためにも、プラークコントロールが出来ていない原因を考察し、患者さまそれぞれに合った対応をすることが必要です。

少しでも多くの人のお口を健康にできるよう、これからも研鑽し続けていきたいと思います。

SJCD DHセッション カツベ歯科クリニック

 

次に金川が当院のカウンセリングの取り組みについて発表しました。

当院では患者さまと信頼関係を築くため、トリートメントコーディネーター(TC)というカウンセリングの専門職がいます。

この治療はなぜ必要なのかをご理解していただき、お互いの信頼関係の下に治療へと移ります。

説明責任を果たすことも医療において大変重要だと考えております。

SJCD DHセッション カツベ歯科クリニック

祝日の中大勢の方にお集まりいただき、大変勉強になった時間でした。

この学びを明日の診療に繋げていきたいと思います!

SJCD DHセッション カツベ歯科クリニック

 

☆その他、歯周病に関する記事はこちら☆

1.歯周病セルフチェック

2.数字から見る歯周病治療の改善

3.日本歯周病学会で歯周病と糖尿病について学びました

4.歯周病の改善にはセルフケアが重要です

5.出ている歯の根を根面被覆術で治療をした症例

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
【インプラント】梅田カツベ歯科クリニック 大阪駅すぐの歯医者

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:歯周病