50歳になってから後悔しないための歯周病予防

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

皆さんはご存知でしょうか?

40歳以降で歯を失う一番の原因は実は虫歯ではなく歯周病です。日本の成人の約8割がかかっていると言われており、年齢を重ねるにつれ、だ液の分泌量が減り、口の中が乾燥することで歯周病菌が増えやすい環境へと変化していきます。また、自覚症状がほとんどなく、ひどくなるまで気付かないのが歯周病の特徴です。

歯周病は歯を失うだけの病気ではなく、様々な疾患に悪影響を及ぼす恐れもあります。例えば「糖尿病」「心臓病」「呼吸器疾患」「早産・低体重児出産」などです。特に歯周病と糖尿病については、多方面からの指摘が挙がっています。

まず、糖尿病が与える歯周病への影響として、糖尿病で高血糖状態が続くと細菌に対する抵抗力が低下し、感染症にかかりやすくなってしまいます。歯周病も細菌感染を原因としているため、そのリスクは高まります。また、高血糖状態では尿が出やすくなることで口の中が渇き、さらに唾液に含まれる糖分濃度が高くなることで歯周病菌が増えやすい環境になります。

次に、歯周病が与える糖尿病への影響として、歯周病による炎症性物質が血糖をコントロールするインスリンの働きを妨げ、糖尿病を悪化させる危険性があります。そのため、糖尿病の人が歯周病をしっかり治療をすると血糖コントロールの指標であるHBA1cが改善するという報告も挙がっています。

歯を残すことは「おいしく食べる」「楽しくしゃべる」「豊かな表情」など、QOL(生活の質)の維持だけでなく、全身疾患の予防にも欠かせません。ご自宅での正しい歯磨きで目に見える部分を綺麗にし、自分ではケアが難しい部分を歯医者で綺麗にすることで、笑顔溢れる良い人生を送っていただきたいと思います。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.歯ぐきが下がるのは年齢のせい?

2.歯周病治療で講師に来ていただいている丸尾先生が雑誌に掲載されました

3.梅田の歯医者が教える虫歯になりやすい人

4.歯周病と全身疾患の怖い関係 ~50歳になってから後悔しないために~

5.痛くない虫歯治療をする梅田の歯医者

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき