歯周病を予防していつまでも健康なお口でいるために

歯周病治療のカギはご自身でのケアです

歯周病の治療は自分自身でプラーク(歯垢)をしっかりと落とせるよう、ケアの方法を学ぶことです。なぜなら歯医者で治療をしても、患者さまのプラークコントロールが不十分であれば再発してしまい、治療と再発の繰り返しになるからです。

 

歯周病で失った組織は再生療法も可能です

歯周病で失った組織は再生療法による回復することが可能です。しかし歯周病の状態によっては歯を抜歯しなければならなくなります。その場合、インプラントや入れ歯、他の歯と連結させるブリッジ治療をおこなうことで、不自由が生じないようにします。

 

まとめ

歯医者で歯周病治療が終わったとしても、定期検診(メンテナンス)をしていくことが大切です。何歳になってもご自身の歯で美味しく食事ができれば嬉しく思います。

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、歯周病に関する記事はこちら☆

1.マイクロスコープを使った歯周病治療の勉強会に参加しました

2.日本人の歯周病の状況について(年齢別)

3.歯のぐらぐらは牛乳では治りません(歯周病を治療する)

4.歯周病は全身の病気に影響するか?

5.歯科衛生士の勉強会にてプラークコントロールについて講演しました

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:歯周病