歯のぐらぐらは牛乳では治りません(歯周病を治療する)

「最近歯がぐらぐらしてきた。カルシウムを飲めばぐらぐらは治るのでは?」と思われる方、それでは一向に治りません。ここでは歯のぐらぐらの原因とその対策を考えたいと思います。

 

歯がぐらぐらする原因は?

歯がぐらぐらする原因はおもに2つ考えられます。まず1つ目が歯周病です。プラーク(歯垢)にいる歯周病菌が原因で歯ぐきに炎症が起き、さらには顎の骨が溶けて歯がぐらぐらしてきます。骨の強化のためにカルシウムは良いかもしれませんが、歯周病治療には効果的ではありません。

2つ目の原因が食いしばりや歯ぎしりです。仕事中に食いしばりをしていたり、寝ている間に歯ぎしりをしていると大きな力が顎の骨に伝わります。この力が原因となり顎の骨が少しづつ溶けていくのです。

 

歯のぐらぐらを治すには?

まずは歯医者で歯周病の治療を受けることが重要です。一度歯石になると歯磨きでは取れなくなるため、プロによる治療を受けるようにしてください。そして正しい方法で歯磨きをすることで、口の中から歯周病菌を追い出しましょう。

また食いしばりや歯ぎしりが原因の場合は、マウスピースをするようにしてください。過度な力が加わらないようにすることで、骨がそれ以上溶けることを防ぎます。

いつまでもインプラントや入れ歯のないお口で保つため、これからも日々のケアを頑張っていきましょう。

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、歯周病に関する記事はこちら☆

1.歯周病は全身の病気に影響するか?

2.歯科衛生士の勉強会にてプラークコントロールについて講演しました

3.歯周病セルフチェック

4.数字から見る歯周病治療の改善

5.日本歯周病学会で歯周病と糖尿病について学びました

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:歯周病