審美目的で健康な歯を削るのはデメリットが大きい

「歯並びを綺麗」にしたいや「歯を白くしたい」と言った場合に、矯正治療やホワイトニングではなく、歯を削ってセラミックを入れるという方法があります。

しかし歯を削らずに治す治療が最善であり、歯を削るということは大変なデメリットがあるということをご理解していただきたいと思います。

 

歯を削れば強度が弱くなります

歯は削れば削るほど、その強度は低下します。強度を失った歯は割れたり欠けたりなどのトラブルを引き起こしやすく、被せ物の再接着の際に削る行為を繰り返していると歯がどんどん小さくなり、最悪抜歯にもなります。

 

歯を削ることで抜歯のリスクが高まる

歯を削った場所は虫歯になりやすい環境にあります。削った歯が虫歯になってしまい、さらにその周囲に広がるというケースはしばしばあります。

また大きく削った場合は歯の神経も取ってしまう必要があるため、そうなると歯の寿命も一段と短くなってしまいます。そのため歯は可能な限り削らず、天然の歯を残す治療をすることが理想です。

 

痛みや知覚過敏の原因にもなります

歯を削ると内部にある神経に近くなるため、冷たいものや酸性の強いものを口にすると痛みや知覚過敏があらわれる場合もあります。

 

まとめ

せっかく審美目的で歯が綺麗になったのにもかかわらず、将来的にブリッジや入れ歯、インプラントになってしまっては本末転倒です。

天然の歯は一度傷つくと再生しませんので、宝物のように大切にしてください。

 

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、審美治療に関する記事はこちら☆

1.歯が綺麗になるセラミックの審美治療

2.セラミックインレーで奥歯を審美治療した症例

3.セラミック治療で奥歯を審美治療した症例

4.メタルフリーのセラミックで奥歯を審美治療した症例

5.奥歯を審美的にセラミック治療をした症例

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:審美治療