セラミックが選ばれる理由。銀歯と比べるポイント

虫歯で歯を削ったあと銀歯で詰めて治すということは今や昔の歯科治療であるといえます。近年では銀歯ではなくセラミックでの治療を選択される患者さまが増えてきており、その仕上がりは天然の歯と見分けがつかないほど自然な仕上がりです。それでは銀歯とセラミックの違いは何なのか、詳しく見ていきたいと思います。

 

セラミックが虫歯治療に選ばれる理由

1.天然の歯と見分けがつかない自然な仕上がりになる

セラミックの1番のメリットは何といっても審美性に優れ、とても美しいことです。銀歯は一目見ると、虫歯の治療痕ということがわかってしまいますが、セラミックはご自身の歯の色に最大限微調整が可能で、天然の歯と見分けがつかない綺麗な歯にすることが可能です。

 

2.銀歯の寿命は平均7年、セラミックの寿命は長くて20年

銀歯の場合、使い続けることで歯との間に隙間が出来てしまい、銀歯の中で虫歯になってしまうことが多く見受けられます。一方でセラミックは歯との密着度が高く、経年劣化も少ない素材となっています。このことから銀歯の平均寿命は7年、セラミックはきちんとメンテナンスをすれば寿命は20年と言われています。

 

3.セラミックで歯ぐきが黒ずむことはありません

銀歯は金属が歯ぐきに溶け出すことで黒ずんでしまうことがあります。しかしセラミックは金属を使わない素材なため、歯ぐきが黒ずんでしまうという心配はありません。

 

4.金属アレルギーになる心配はありません

セラミックは陶器でできているため、金属アレルギーになることはありません。金属アレルギーの方には銀歯ではなく、セラミックでの治療をオススメします。

 

〇セラミックの治療例

大阪・梅田の歯医者 セラミック カツベ歯科クリニック

 

☆その他、審美治療に関する記事はこちら☆

1.古い被せ物と歯ぐきの境目が黒くなったらセラミック治療が有効です

2.審美目的で健康な歯を削るのはデメリットが大きい

3.歯が綺麗になるセラミックの審美治療

4.セラミックインレーで奥歯を審美治療した症例

5.セラミック治療で奥歯を審美治療した症例

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:審美治療