古い被せ物と歯ぐきの境目が黒くなったらセラミック治療が有効です

昔に治療をした被せ物と歯ぐきとの境目が黒くなるのは、被せ物に使われている金属が見えていることが原因です。見た目も良くないこの状態を良くするにはどのようにすれば良いのでしょうか。

 

金属を使わないセラミック治療が有効です

セラミックはメタルフリーの素材なため、経年により歯ぐきとの境目が黒くなってしまうことはありません。セラミックは着色しにくく、審美的なため天然の歯とも見分けがつかないのが特徴です。また金属を使わない素材にコンポジットレジンがあります。こちらは保険適用ができる素材ですが、着色しやすく歯の色の選択肢も狭くなります。

 

患者さまの歯が再治療に耐えられるのかも重要です

セラミックで審美治療をする場合、すでに入っている支台が金属で出来ているか、白い素材で出来ているのかも重要です。金属の場合はセラミックに透けて色が出てしまうため白い素材でやり替えをしたい所なのですが、歯の状態によってはそれがリスクになることもあります。材料や技術を状況に合わせて選択していくことも重要です。

 

まとめ

セラミックで歯がきれいになっても、日々のケアを怠っていては虫歯や歯周病になり元も子もありません。インプラントや入れ歯のない、いつまでも健康なお口でいられるよう頑張っていただきたいと思います。

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、審美治療に関する記事はこちら☆

1.審美目的で健康な歯を削るのはデメリットが大きい

2.歯が綺麗になるセラミックの審美治療

3.セラミックインレーで奥歯を審美治療した症例

4.セラミック治療で奥歯を審美治療した症例

5.メタルフリーのセラミックで奥歯を審美治療した症例

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:審美治療