セラミック治療で天然の歯と変わらない美しさ

〇自費治療と保険治療の違い

虫歯で歯を削った後は、そこに詰め物をする必要があります。

費用の安い保険治療の場合、前歯ならプラスチックの歯で治療をするのが一般的ですが、

プラスチックで出来た素材は透明感がなく、また時間の経過とともに変色するため、天然の歯と比べると違和感があります。

 

過去に保険(硬質レジン前装冠)で治療されているお口の状態です。

保険で治療したプラスチックの歯には透明感がなく、天然の歯とも色が合っていないのがわかると思います。

次が自費のセラミックで治療した後の写真です。

十分な機能性があることはもちろんですが、美しさの面でも保険治療とは雲泥の差です。

セラミック治療

保険治療は誰もが平等に受けられる最低限の治療です。

またその最低限の治療は食べたり話したりする分には十分であると言えますが、

見た目の面では自費治療に大きく劣ります。

自費治療は保険治療に比べ優れた面が多いですが、一方で費用がかかりますので患者さまと相談の上、

意向に沿った治療をすることが大切です。

 

<保険治療と自費治療の比較>

 保険治療自費治療
予防、審美、新たな素材など先進治療×
症状に合った最善の治療
費用が安い×

 

〇セラミックの種類

審美性が特に優れている自費治療といえば、セラミックでの治療があげられます。

このセラミックですが種類が1つだけではなく素材によって数種類に分かれ、またそれぞれに特性も異なります。

ご自身の理想に近いセラミック素材を見付けることができるよう、ここでは代表的なものをご紹介したいと思います。

 

オールセラミック

天然の歯のような透明感のある白で、審美性も高くなります。

またセラミックは陶器でできているため金属アレルギーの方も安心です。

メリット

全て陶器で出来ているため金属アレルギーの心配がありません。

また透明感が他のセラミックに比べ最もあり、歯の自然な色合いを出すことが可能です。

とても美しい仕上がりが期待できます。

 

デメリット

陶器で強度は低いため、奥歯に使用するには不向きです。

そのため歯ぎしり等のクセがある方はマウスピースを使用する必要がある場合があります。

 

メタルボンド

外側はセラミック、内側は金属を焼き付けた被せ物です。

金属が内側にあるのでオールセラミックと比べて透明感は劣りますが、

かなり自分の歯の色に近い色を表現することができます。

メリット

セラミック陶器のため硬くて脆い素材ですが、金属の被せ物が土台になることで強度が補強されます。

また見た目もオールセラミックほどではないですが、綺麗に仕上がることができます。

 

デメリット

内側に金属があるため、どうしても透明感が失われてしまい場合によっては色の再現が難しくなります。

また金属アレルギーの方は使用できない素材です。

 

ジルコニア

外側はセラミック、内側はジルコニア(人工ダイヤモンド)で出来ており、

オールセラミックの弱点であった強度も補強され、審美性も優れています。

また金属を使用しないので、金属アレルギーの方も安心です。

メリット

メダルボンドのように内側が金属ではなく白い素材なので、

透明感も出しやすく天然の歯に限りなく近い質感を表現することができます。

またジルコニアは「白い金属」と言われるほど頑丈なため、

奥歯に使用しても十分な強度を保つことができます。

 

デメリット

非常に頑丈なため加工が難しい素材です。

そのため加工にかかる費用が増えるのと、細かい形は表現しずらくなります。

 

 

まとめ

セラミックやジルコニアはそれぞれ強度や審美性も異なるため、

歯の治療する箇所によっては向き不向きがあります。

お口の中で気になることは、まずは歯科医師が治療に最適な素材を提案しますので、

その際この記事を見て疑問に思われたことがあれば遠慮なくご質問ください。

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

大阪駅|梅田駅近く カツベ歯科クリニック
大阪駅|梅田駅近く インプラント治療
大阪駅|梅田駅近く 歯周病治療

カテゴリー名:審美治療