被せ物のセルフケアをする重要性

「被せ物のセルフケアの重要性」と「歯の位置と形態について」の勉強会に参加しました。

虫歯やインプラントにも使われている被せ物ですが、いくら最高の被せ物を使用したとしても、その被せ物をどうケアしていくかを知る必要があります。

仕事をしていく上で印象に残った言葉の中に、”原因を考えた上で補綴物のメンテナンスを考えること”という言葉がありました。

みなさんも1度は経験ありませんか?

「治療が終わったのに、また虫歯になってしまった…」
「しっかり磨いているつもりなのに、いつも同じところを指摘される…」

何事にも”原因”があります。そこを見抜く力が歯科医療従事者には必要不可欠だと改めて考えました。

 

また「歯の位置と形態」については、たくさんの症例を通して感じる”なぜ?”をとてもわかりやすく発表してくださいました。

歯の位置と形態を決めるのもたくさんの基準があるそうですが、顔貌に調和する位置を決めるのは感覚的な要素が多いようです。

ミリ単位で全然変わってしまうので、とても繊細な作業だと感じました。勉強会を通じ、たくさんの知識や情報を知ることができます。また、他職種の視点を知ることができ、さらなるチームワークの強化に繋がっていると感じます。

今後も勉強会で学んだことを日々の診療に活かしていきたいと思います。

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.高齢者の方に見られる歯の特徴

2.虫歯・歯周病にならない歯みがきを

3.虫歯や歯周病が原因で歯を失ったお口の再構成

4.前歯をセラミックで治療した症例発表

5.【参加費無料】12月16日15時~ 健康増進コラボセミナーをおこないます

 

 

 

~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
【インプラント】梅田カツベ歯科クリニック 大阪駅すぐの歯医者

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき