歯が1本なくなった場合に考えられるリスク

カツベ歯科クリニック

歯が1本なくなった場合の治療法としては、インプラント・ブリッジ・部分入れ歯が考えられます。

これらの治療法はそれぞれメリットとデメリットが存在しますが、そもそも歯を1本なくすとどのようなリスクが存在するのでしょうか。

 

咬み合っていた歯が伸びて出てくる

もともと咬み合っていた歯がなくなると、咬み合う歯を求めて失った歯の対合歯(咬み合わせの反対側の歯)が伸びてきます。

もし自分がギュウギュウの密室にいた場合、少しスペースができたらそこに移動したくなりますよね?歯もそれと同じです。

 

抜けた歯の両隣が傾き、咬み合わせが悪くなる

抜けた歯の両隣の歯が徐々に傾いていきます。長期間放置しているとその隣、さらにその隣といった具合に動きます。

それを繰り返していると全体の歯並びが変化し、咬み合わせのバランスが崩れてしまいます。

 

歯が抜けた部分の歯ぐきが下がる

歯が抜けた状態で長期間放置すると、抜けた歯の周りの骨がやせて歯ぐきが下がります。

またこの症状はブリッジや入れ歯にした場合でも、骨に噛んだ力が伝わらないため結果、骨がやせてしまい歯ぐきが下がります。

骨がやせるということはインプラントを支える骨がなくなるのでインプラント治療もしにくくなるということになるのです。

 

 

☆その他、インプラントに関する記事はこちら☆

1.歯医者が教えるインプラント治療の安全性のホント

2.インプラントセミナーに講師として参加しました

3.インプラント併用入れ歯(インプラントオーバーデンチャー)

4.インプラントの値段の相場は?

5.インプラント治療の症例紹介

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
【インプラント】梅田カツベ歯科クリニック 大阪駅すぐの歯医者

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:インプラント