レジンを使った保険治療について

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

歯を削った後の詰め物としてよく使われるのがレジンという詰め物です。レジンはプラスチックで出来ており、水分を吸収してしまう素材のため、見た目上でも劣化が感じ取れてしまいます。また、劣化がしやすいということは汚れも付着し易く、虫歯や歯周病になってしまうリスクも高まります。

劣化がしやすいという事は前歯の治療には非常に不向きであり、その場合には劣化が非常に少なく、色の選択も多用になるセラミックがオススメです。しかし、自費治療のため費用が高くなってしまうことが欠点でもあります。

一方で、金属アレルギーで銀歯が使えない方には有効な詰め物となっています。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.支台歯形成の体験会を開催します!(参加費無料)

2.虫歯になりにくい人の特徴とは?

3.最先端の歯科技術を学ぶ勉強会に参加しました

4.自費診療と保険診療を目的に合わせて選択する

5.梅田の歯医者が教える虫歯のできる本当の原因

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック (東梅田・北新地)マウスピース矯正(インビザライン)

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき