虫歯と知覚過敏の痛みの原因の違いとは?対処法を解説します

歯みがき

冷たいものを口に入れた時に歯が傷んだ場合、知覚過敏か虫歯なのか判断に迷う場合があります。

今回のブログでは「虫歯と知覚過敏の違い」についてお伝えし、対処法についても解説したいと思います。

 

1.虫歯と知覚過敏になる原因について

歯が痛い・しみるといったことは虫歯と知覚過敏の両方に見られる症状ですが、この症状に至るまでの原因はそれぞれ異なっています。

まずは、虫歯と知覚過敏になる原因の違いについて解説したいと思います。

 

1-1.虫歯になる原因はプラークに潜む細菌

歯をよく磨いていても虫歯になるのはなぜなのでしょうか?反対に歯をほとんど磨かないのに虫歯になりにくいという人もいます。

その差は虫歯菌がどれだけ口の中にいるかが大きく影響しており、その虫歯菌の中でも特に気を付けたいのがミュータンス菌です。

ミュータンス菌は歯の表面に付いたプラークの中に潜んでおり、糖分を栄養源に酸を出します。また炭水化物も分解されることで糖分に変わるため、砂糖を食べていなくても虫歯になることがあります。

歯の表面の「エナメル質」はとても硬い一方で、酸にはとても弱くなっています。ミュータンス菌が酸をどんどん生み出すとエナメル質が溶け、虫歯になってしまうのです。

 

C0:初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶かされた状態です。透明感がなくなって白く濁ったように見えますが、まだ穴は開いていません。ブラッシングを適切におこなうことで、歯の再石灰化を促し治癒が期待できます。

C0

C1:エナメル質の虫歯

歯の表面のエナメル質に穴が開いた状態です。痛みを感じることはありませんが、虫歯を削り取る必要があります。

C1

C2:象牙質の虫歯

エナメル質のさらに内側にある象牙質に虫歯が進行した状態です。この状態になると冷たいものがしみたりといった症状が出ます。

C2

C3:神経にまで達している虫歯

象牙質のさらに奥にある神経に虫歯が進行した状態です。炎症を起こしているので何もせずにいる状態でも歯が痛みます。

C3

C4:残根状態の虫歯

歯の神経が死んでしまい、根っこだけが残った状態です。痛みは一旦治まりますが、根の先が膿むと再び痛み始めます。

C4

 

1-2.知覚過敏になる原因は、虫歯以外が要因となり象牙質が露出すること

知覚過敏は象牙質が露出し刺激を受けることで痛みが生じます。それでは、虫歯以外が原因で象牙質が露出する原因をご説明します。

 

①酸性の食品をよく食べる

歯の表面のエナメル質は酸に弱く、酸性の食べ物をよく食べていると歯が溶ける「酸蝕歯(さんしょくし)」と呼ばれる病気になります。エナメル質が溶けるということは象牙質が露出し、知覚過敏になる原因です。

 

②歯周病により歯茎が下がる

歯周病により歯茎が下がると象牙質が露出してしまいます。歯周病は自覚症状がほとんどなく進行していき、また自身で治すことも難しいため定期的な歯医者によるチェックと適切な治療が必要になります。

 

③力を入れて歯磨きをする

力を入れてゴシゴシと歯磨きをするとエナメル質が少しずつ削れて薄くなっていきます。汚れの溜まりやすい場所に注意しながら、やわらかい歯ブラシを使い、軽い力で磨くことが大切です。

 

④歯ぎしりや食いしばり

歯ぎしりや食いしばりが癖になると表面のエナメル質が摩耗していき、結果象牙質が露出してしまいます。このような人は対策として「マウスピース」を装着することをおすすめします。

 

⑤噛み合わせの悪さが原因となる

噛み合わせが悪い事で一部の歯に負担がかかると、その部分だけ歯が削れてしまい知覚過敏の原因となります。この場合は歯医者での歯列矯正で噛み合わせを改善する必要があります。

 

2.虫歯と知覚過敏の治療法について

虫歯と知覚過敏は原因が異なるため、もちろん治療法もそれぞれに適切な治療が必要です。ここでは一般的におこなわれる治療を確認したいと思います。

 

2-1.虫歯を治療するには「虫歯の除去」が必要です

虫歯の治療は「虫歯になった部分を取り除いた後に詰め物や被せ物をする」ことが基本の治し方です。ただし前述の虫歯の進行度合いによって詰め物の大きさや種類が変化するため、どのような治療になるか担当医にしっかりと確認しましょう。

 

2-2.知覚過敏の応急治療には歯磨き粉を使う

知覚過敏には「硝酸カリウム」という成分が含まれている歯磨き粉が有効です。この硝酸カリウムは歯の神経の周りにバリアを張り巡らすので、歯がしみて痛いという状況を緩和することができます。

しかし歯磨き粉はあくまで応急策として使用し、しっかりと治すには一度歯医者に見てもらい専用の接着剤を用いて象牙質を封鎖するなどの治療をして下さい。

 

3.まとめ

知覚過敏は日々の生活習慣によって引き起こされます。ご自身はどの原因に当てはまるのかをしっかりと理解し、その対策をすることが重要です。

しかし一度知覚過敏になると自然治癒には期待できないので、なるべく早く歯医者を受診するようにしてください。


 
~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

大阪|梅田の予防歯科 カツベ歯科クリニック
大阪|梅田で成功例多数 最新インプラント治療
大阪|梅田の重度歯周病治療

カテゴリー名:日々のつぶやき

世界初の歯周組織再生医薬品「リグロス」の講演会に参加しました

2017年8月7日(月)に歯科医師の高津と大塚がリグロスの講演会に参加しました。

リグロスとは世界初の歯周組織の再生医薬品で、2016年9月に承認されたばかりの新薬です。

これを診療に生かすことにより、日々の治療がより良いものになると考えております。

 

続きはカツベ歯科クリニックの歯周病専門サイトにてご覧ください。

 

リグロス



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

梅田駅の有名な歯医者 カツベ歯科クリニック
梅田駅の歯科 最新設備によるインプラント治療
梅田駅の歯科 最新設備による歯周病治療

カテゴリー名:歯周病, 活動内容報告

NHKパピヨンの勉強会に参加しました(2017年8月9日)

8月9日(水)に歯科衛生士と歯科助手の勉強会(NHKパピヨン)に参加しました。

今回は当院より歯科助手の後藤が講演しました。

NHKパピヨン発表

歯医者は痛い・怖いというイメージがありますが、

歯科助手という立場でも患者さまの痛みや恐怖感を和らげることができます。

治療は歯科医師だけがやるものという意識ではなく、

スタッフ全員で患者さまを幸せにできるよう、良い協力体制を維持し続けてまいります。

ペインコントロール



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック
大阪駅|梅田駅 インプラント専門治療
大阪駅|梅田駅 歯周病治療

カテゴリー名:スタディグループNHK

歯科の勉強会(大阪SJCD)に参加しました

8月6日(日) 中之島にある大阪国際会議場にて、

当院の歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士で院長がインストラクターも勤める

大阪SJCDの勉強会に参加しました。

 

午前中は歯科医師の講義と歯科衛生士の講義にそれぞれ分かれて参加し、

午後からは全員で小児の矯正治療についてお話しを伺いました。

 

午前中におこなった歯科衛生士の講義は、

来年の2月に当院歯科衛生士の金川と末田が発表予定となっており、

今からとても楽しみです。

大阪SJCD

 

歯科助手の2人も受付を手伝っていただき、ありがとうございました!

大阪SJCD受付

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

大阪駅の歯医者 カツベ歯科クリニック
大阪駅でインプラント相談
大阪駅で歯周病相談

カテゴリー名:日々のつぶやき, 活動内容報告

カツベ歯科クリニック紹介動画の公開

当院の紹介動画が公開されました!

普段私たちが仕事をしている風景や患者さまの声、

歯科医療に対する思いと取り組む姿勢等をご覧いただけたらと思います。

大阪の皆さまに国内最高の歯科医療を提供できるよう、

これからも日々研鑽して参ります。



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

大阪で有名な歯医者 カツベ歯科クリニック
カツベ歯科クリニックの良く噛めるインプラント治療
カツベ歯科クリニックの最新機器で治す歯周病治療

カテゴリー名:日々のつぶやき, 活動内容報告

インプラントセミナーに講師として参加しました

2017年8月3日(木)に歯科医師の高津が所属しているi6というスタディーグループが主催の

「インプラント超ビギナーコース」の第2回目を講師として参加しました。

講師として参加する中でも様々な学びがあり、

とても勉強になった1日でした。

続きはカツベ歯科クリニックのインプラント専門サイトへ

インプラントセミナー

 


  ~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

梅田駅おすすめの歯医者 カツベ歯科クリニック
梅田駅おすすめの歯医者 インプラント治療
梅田駅おすすめの歯医者 歯周病治療

カテゴリー名:インプラント, 活動内容報告

子どもを歯周病から守ろう!

歯周病とは歯と歯ぐきの隙間に細菌が入り込み(これがプラークになります)、

そこから出る毒素によって、周辺の組織が赤く腫れて炎症を起こしている状態です。

 

日本人では30歳以上で8割以上、小学生では4割以上が歯周病にかかっていると言われています。

歯周病は人から人へ移る病気のため、大切な家族の歯を守るよう歯に対する意識を高めることが大切です。

 

続きはカツベ歯科クリニックの歯周病専門サイトにてご覧ください。

歯ブラシ



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

梅田駅の歯科 カツベ歯科クリニック
梅田駅の歯科 カツベ歯科クリニックのインプラント治療
梅田駅の歯科 カツベ歯科クリニックの歯周病治療

カテゴリー名:歯周病

NHK例会の勉強会に参加しました(2017年7月27日)

7月27日(水)の診療後に大阪市西区にある株式会社ヨシダにて、

当院のスタッフ全員で歯科の勉強会(NHK例会)に参加しました。

この勉強会では意識の高い歯科医院のスタッフ100名ほどが集まり、

活発な意見交換ができる貴重な場です。

 

今回は歯科技工士から「ジルコニアの材料選択いついて」「e-maxを使ったラミネートベニア」、

歯科医師からは「CTG、静脈内沈静法、矯正」の発表がありました。

 

 

歯科医師と歯科技工士がどのようにすれば仕事がスムーズに進み、

また患者さまへより良い医療が提供できるのかを話し合う場ともなり、

とても勉強になる時間を過ごすことができました。

 

明日からもより一層、診療に励みたいと思います。

NHK例会発表風景



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

カツベ歯科クリニック 大阪で日本最高水準の治療を
大阪で日本最高水準のインプラント治療
大阪で日本最高水準の歯周病治療

カテゴリー名:スタディグループNHK

セラミック治療で天然の歯と変わらない美しさ

〇自費治療と保険治療の違い

虫歯で歯を削った後は、そこに詰め物をする必要があります。

費用の安い保険治療の場合、前歯ならプラスチックの歯で治療をするのが一般的ですが、

プラスチックで出来た素材は透明感がなく、また時間の経過とともに変色するため、天然の歯と比べると違和感があります。

 

過去に保険(硬質レジン前装冠)で治療されているお口の状態です。

保険で治療したプラスチックの歯には透明感がなく、天然の歯とも色が合っていないのがわかると思います。

次が自費のセラミックで治療した後の写真です。

十分な機能性があることはもちろんですが、美しさの面でも保険治療とは雲泥の差です。

セラミック治療

保険治療は誰もが平等に受けられる最低限の治療です。

またその最低限の治療は食べたり話したりする分には十分であると言えますが、

見た目の面では自費治療に大きく劣ります。

自費治療は保険治療に比べ優れた面が多いですが、一方で費用がかかりますので患者さまと相談の上、

意向に沿った治療をすることが大切です。

 

<保険治療と自費治療の比較>

 保険治療自費治療
予防、審美、新たな素材など先進治療×
症状に合った最善の治療
費用が安い×

 

〇セラミックの種類

審美性が特に優れている自費治療といえば、セラミックでの治療があげられます。

このセラミックですが種類が1つだけではなく素材によって数種類に分かれ、またそれぞれに特性も異なります。

ご自身の理想に近いセラミック素材を見付けることができるよう、ここでは代表的なものをご紹介したいと思います。

 

オールセラミック

天然の歯のような透明感のある白で、審美性も高くなります。

またセラミックは陶器でできているため金属アレルギーの方も安心です。

メリット

全て陶器で出来ているため金属アレルギーの心配がありません。

また透明感が他のセラミックに比べ最もあり、歯の自然な色合いを出すことが可能です。

とても美しい仕上がりが期待できます。

 

デメリット

陶器で強度は低いため、奥歯に使用するには不向きです。

そのため歯ぎしり等のクセがある方はマウスピースを使用する必要がある場合があります。

 

メタルボンド

外側はセラミック、内側は金属を焼き付けた被せ物です。

金属が内側にあるのでオールセラミックと比べて透明感は劣りますが、

かなり自分の歯の色に近い色を表現することができます。

メリット

セラミック陶器のため硬くて脆い素材ですが、金属の被せ物が土台になることで強度が補強されます。

また見た目もオールセラミックほどではないですが、綺麗に仕上がることができます。

 

デメリット

内側に金属があるため、どうしても透明感が失われてしまい場合によっては色の再現が難しくなります。

また金属アレルギーの方は使用できない素材です。

 

ジルコニア

外側はセラミック、内側はジルコニア(人工ダイヤモンド)で出来ており、

オールセラミックの弱点であった強度も補強され、審美性も優れています。

また金属を使用しないので、金属アレルギーの方も安心です。

メリット

メダルボンドのように内側が金属ではなく白い素材なので、

透明感も出しやすく天然の歯に限りなく近い質感を表現することができます。

またジルコニアは「白い金属」と言われるほど頑丈なため、

奥歯に使用しても十分な強度を保つことができます。

 

デメリット

非常に頑丈なため加工が難しい素材です。

そのため加工にかかる費用が増えるのと、細かい形は表現しずらくなります。

 

 

まとめ

セラミックやジルコニアはそれぞれ強度や審美性も異なるため、

歯の治療する箇所によっては向き不向きがあります。

お口の中で気になることは、まずは歯科医師が治療に最適な素材を提案しますので、

その際この記事を見て疑問に思われたことがあれば遠慮なくご質問ください。

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

大阪駅|梅田駅近く カツベ歯科クリニック
大阪駅|梅田駅近く インプラント治療
大阪駅|梅田駅近く 歯周病治療

カテゴリー名:審美治療

NHK-Bの勉強会に参加しました(2017年7月21日)

7月21日(金)の診療後に大阪市中央区にある株式会社LAZARUSにて、

歯科医師と歯科技工士の勉強会(NHK-B)に参加しました。

今回は当院からの発表はありませんでしたが、

他院より「ジルコニアでの補綴物作成について」「審美治療のフレーム選択の重要性」「インプラント治療について」の発表があり、とても勉強になった勉強会でした。

他院がどのような治療をおこなっているかを知り、

また症例について貴重な意見交換もでき、今後の診療にも役立てていきたいと思います。

NHK発表201707



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

カツベ歯科クリニック 大阪の歯医者
インプラントセンター 大阪駅・梅田駅すぐ
大阪 歯周病治療センター

カテゴリー名:スタディグループNHK