歯科の勉強会に参加して技工技術等を学びました

5月29日(水)の診療後にカツベ歯科のスタッフ全員でNHK例会という歯科の勉強会に参加しました。今回は歯科技工士より『デジタル技工での工夫』『咬合再構成における技巧的要件』、歯科医師からは『インビザラインとインプラント』についてのお話しをしていただいて、とても有意義な一日となりました。

今は歯科の世界にもデジタル化がどんどん進んでおり、治療がより早くより正確に変わってきています。新しいものを取り入れて患者さまの満足度向上に繋がれば良いですが、まだまだ人の手で作業をした方がクオリティも高く見極めることが大切です。

本当に患者さまの為になると確信が持てた時には新しい機器もどんどん導入していきたいと思います。

大阪・梅田の歯医者 矯正 カツベ歯科クリニック

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.セラミック矯正のリスクについて

2.オールセラミックを用いた審美治療とマイクロスコープについて講演しました

3.すきっ歯(正中離開)をラミネートベニアで治療する

4.醤油と塩の選び方!食育について講演しました

5.矯正においての歯の動かし方について講演しました

~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック (東梅田・北新地)マウスピース矯正(インビザライン)

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

セラミック矯正のリスクについて

矯正治療が数日で終わるセラミック矯正

『セラミック矯正』や『クイック矯正』といった言葉を耳にしたことはありませんでしょうか。これらは、綺麗な歯を短期間で手に入れられるという点で患者さまにとって大変メリットのように思えます。しかし、マウスピース矯正やワイヤー矯正とはその治療法がまったく異なり、セラミック矯正は健康な歯を削る必要があるため、歯の寿命を縮めるリスクがあるということをご理解下さい。

セラミック矯正の治療について

治療方法は、歯を削り、セラミックの被せ物を付けるだけなので数日で治療が完了します。しかし、マウスピース矯正やワイヤー矯正のように歯を根本的に動かしたり、傾きを改善したりはしないので噛み合わせに問題が出ることもあります。

また、冒頭でも述べましたが健康な歯を削って治療を進めます。状態によっては歯に栄養を運ぶ歯髄という神経を抜く必要もあり、歯の寿命も大きく削られることになります。

芸能人がやっている事で一躍有名になりましたが、実際にどんな治療をするのか理解しないまま進めてしまい、後悔をする方もいるので注意が必要です。

目先の治療ではなく、10年20年後を考えた治療を

綺麗な歯を短期間で手に入れたいという要望があることは理解しています。

しかし、歯を削ると寿命が縮まるばかりか、セラミックの被せ物にも一般的に10年程度といわれる寿命があります。セラミックの付け替えの際には歯をさらに削る必要があり、将来的に抜歯となる可能性が大変高くなってしまいます。

これらのことから虫歯治療には有効なセラミック治療ですが、矯正をする場合にはあまりお勧めはしていません。

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.オールセラミックを用いた審美治療とマイクロスコープについて講演しました

2.すきっ歯(正中離開)をラミネートベニアで治療する

3.醤油と塩の選び方!食育について講演しました

4.矯正においての歯の動かし方について講演しました

5.インビザラインを大阪でするなら実績豊富なカツベ歯科へ

~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック (東梅田・北新地)マウスピース矯正(インビザライン)

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

オールセラミックを用いた審美治療とマイクロスコープについて講演しました

5月17日(金)の診療後にNHK-Bという歯科の勉強会に参加しました。今回は負門先生と荒垣先生から発表があり、負門先生からは「オールセラミックを用いた修復治療症例」、荒垣先生からは「歯髄診断におけるマイクロスコープの有効性」についてお話しをしました。

歯の神経まで虫歯が到達しているとそれを取り除く必要がありますが、肉眼での治療は細部まで確認がしづらく治療の成功率もそれほど高くありません。しかし、マイクロスコープを使った根管治療では成功率も格段に高くなります。

歯の神経を取る治療で症状が改善しなければ最悪抜歯という可能性が非常に高くなります。マイクロスコープは高価な設備なので全ての歯医者にあるわけではありませんが、皆さまには可能な限り質の高い医療を受けていただきたいと思います。

大阪・梅田の歯医者 矯正 カツベ歯科クリニック

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.すきっ歯(正中離開)をラミネートベニアで治療する

2.醤油と塩の選び方!食育について講演しました

3.矯正においての歯の動かし方について講演しました

4.インビザラインを大阪でするなら実績豊富なカツベ歯科へ

5.虫歯治療で虫歯は治りません

~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック (東梅田・北新地)マウスピース矯正(インビザライン)

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

すきっ歯(正中離開)をラミネートベニアで治療する

すきっ歯は矯正をしないと治らないように思えますが、実はラミネートベニアという付け爪のような歯の詰め物をすることで改善することが出来ます。

矯正、ラミネートベニア以外の治療法となると歯を大きく削ってクラウンという被せ物をするという方法がありますが、健康な歯を削るということ自体オススメ出来ません。その点、ラミネートベニアは歯の表面を薄く削れば治療ができるので、歯が長持ちするという観点から見れば非常に有利です。

しかし、ラミネートベニアで治すといっても歯を削ることには変わりないので、長期的に考えると歯を削らず治す事がもっとも理想になります。

歯並びにお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。最適な治療法を一緒に探していきましょう。

ラミネートベニア術前 カツベ歯科クリニック
ラミネートベニア術後 カツベ歯科クリニック

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.醤油と塩の選び方!食育について講演しました

2.矯正においての歯の動かし方について講演しました

3.インビザラインを大阪でするなら実績豊富なカツベ歯科へ

4.虫歯治療で虫歯は治りません

5.リンガル矯正で見えない矯正治療

~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック (東梅田・北新地)マウスピース矯正(インビザライン)

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

醤油と塩の選び方!食育について講演しました

NHKパピヨンという歯科の勉強会にて、歯科助手の稲浦が『食育~調味料の選び方について~』について講演をおこないました。普段、私たちが口にしている醤油と塩ですがキチンと見抜かないととんでもない物を選んでいる可能性があります。

まず、醤油ですがこれは裏のラベルに「本醸造」と記載のあるものを選びましょう。また、原材料の数が少なく、添加物や化学溶剤を使っていない物が本当の醤油です。ここで注意したいのが「しょうゆ風調味料」です。表のラベルには醤油と書いてあっても、裏のラベルはしょうゆ風調味料となっている可能性があります。これは、様々な添加物を混ぜて安く作られているため当然体には良くありません。

次に塩ですが、普段目にする白い物は漂白して色付けされています。塩には様々なミネラル分が付着して黒っぽい色になる事が多くなっています。一見、白い塩を選んでしまいがちですが、本当の塩を選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。

添加物の多い物を食べると体に炎症が起こり、それが口腔内にも少ながらず悪影響を及ぼします。皆さまにとってぜひ良い環境を整えて下さい。

大阪・梅田の歯医者 矯正 カツベ歯科クリニック

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.矯正においての歯の動かし方について講演しました

2.インビザラインを大阪でするなら実績豊富なカツベ歯科へ

3.虫歯治療で虫歯は治りません

4.リンガル矯正で見えない矯正治療

5.ホワイトニングとセラミックはどちらが良いのか?

~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック (東梅田・北新地)マウスピース矯正(インビザライン)

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

矯正においての歯の動かし方について講演しました

今回は歯科医師の谷口より「歯の動かし方」について、まだ矯正をやった事をないような人にも理解し易いように講演をしました。

お口の中の状態が悪い方は歯列不正があることが実に多いです。なぜなら、歯並びが悪いと必然的に歯磨きが難しくなり、結果、虫歯や歯周病になってしまいます。矯正の目的は見た目を綺麗にすることに重きを置かれがちですが、虫歯や歯周病予防にも大きな成果を発揮できると言えます。

また、他には「歯科のデジタル化」「歯の犠牲を最小限に抑えるM.I.(ミニマルインターベンション)治療について」のお話しを伺い、とても勉強になった1日となりました。

この学びを今後の歯科治療にしっかりと活かしていきたいと思います!

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.インビザラインを大阪でするなら実績豊富なカツベ歯科へ

2.虫歯治療で虫歯は治りません

3.リンガル矯正で見えない矯正治療

4.ホワイトニングとセラミックはどちらが良いのか?

5.前歯の矯正に特化したマウスピース矯正

~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック (東梅田・北新地)マウスピース矯正(インビザライン)

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

インビザラインを大阪でするなら実績豊富なカツベ歯科へ

インビザラインは大阪でも多くの歯医者がやっていますが

まず皆さまに初めにお伝えしたい事は、インビザラインの矯正結果は誰がやっても同じにはなりません。歯医者のレベルによって矯正後の良し悪しは様々であり、この事を踏まえると大阪でも多くの歯医者がインビザラインをやっていますが、『費用が安い方が良い』や『家から一番近い歯医者にする』という安易な理由で選択をしないようにする事をオススメします。

なぜ、歯医者のレベルによってインビザラインの矯正結果が変わるのかというと、歯科医師が矯正の治療計画を立てる際に歯の位置や、動かす順番、動かすスピードなどを特殊なソフトを使ってシュミレーションをするのですが、その際には歯科医師の矯正の技術と専門知識が絶対的に必要になります。『綺麗に並んだけど噛めない』や『歯がグラつく』といった事が起こる前に、歯医者はしっかりと選んで下さい。

勉強量は日本でもトップクラスです

カツベ歯科の術者(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士)は毎週数人が勉強会やセミナーに出席しており、その勉強量と技術は日本でもトップクラスであると自負しています。インビザラインをする際には矯正の知識はもちろん必要ですが、それを軸に実に幅広い技術と知識の習得に日々研鑽しており、様々な症例に対しても臨機応変に対応することが可能です。患者さまへは安心と安全を備えた最高の歯科医療をお約束します。

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.虫歯治療で虫歯は治りません

2.リンガル矯正で見えない矯正治療

3.ホワイトニングとセラミックはどちらが良いのか?

4.前歯の矯正に特化したマウスピース矯正

5.歯科技工を中心とした勉強会に参加しました

~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック (東梅田・北新地)マウスピース矯正(インビザライン)

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

虫歯治療で虫歯は治りません

私たちはご来院いただく患者さまに二度と虫歯を作って欲しくないと思っています。その思いは患者さまも同じではないでしょうか。しかし、私たちの力不足もあり一度虫歯治療をした患者さまが虫歯で再びご来院されることもしばしばあります。それは単に虫歯治療をするだけでは、虫歯は治らないということを意味しています。

虫歯が出来る人は何度でも虫歯が出来ます

皆さんは歯が痛くなったら歯医者に行く方が大半かと思います。そして、歯が痛くなくなったら歯医者に行かなくなる方も多いと思います。しかし、虫歯と生活習慣は密接に関係しています。間食をよくする人、歯磨きが上手に出来ていない人、様々です。そのため、上記のような方々は生活習慣が改善されないので、また虫歯を作って歯医者へ行きます。虫歯治療で虫歯が治らないとはそういう事なのです。

虫歯を治す前に生活習慣を直す必要があります

生活習慣を直さないと虫歯は一向に治りません。虫歯の再発を繰り返すばかりで、年を取ったら入れ歯の道が見えています。歯医者は虫歯の治療をしますが、その前に虫歯の出来にくいお口の環境に整えることがとても大事です。①お口の環境を整える ⇒ ②虫歯治療 の順番が大切で、①虫歯治療 ⇒ ②お口の環境を整える だと、虫歯が治ったら歯医者に来なくなるか、お口の環境を整えている間に虫歯になる可能性も高くなります。けっして、治療を先延ばしにしてお金儲けをしようとしているわけではなく(虫歯の繰り返しの方が歯医者は儲かります)、患者さまの事を考えたすえに辿り着いた治療順序になります。

まとめ

今の日本で『まず生活習慣を直すことが大事です!』と言っても、忙しい中その時間を割きにくいのも重々承知しています。しかし、それが虫歯を作らなくする最も良い方法であるのも事実です。患者さまと二人三脚で相談しつつ、良い口内環境を保ち続けられるよう努力していきたいと思います。

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.リンガル矯正で見えない矯正治療

2.ホワイトニングとセラミックはどちらが良いのか?

3.前歯の矯正に特化したマウスピース矯正

4.歯科技工を中心とした勉強会に参加しました

5.セラミックを使った審美治療の症例紹介

~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック (東梅田・北新地)マウスピース矯正(インビザライン)

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

リンガル矯正で見えない矯正治療

歯の表側にワイヤーを通す矯正は、歯を他人に見せるのを躊躇するほど目立ってしまいます。一方で歯の裏側にワイヤーを通す『リンガル矯正』は大変目立ちにくく特に芸能人でも活用されている矯正方法です。

リンガル矯正とは

リンガル矯正は裏側矯正とも呼ばれ、矯正装置を歯の裏側に装着するため他人からはまず見える事がありません。『口を開くと見えるのでは?』と心配される方もいらっしゃいますが、よっぼど大きく口を開けない限り見えませんのでご安心下さい。また、見えない矯正治療として近年マウスピース矯正も人気ですが、リンガル矯正が適しているか、マウスピース矯正が適しているかはお口の状態によって変わってきますので、使い分けをすることが大切です。

リンガル矯正の痛み

矯正中の痛みは出来ればない方が良いですが、やはり付き物となります。歯が動くときの痛みを感じるのはどの矯正でも同じなのですが、リンガル矯正特有なものとして装置に舌が当たるため痛みを感じることがあります。しかし、この痛みは1ヶ月もすれば慣れて舌に傷も付かなるなるため少しの間辛抱いただくことが必要かもしれません。

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.ホワイトニングとセラミックはどちらが良いのか?

2.前歯の矯正に特化したマウスピース矯正

3.歯科技工を中心とした勉強会に参加しました

4.セラミックを使った審美治療の症例紹介

5.ジルコニアセラミックを用いた審美症例について講演をしました

~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック (東梅田・北新地)マウスピース矯正(インビザライン)

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

ホワイトニングとセラミックはどちらが良いのか?

笑顔になった時に白くて綺麗な歯が見えると好感度も上がります。しかし、歯磨きでは落とせないほど汚れがこびり付いてしまった場合は、歯医者で綺麗にしてもらう必要があります。そこで歯を白くする手段として候補に挙がるのが『ホワイトニング』と『セラミック』です。これらは、それぞれどのような場合に使い分けたら良いのかお話ししたいと思います。

ホワイトニングをした方が良い場合

ホワイトニングは歯医者でする『オフィスホワイトニング』とご自身が家でやる『ホームホワイトニング』とに分かれます。オフィスホワイトニングはすぐ白くなる即効性がありますが持続力がありません。一方でホームホワイトニングは即効性はありませんが持続力があるという一長一短を持ち合わせています。また、詰め物には効果はなく天然の歯のみ白くすることが出来るため、既に治療痕がある場合はホワイトニングは適応できません。

また、ホワイトニングは歯を削らずに白く綺麗に出来るという事もセラミックと比較して優れた点であると言えます。

セラミックをした方がよい場合

セラミックは歯を削って陶器の被せ物を被せます。見た目は腕の良い歯科技工士が作成すれば、天然の歯との見分けが付かないレベルで仕上げることが出来ます。

しかし、虫歯でもなく過去に治療もした事のない健康な歯をわざわざ削ってセラミックにする事は絶対にオススメしません。削られた歯は寿命が確実に短くなり結果、将来インプラントや入れ歯になってしまっては元も子もありません。そのため、健康な歯を白くしたいというご要望であればホワイトニングを選択する事をオススメします。

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.前歯の矯正に特化したマウスピース矯正

2.歯科技工を中心とした勉強会に参加しました

3.セラミックを使った審美治療の症例紹介

4.ジルコニアセラミックを用いた審美症例について講演をしました

5.気になる口臭とその対策について

~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック (東梅田・北新地)マウスピース矯正(インビザライン)

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す