口臭がするのは胃腸のせいではありません

梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

 

口臭の原因は胃腸ではありません

口臭がするのは胃腸が悪いからだと思っている方がおられるかもしれません。しかし通常は食道がキッチリと塞いでいるため普段から胃の臭いがすることはないのです。もし口と胃が常時つながっていたら口臭どころか、逆流性食道炎になっているでしょう。胃の検査を受けることは大切だと思いますが、多くの人は胃に原因がない場合が多いです。

 

強い口臭の原因は歯周病です

歯周病が進行すると強い臭いが発生します。歯ぐきにいる細菌がタンパク質を分解し、腐敗臭のするガスを発生させるのです。日本人は歯医者に定期的に行くことがあまり定着していないため、歯ぐきには汚れが溜まっています。特に40歳以降は中等度~重度の歯周病になっておられる方が多いため注意が必要です。歯周病予防だけでなく、口臭予防のためにもぜひ定期的に歯医者でクリーングをしてください。

 

☆その他、歯周病に関する記事はこちら☆

1.歯磨きも治療の1つです

2.歯周病を予防していつまでも健康なお口でいるために

3.マイクロスコープを使った歯周病治療の勉強会に参加しました

4.日本人の歯周病の状況について(年齢別)

5.歯のぐらぐらは牛乳では治りません(歯周病を治療する)

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:歯周病

歯を離してリラックスしましょう

歯を接触させるさせるリスクや重要性は様々にお伝えしてきました。歯を接触させるクセを治すことがいかに大切であるかを知っていただくことが、つらい治療の繰り返しから解放される早道かもしれません。

 

社会人の約20%が歯の接触グセがあると言われています

社会人の約20%が歯の接触グセがあると言われています。そのような中で、顎関節症の患者さまで特に治療をしていないのに歯の接触グセを治すと症状が改善したケースをいくつか目の当たりにしています。いくら歯石を取っても歯周病が改善しない方や、せっかく入れた被せ物がすぐ壊れてしまう方などは一度歯の接触グセがないか確認してみてください。

 

歯を離してリラックスしましょう

もし歯の接触グセがあると気付いたら、なんとかして止めようと気張ってはいけません。慣れない事をするとかえって緊張や疲労を溜めてしまうからです。そこでふとした時に歯を離してリラックスできる方法として、職場やご家庭で目の留まる場所に「リラックス」のメモを貼っておくことをオススメします。こうすることで緊張に縛られず、自然と歯を離すことができます。

梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.顎関節症のリスクを減らそう

2.入れ歯が痛いその原因は?

3.歯ぎしりや食いしばりで歯が欠ける

4.ラシャスリップス(Luscious Lips)をスタッフが使ってみました

5.マイクロスコープを使った歯周病治療など(NHK例会)に参加しました

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

顎関節症のリスクを減らそう

歯が常に接触していると顎関節症のリスクが出てきます。もし顎がパキッ・シャリと鳴っていたら一度意識してみると良いかもしれません。

 

顎関節症は噛み合わせは悪くなくてもなります

顎関節症は噛み合わせが悪いとなる印象がありますが、実は噛み合わせが悪くなくても顎関節症になります。この謎を解き明かすカギが歯を接触するクセです。歯を接触させていると悪い噛み合わせの影響が顎関節に出やすく、噛み合わせに問題がなくても噛む筋肉が活動し続け疲労することにより、顎関節も摩擦し滑りが悪くなり顎関節症のリスクとなるのです。

 

歯の接触グセの他にリスクとなる週間

歯の接触グセ以外で顎関節症になるリスクとして次のものが考えられます。

 ・腕枕

 ・受話器の肩ばさみ

 ・片側ばかりで噛む

 ・うつぶせ寝

 ・歯ぎしり

 ・高い枕

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。もし顎関節症でお悩みの方はこれらのリスクに気を付け、少しでも改善するようにしましょう。

梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.入れ歯が痛いその原因は?

2.歯ぎしりや食いしばりで歯が欠ける

3.ラシャスリップス(Luscious Lips)をスタッフが使ってみました

4.マイクロスコープを使った歯周病治療など(NHK例会)に参加しました

5.歯の神経を残すには虫歯の初期治療が重要です

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

入れ歯が痛いその原因は?

入れ歯が痛いと感じるのは、入れ歯をお使いのかたで切実な悩みだと思います。歯医者では良い感じにフィットするのに普段使いでなぜ痛みを感じてしまうのでしょうか。

 

入れ歯が痛くなるのは歯の接触グセが原因かもしれません

歯が常に接触していることにより入れ歯の床を通じて上顎が軽い力で圧迫を受け続けます。すると上顎部分に血液が行かず終始刺激が加わります。その結果、痛みに過敏になり、その状態で食事で噛むとさらに負担がかかるため痛みが生じやすくなります。

 

歯の接触を意識してしないようにしましょう

このような患者さまの場合、食事以外は入れ歯を外して過ごされている方がおられます。こうすることで食事以外で上顎への圧迫を避けることができ、痛みをコントロールできます。しかし、常に歯の接触を避けることを意識すれば痛くなくなる可能性が高いため、入れ歯を入れたときに歯が接触していないか一度確認してみてください。

梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.歯ぎしりや食いしばりで歯が欠ける

2.ラシャスリップス(Luscious Lips)をスタッフが使ってみました

3.マイクロスコープを使った歯周病治療など(NHK例会)に参加しました

4.歯の神経を残すには虫歯の初期治療が重要です

5.銀歯で天然の歯が傷ついているかもしれません

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

歯ぎしりや食いしばりで歯が欠ける

歯ぎしりや食いしばりが軽い力であっても、それが毎日積み重なるとその影響は大きなものになります。そうならないためにも普段から歯ぎしりや食いしばりをしないことを意識することが大切です。

 

せっかく治療をした被せ物が壊れます

被せ物に負荷がかかり続けると被せ物が外れやすくなったり、欠けたりします。また被せ物が傷んだ箇所は虫歯にもなりやすく、被せ物が大きくなればなるほどこのリスクも大きくなります。

 

歯の表面(エナメル質)にヒビが入ります

軽い力でも毎日積み重なると歯の表面(エナメル質)が痛んで細かいヒビが入ることがあります。力が集中しやすい歯の根元近くは特に歯の表面(エナメル質)が傷んでしまいます。エナメル質が欠けることで中の象牙質がむき出しになると、知覚過敏や虫歯にもなるため注意が必要です。

 

力の強い歯磨きで歯が削れます

力を入れて歯磨きをすると歯が少しずつ削れていきます。軟らかい歯ブラシで丁寧に歯磨きをすることを心掛けましょう。

梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.ラシャスリップス(Luscious Lips)をスタッフが使ってみました

2.マイクロスコープを使った歯周病治療など(NHK例会)に参加しました

3.歯の神経を残すには虫歯の初期治療が重要です

4.銀歯で天然の歯が傷ついているかもしれません

5.お酒(アルコール)で虫歯菌は死にません

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

ラシャスリップス(Luscious Lips)をスタッフが使ってみました

塗るヒアルロン酸で話題のラシャスリップス(Luscious Lips)を当院スタッフ使ってみました。ラシャスリップス(Luscious Lips)は唇にも科学に裏付けされたアンチエイジングセラピーをテーマに開発されています。

 

ラシャスリップス(Luscious Lips)の特徴は下記の通りです。

1.特許取得済みの協力なコラーゲンブースターが、唇と口周りの小じわを目立たなくします

2.唇を引き締めて色調を整え、輪郭をしっかり際立たせます

3.唇を保護するビタミンを配合しています

4.潤いを取り戻し、すぐにぷっくりとなめらかな唇にします

5.刺激感やかゆみが無く、使用直後から唇をボリュームアップさせ、立体的な厚みを出します

6.潤いをキープし保湿作用を高めます

 

4週間程使い続けることで、若々しくぷっくりとした唇が手に入るみたいなのでしばらく使い続けてみようと思います。ご興味ある方はぜひスタッフまでお問合せください☆

梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.マイクロスコープを使った歯周病治療など(NHK例会)に参加しました

2.歯の神経を残すには虫歯の初期治療が重要です

3.銀歯で天然の歯が傷ついているかもしれません

4.お酒(アルコール)で虫歯菌は死にません

5.キシリトールガムは虫歯予防に効果があるか?

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

歯磨きも治療の1つです

毎日の歯磨きがお口の健康のために大切であることは多くの人にご理解いただいていると思います。最近では男女問わず、ランチ後に歯磨きをする人が増えてきており健康意識が高まっています。

 

歯磨きは健康維持だけでなく、健康を回復できます

歯磨きといえばお口の健康維持にかかせないイメージがありますが、健康を回復することもできる素晴らしいものです。言い換えれば歯磨きは治療の1つであるともいえます。歯ぐきが炎症している歯肉炎や歯周炎の場合でも適切に歯磨きをおこなうことで、これらの症状が改善していくのです。

 

歯周病で歯ぐきが痛いときの歯磨き方法

歯磨きをする時に汚れをしっかりと落とそうとして力強くゴシゴシと磨く方がいらっしゃいます。このような歯磨きでは歯ぐきを傷付けてしまうため、歯ブラシを優しく持ち、軽い力で磨いてあげることが大切です。また、歯と歯ぐきの間や歯と歯の間に汚れが溜まりやすいため、そこに歯ブラシが入ることを意識して歯磨きをするようにしましょう。

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、歯周病に関する記事はこちら☆

1.歯周病を予防していつまでも健康なお口でいるために

2.マイクロスコープを使った歯周病治療の勉強会に参加しました

3.日本人の歯周病の状況について(年齢別)

4.歯のぐらぐらは牛乳では治りません(歯周病を治療する)

5.歯周病は全身の病気に影響するか?

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:歯周病

入れ歯の違和感がなくなるには忍耐と努力が必要です

入れ歯がすぐに違和感なく噛めることはありません

歯がなくなるとインプラントやブリッジで治療をしますが、一つに入れ歯という選択肢もあります。しかし、入れ歯は「義歯」とも書き「義」という文字は「まがい物」という意味です。そのため入れた日から違和感なく天然の歯と同じように噛めることはまずありません。虫歯を削り仮詰めの状態が気になって、舌で触り続けた経験はありませんでしょうか。小さな違和感でさえ気になるものなのに、入れ歯が気にならないわけがありません。

 

当たり前ができなくなるつらさ

噛むということは普段何も考えなくてもできるものです。これまで出来ていた食事がひと噛みひと噛み恐る恐るするようになると、どれだけストレスを感じるかは言うまでもありません。いつまでも楽しく食事ができるよう入れ歯のない生活を目指しましょう。

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、インプラントに関する記事はこちら☆

1.安心・納得のインプラント治療

2.インプラントの検査や手術について

3.インプラント治療の成功率はどれくらい?

4.入れ歯の噛み合わせの不満をインプラントで解消しましょう

5.インプラントで入れ歯を固定する

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:インプラント

矯正治療になる前に子どもの歯並び予防

矯正治療の前に日常生活を改善しましょう

近年、歯がデコボコに並ぶ歯並び不全(叢生)や下顎が後ろに下がることによって深く噛み込む過蓋咬合といった状況が乳歯に目立ちます。このような状態は永久歯でも同じような歯並びになるリスクが高くなります。しかし、乳歯時代から努力することで改善する可能性もあるため、まずは日常生活を見直すようにしましょう。

 

歯並び不全(叢生)は良く噛むことで予防できます

歯がデコボコに並ぶ歯並び不全(叢生)の原因は顎の発育不足です。顎の発育には噛むことが大切になり、良く噛むような食事を日頃から心掛けるようにしましょう。

 

過蓋咬合は日頃のクセを見直しましょう

過蓋咬合は下顎が後ろに下がることによって深く噛み込む状態です。これは下唇を吸ったり・噛んだりや、特に集中力のある子どもで下唇を硬く引き結び黙々と作業するような場合、多くが過蓋咬合になるため要注意です。

 

ひと口30回を目安にしっかりと噛みましょう

しっかりと噛むことでその力が顎の骨に伝わり、顎の骨が大きく育ち叢生や過蓋咬合の解消につながります。また食事中の姿勢を綺麗にすることで噛む力が顎の骨に伝わり易くなり噛む効果がより高くなります。

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.矯正治療における保定装置の大切さ

2.おとなの矯正(子どもの矯正と違うところ)

3.歯をきれいに魅せる矯正治療

4.部分矯正の実習をおこなう勉強会に参加しました

5.インビザラインでマウスピース矯正をした症例のご紹介

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

歯周病を予防していつまでも健康なお口でいるために

歯周病治療のカギはご自身でのケアです

歯周病の治療は自分自身でプラーク(歯垢)をしっかりと落とせるよう、ケアの方法を学ぶことです。なぜなら歯医者で治療をしても、患者さまのプラークコントロールが不十分であれば再発してしまい、治療と再発の繰り返しになるからです。

 

歯周病で失った組織は再生療法も可能です

歯周病で失った組織は再生療法による回復することが可能です。しかし歯周病の状態によっては歯を抜歯しなければならなくなります。その場合、インプラントや入れ歯、他の歯と連結させるブリッジ治療をおこなうことで、不自由が生じないようにします。

 

まとめ

歯医者で歯周病治療が終わったとしても、定期検診(メンテナンス)をしていくことが大切です。何歳になってもご自身の歯で美味しく食事ができれば嬉しく思います。

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、歯周病に関する記事はこちら☆

1.マイクロスコープを使った歯周病治療の勉強会に参加しました

2.日本人の歯周病の状況について(年齢別)

3.歯のぐらぐらは牛乳では治りません(歯周病を治療する)

4.歯周病は全身の病気に影響するか?

5.歯科衛生士の勉強会にてプラークコントロールについて講演しました

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:歯周病