歯の矯正装置の種類と特徴

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

歯の矯正装置には様々なものがあります

歯の矯正装置といえば少し前までは笑うと金属のワイヤーが見えるものが主流でしたが、現在では様々な矯正装置が存在します。ここではその装置の紹介とメリット・デメリットをお話ししたいと思います。

金属ブラケット

歯の表側に金属のワイヤーとブラケットを取り付けて矯正をする装置です。メリットは、金属は丈夫なため様々な症状に対応することができ、また他の矯正装置に比べて安価であることが挙げられます。デメリットは金属が非常に目立つことです。

 

審美ブラケット

白の目立ちにくいブラケットを使用します。メリットは金属ブラケットと同様に様々な症状に対応できるのと、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけることです。デメリットは金属ブラケットに比べて費用は高くなります。

 

裏側矯正(リンガル矯正)

歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着して矯正します。メリットは他の人に気付かれにくい矯正であるということです。デメリットは歯の裏側に矯正装置があるため食事や発音がしにくい場合があるのと、表側矯正に比べて費用が高くなる点です。

 

ハーフリンガル矯正

表側矯正と裏側矯正を組み合わせた矯正で、上の歯は裏側に下の歯は表側に矯正装置を付けます。メリットは上の歯は人から見えやすいため矯正装置を裏側に付けていると目立ちにくいという点や、全て裏側矯正をするに比べて費用が安くなるということです。デメリットは表側矯正に比べて費用が高くなります。

 

マウスピース矯正

透明なマウスピース(インビザライン)で矯正をします。メリットはマウスピースが薄くて透明なため他の人に気付かれにくいという点や、食事や歯磨きの際には取り外しが可能なので違和感を感じることはありません。デメリットは装着時間をきちんとご自身で守る必要があることと、適応できる症状が限定される点です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。人前に良くでられる方には目立たない矯正が良いと思いますし、費用が安いことが最重要項目であれば金属ブラケットという選択もあります。まずは主治医にご相談の上、どのような矯正が良いのかお話ししてみてください。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.矯正治療中の食事で気を付けたいこと

2.大阪|梅田で短期間で矯正治療をお考えの方にインビザラインの矯正治療

3.大阪の歯医者が考えるインビザラインで八重歯の矯正

4.部分矯正と全顎矯正の比較

5.裏側矯正(リンガル矯正)で誰にも気付かれずに綺麗な歯並びを

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

綺麗な歯になるセラミック治療とは

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

セラミックの利点について

虫歯を削ったあとの被せ物はできれば白い方が良いというのは誰もが思うのではないでしょうか。白い被せ物で最も綺麗にできるのがセラミックですが、どうしても費用面では高くなってしまいます。セラミックを選ぶメリットとしてまず挙がるのは、なんといっても天然の歯と変わらない色や形を再現できる点にあります。審美性においては抜群です。次に、金属を使わないため金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。また、保険治療の被せ物に比べて耐用年数も長いのが特徴です。

 

まとめ

保険治療でやれる事は限られており、虫歯の再発を繰り返すといつかは抜歯になってしまいます。当院のカウンセリングではメリットとデメリットも含めた治療のお話しをさせていただきますので、気になる方は一度ご相談ください。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.治療をした銀歯の中にも虫歯ができる!?

2.大阪の歯医者が教える歯周病という病気について

3.健康寿命の延伸と歯のケアは密接に関係しています

4.歯周病についてSPTに至らなかった症例を考察する(NHK例会)

5.口臭の元「臭い玉」が出来る原因と取る方法

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:審美治療

治療をした銀歯の中にも虫歯ができる!?

治療をした歯も虫歯になります

虫歯治療をしてもその被せ物の中でさらに虫歯になることはあります。歯医者で治す虫歯の実に70%は虫歯の再発による治療です。この虫歯の再発は銀歯やレジン(プラスチック樹脂による治療)のあとによくできます。接着剤によるくっついた銀歯やレジンは使い続けることで少しずつ劣化し、凹凸ができます。そこにプラーク(歯垢)や細菌が入り込むことで虫歯になるのです。

・銀歯の中を開けると

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

・中は黒く虫歯になっています

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

 

虫歯の再発を防ぐために

虫歯が再発する主な原因は詰め物や被せ物の劣化によるためです。そこで劣化しにくいセラミックや金であれば、虫歯が再発するリスクを減らすことができます。セラミックや金は素材自体の寿命が長く、また接着の効果も優れています。さらにセラミックや金は汚れが付着しにくいという特徴もあるため、清潔な状態を維持しやすいです。一方でこれら素材は保険が適用されないため費用が高くなってしまうことが欠点であるといえます。

 

まとめ

虫歯が再発するとさらに歯を削る必要があり、それを何度か繰り返すとやがては抜歯になります。抜歯後はインプラントなどの高額な治療になるため、虫歯の再発しない良いお口の環境を保つようにしましょう。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.大阪の歯医者が教える歯周病という病気について

2.健康寿命の延伸と歯のケアは密接に関係しています

3.歯周病についてSPTに至らなかった症例を考察する(NHK例会)

4.口臭の元「臭い玉」が出来る原因と取る方法

5.ダイレクトポンディング法などの講演会に参加しました

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

矯正治療中の食事で気を付けたいこと

梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

インビザラインのマウスピース矯正では食事の際に取り外しが可能なので食事へのストレスを感じることはありませんが、ワイヤー矯正では食事に何かと気を使うことが必要になります。

 

矯正装置を壊すリスクのある食べ物を避ける

粘りの強いものや矯正装置にくっつきやすい食べ物は控えた方が良いです。例えばキャラメルやお餅、ガムなどは装置にへばりつくばかりか、細かくくっつくことで清掃面でも良くありません。

 

矯正装置を着色する食べ物

矯正装置に樹脂が使われている場合には着色してしまうことがあります。特に透明の樹脂でできているブラケットなどがそれにあたります。着色するリスクが高い食べ物にはカレーやキムチ、赤ワインやコーヒーなどが挙げられます。

 

矯正装置に挟まりやすい食べ物

矯正装置に食べ物が挟まると不快に感じるばかりか、虫歯の原因にもなります。そのため、麺類や細い繊維のある食べ物(ほうれん草やアスパラガス等)を食べる際には注意が必要です。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.大阪|梅田で短期間で矯正治療をお考えの方にインビザラインの矯正治療

2.大阪の歯医者が考えるインビザラインで八重歯の矯正

3.部分矯正と全顎矯正の比較

4.裏側矯正(リンガル矯正)で誰にも気付かれずに綺麗な歯並びを

5.目立たないインビザラインのマウスピース型矯正

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

大阪|梅田で短期間で矯正治療をお考えの方にインビザラインの矯正治療

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

歯並びが気になるが長い期間の治療ができない。人前に出る機会が多いので早く矯正治療を終わらせたい。このような要望のある方は、透明なマウスピース型矯正のインビザラインとオルソパルス(オーソパルス)の光加速矯正がオススメです。

 

光が細胞を活性化させ、歯をスムーズに動かします

オルソパルス(オーソパルス)の近赤外線光を歯ぐきに当てることで、細胞が活性化され歯がスムーズに動き、また痛みを軽減することができます。

矯正治療は骨や細胞に負荷がかかることで、細胞の働きが弱った状態になります。しかし細胞にオルソパルス(オーソパルス)の近赤外線をあてると細胞中のミトコンドリアが活性化し、歯をスムーズに移動させ治癒しようするのです。

光加速はすでに他の医療の分野で応用されており、外傷を負った箇所に光をあてると治癒効果が活性化され短期間で完治することができます。

オルソパルス(オーソパルス)はこれを矯正治療に応用したものであり、インビザラインと合わせることで矯正治療の結果をより良いものとします。

 

オルソパルス(オーソパルス)の使い方

オルソパルス(オーソパルス)は上顎と下顎に5分ずつ(合計10分)口にくわえて待つだけです。これは日常生活の合間に簡単にできるものと思います。

オルソパルス(オーソパルス)を使うと、通常の矯正であれば2年~3年かかるものが1/3程度に短縮されるという研究結果も出ており、「矯正期間を短くしたい」「矯正治療の痛みを和らげたい」というかたは一度ぜひご相談ください。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.大阪の歯医者が考えるインビザラインで八重歯の矯正

2.部分矯正と全顎矯正の比較

3.裏側矯正(リンガル矯正)で誰にも気付かれずに綺麗な歯並びを

4.目立たないインビザラインのマウスピース型矯正

5.大阪の歯医者がオススメするインビザライン矯正の痛みについて

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

大阪の歯医者が教える歯周病という病気について

梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

歯周病は歯を失う原因の第一位であるといわれています。またギネスブックでは「世界で最も患者が多い病気」として歯周病が取り上げられています。そこで今回は、歯周病はどのように進行するのか?歯周病ケアのポイントをご説明したいと思います。

 

歯周病の進行状況

歯周病はその進行状況によって、次の4つに分類されます。

1.歯肉炎

歯ぐきの炎症だけが起きている状態です。歯の周りのプラーク(歯垢)を丁寧に取り除き、正しい歯磨きもすることで状態が回復します。

 

2.軽度歯肉炎

歯肉炎の状態から歯ぐきがさらに腫れ、歯を支える骨が破壊されなくなっていきます。この場合もプラーク(歯垢)・歯石の除去と、正しい歯磨きで治療をおこないます。

 

3.中等度歯周炎

歯周ポケットに炎症が広がり、歯を支える骨がさらに破壊されることで歯がぐらつき、膿が出る場合があります。この状態になると必要に応じて外科手術が必要となります。

 

4.重度歯周炎

歯を支える骨がほとんどなくなり、歯が抜け落ちるのは時間の問題です。こうなると歯の保存は難しく抜歯となります。

 

歯周病セルフチェック

歯周病はほぼ自覚症状がなく進行していきます。そのため歯周病を予防するためには、初期のサインを見逃さず早期発見できることが大切です。

〇歯磨きをした時に歯ぐきから血が出る

〇歯ぐきの色が赤い

〇朝起きると口の中がネバネバする

〇歯の間に食べ物がよく挟まる

〇歯ぐきが痩せてきた気がする

〇歯ぐきを押すと血が出る

〇歯がグラつく

〇冷たいものが歯にしみる

〇口臭が気になる

これらの内、1つでも気になればお近くの歯医者に受診してください。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.健康寿命の延伸と歯のケアは密接に関係しています

2.歯周病についてSPTに至らなかった症例を考察する(NHK例会)

3.口臭の元「臭い玉」が出来る原因と取る方法

4.ダイレクトポンディング法などの講演会に参加しました

5.不正咬合のオープンバイト(開咬)について講演をしました

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:歯周病

大阪の歯医者が考えるインビザラインで八重歯の矯正

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

八重歯で人目を気にして自身が持てない、性格も後ろ向きになってしまう。このような方はインビザラインなどで矯正をすれば八重歯は綺麗に治ります。八重歯が治れば人とコミュニケーションをとることが楽しくなり、人生も明るくなります。

 

八重歯の治し方

八重歯になる原因として多いのは、口が小さいため歯が並びきらないということです。そのため、インビザラインなどで矯正をする前には次のことをする必要があります。

1.歯の本数を減らす、2.歯の大きさを小さくする、3.口を大きくする

これらをした後、矯正で歯並びを整えれば綺麗な歯になることができます。実際の治療ではこれら3つを組み合わせておこなう場合が多いです。

 

歯を抜いて(抜歯)矯正をするのは気が引ける

たしかに、歯を抜いて(抜歯)矯正をすることに関しては消極的になられる方がおられます。八重歯の程度がきつくなければ抜歯をする必要はありませんが、八重歯の程度がきつい場合に抜歯をせずに矯正をすると、歯を並べるスペースを確保するため前歯が出る格好になってしまいます。これでは、せっかく矯正をしたのにかえっておかしい状態になります。そのため、抜歯は八重歯の程度によっては必要な治療となります。

 

まとめ

八重歯は矯正で綺麗な歯並びになります。気になる方はお気軽にお問合せください。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.部分矯正と全顎矯正の比較

2.裏側矯正(リンガル矯正)で誰にも気付かれずに綺麗な歯並びを

3.目立たないインビザラインのマウスピース型矯正

4.大阪の歯医者がオススメするインビザライン矯正の痛みについて

5.矯正治療中にクリーニングをしたほうが良い理由

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

健康寿命の延伸と歯のケアは密接に関係しています

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

歯のケアはQOLの向上に欠かせません

QOLとは「Quality of Life」の略で、生活の質という意味を持ちます。それでは、歯のケアとQOLはどのような関係があるのでしょうか。自分の歯が20本以下になると、食事が不自由になる、表情が暗い、会話がしにくいなどの要因からQOL(生活の質)が著しく下がってしまいます。そのため、80歳で歯を20本以上残すということはQOLを維持・改善していくのにとても重要です。

 

歯だけでなく、お口全体の健康がQOLの向上に重要です

お口の筋力が低下すると食べ物を噛むことができなくなり、飲み込む機能が低下すると食べ物を飲み込めなくなってしまいます。すると食欲が落ち、栄養状態も悪くなることでさらにお口の機能が低下してしまうという悪循環を招きます。そのためお口の健康もQOLと密接に関係しているのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。お口や歯の健康があなたの生活の質を上げる大きな要因となることをご理解いただけたでしょうか。いつまでも笑顔で生活できるよう、素敵なお口でいることを心掛けましょう。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.歯周病についてSPTに至らなかった症例を考察する(NHK例会)

2.口臭の元「臭い玉」が出来る原因と取る方法

3.ダイレクトポンディング法などの講演会に参加しました

4.不正咬合のオープンバイト(開咬)について講演をしました

5.すぐ虫歯になる子どもは歯が弱い?

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

部分矯正と全顎矯正の比較

梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

全顎矯正はその名前の通り、全ての歯を動かす矯正です。一方で部分矯正とは一部の歯だけを動かす矯正です。前歯の歯並びだけが気になる場合は部分矯正での治療になります。しかし「気になるところだけ矯正」というのは「気になる歯だけ矯正」ではありません。対象の歯を動かすスペースを作り出すために、隣の歯を動かす必要も出てくるので注意が必要です。

 

部分矯正のメリット

部分矯正のメリットは治療期間の短縮と費用を抑えられるということです。また矯正する範囲が狭いので、会話や食事への影響も少なく済みます。

 

部分矯正のデメリット

部分矯正のデメリットは矯正の自由度が低いということです。また全額矯正に比べ噛み合わせの改善は期待できません。部分矯正箇所の症状が著しい方には矯正治療後の完成度が下がってしまう場合もあります。

 

全顎矯正のメリット

全顎矯正のメリットは歯並びを綺麗にするだけでなく、噛み合わせも理想の形にできることです。噛み合わせが悪いと特定の歯に負担がかかるため、破折などのリスクが高くなってしまいます。そのため全顎矯正は歯の寿命を延ばすという点でも有効な治療です。

 

全顎矯正のデメリット

全顎矯正のデメリットは費用が高くなるということと、矯正範囲が広くなるため治療期間が長くなるということです。費用面・治療期間に制約がない方には全顎矯正がオススメです。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.裏側矯正(リンガル矯正)で誰にも気付かれずに綺麗な歯並びを

2.目立たないインビザラインのマウスピース型矯正

3.大阪の歯医者がオススメするインビザライン矯正の痛みについて

4.矯正治療中にクリーニングをしたほうが良い理由

5.インビザライン矯正の実績がある大阪の歯医者

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

裏側矯正(リンガル矯正)で誰にも気付かれずに綺麗な歯並びを

大阪・梅田の歯医者 歯周病 カツベ歯科クリニック

裏側矯正(リンガル矯正)とは

歯の裏側にワイヤーを通して矯正する方法を裏側矯正(リンガル矯正)と呼び、最も気付かれにくい歯の矯正治療であるといえます。口を開けた時に見えることがないため、芸能人やモデルの方もよくやられている矯正方法です。しかし歯の表側にワイヤーを通す方法と比べて費用も高くなるため、治療をするには十分な検討が必要です。

 

ハーフリンガル矯正

ハーフリンガル矯正とは上の歯の裏側にワイヤーを通し、下の歯には表側にワイヤーを通す矯正方法です。笑ったときや会話をしている時は、上の歯がよく目立つため特性を活かした治療法であるといえます。またこの治療方法では、上下とも裏側矯正(リンガル矯正)にする場合と比べて費用の面でも安く抑えることができ、会話の際に舌がワイヤーに触れることもないため違和感を感じにくいことがメリットであるといえます。できるだけ費用を抑えて目立たない矯正をしたい方にはオススメです。

 

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.目立たないインビザラインのマウスピース型矯正

2.大阪の歯医者がオススメするインビザライン矯正の痛みについて

3.矯正治療中にクリーニングをしたほうが良い理由

4.インビザライン矯正の実績がある大阪の歯医者

5.オルソパルス(オーソパルス)でインビザラインのスピード矯正

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正