歯がない場合の治療はインプラントか?ブリッジか?

歯がない箇所を補う方法として、インプラントやブリッジ、入れ歯が考えられますが、今回は皆さんが迷われると思うインプラントとブリッジでの治療の比較を考えてみたいと思います。

 

ブリッジとは

ブリッジは歯がない両端を支台歯として、橋を架けるように被せ物を装着します。支台歯が両端に必要となり、健康な歯を支台歯のために削ってしまうと、その歯自身の寿命が短くなるなどのデメリットがあります。メリットは保険が効くため安価に治療が可能です。

ブリッジ カツベ歯科クリニック

 

10代~20代の若い人が歯を失った場合はインプラントが良い

若い人が歯を失った場合は年配の方と比較して、周りの歯は比較的健康です。そのため、ブリッジでの治療を選択すると健康な歯を削るケースが多くなり、結果削った歯が将来ダメになるという状況が想定されます。

そのため周りの歯にダメージを与えず治療ができるインプラントがとても有効です。これからの長い人生、せっかくの良い歯を削らずできるインプラント治療は大きなメリットであるといえます。

 

まとめ

歯を失った場合、その人の年齢やお口の状況によって最適な治療方法は様々に違います。お悩みのある方は一度当院にカウンセリングにお越しください。

 

☆その他、インプラントに関する記事はこちら☆

1.前歯のインプラントで歯が綺麗を実現します

2.奥歯のインプラント治療をする際の注意点

3.前歯のインプラント治療をする際の注意点

4.インプラントブリッジで前歯を治療した症例

5.前歯のインプラントを審美的に治療をした症例

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:インプラント

前歯を審美的に治療をした症例について講演をしました

2月16日(金)の診療後に大阪市中央区にある株式会社LAZARUSにて、当院の歯科医師・歯科技工士で歯科の勉強会(NHK-B)に参加しました。

今回は当院 歯科医師の谷口より「前歯を審美的に治療をした症例」について講演をしました。

前歯を審美的に治療をするには、被せ物をセラミックにしたり矯正治療をすることが最もですが、治療後にブラックトライアングルといって歯肉が下がり、歯間が開くと黒い三角形に見える状態にならないように歯ぐきの形態にも気を付ける必要があります。

カツベ歯科クリニック

その他、インプラントを用いた入れ歯のAGCについてや、歯科技工士の方からは被せ物を審美的に作製したステイン法で対応した症例を発表いただきました。

カツベ歯科クリニック

とても勉強になった有意義な時間でした!

歯が綺麗になったと喜んでいただける方を一人でも多く増やすために、これからも研鑽してまいります。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.上下の歯がいつもさわっていたら危険です

2.歯を綺麗にするために知っておきたいポイント

3.歯科助手の働き方について講演をおこないました

4.歯科予防と根幹治療について講演をおこないました

5.インフルエンザ予防に歯磨きは効果的!?

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:活動内容報告

上下の歯がいつもさわっていたら危険です

上下の歯がいつもさわっていることが当たり前になっていたら危険です。唇を閉じていても上下の歯の間には隙間が出来ていることが通常であり、そうでない場合は歯も噛む筋肉も疲労してきます。

 

食いしばりと歯のせっしょく

「食いしばりをしていませんか?」と聞くと「していません」と答えられるのですが、「今、上下の歯がさわっていませんか?」と聞くと「歯はいつもさわっているものではないのですか?」と言われる方もいます。

実際は安静時、歯と歯はさわっていないのが通常であり、上下の歯が瞬間的に接触する時間を計測しても20分程度であると言われてます。

 

歯がせっしょくしていることの弊害

このようなクセがあると通常の働きを超える負荷が歯や歯の周りの組織にかかることになるため、顎関節症や噛み合わせの違和感にとどまらず、エナメル質を傷めることによる虫歯や歯周病、さらには歯を支える骨さえも溶けてしまうのです。

 

まとめ

歯が常にせっしょくしていると様々な弊害が出てきます。まずは原因を把握してそれを取り除くことを一緒に考えていきましょう。

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.歯を綺麗にするために知っておきたいポイント

2.歯科助手の働き方について講演をおこないました

3.歯科予防と根幹治療について講演をおこないました

4.インフルエンザ予防に歯磨きは効果的!?

5.お歯黒は歯周病や口臭予防にもなっていた!?

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

おとなの矯正(子どもの矯正と違うところ)

おとなの矯正治療と子どもの矯正治療とでは治療内容に少し違う点があります。その中でも特に質問に出るのが抜歯についてです。

 

子どもの顎の骨は矯正装置で拡大する

成長過程にある子どもの場合は、歯を並べるスペースが足りない場合でも矯正装置であごの骨を拡大しながら歯を移動させます。そのため、抜歯をせずに歯が綺麗に並ぶケースが多いのです。

 

おとなは骨が完成しているため抜歯が必要

一方、おとなの場合は骨が完成してしまっているため顎の骨を広げることが難しくなります。そこで、歯がきれいに並ぶスペースを作り出すために抜歯が必要になってきます。

 

歯を抜かずに治療をするとどうなるか

当然ながら抜歯せずに治療ができれば最高です。しかし、歯を抜かずに無理に並べようとすると歯をグッと外側に広げる必要があります。

すると前歯が前にせり出してしまい、せっかく歯が綺麗に並んでもそれでは台無しです。そのため歯を並べるスペースがない場合には、抜歯をすることが大切です。

 

おとなと子どもの矯正治療でその他異なる点

その他、おとなの矯正治療の特徴として挙げられるのは、「歯の移動距離が子どもの矯正治療よりも限られている」「歯の移動がゆっくりで治療期間が子どもより長くなる」「あごの骨の形を変えるためには手術が必要となる」などが考えられます。

 

まとめ

おとなと子どもでは治療内容にいくつか違う点があることをご紹介しました。歯並びでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.歯をきれいに魅せる矯正治療

2.部分矯正の実習をおこなう勉強会に参加しました

3.インビザラインでマウスピース矯正をした症例のご紹介

4.歯が失われている場合の矯正治療について学びました

5.ミニインプラントを用いた矯正の勉強会に参加しました

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

歯を綺麗にするために知っておきたいポイント

皆さんが歯を綺麗にするために意識していることは何でしょうか。

歯がきれいになるためには、常日ごろからのケアがとても大切です。歯磨きはもちろん、食べる食べ物によっても歯が綺麗になるかが変わります。またタバコは吸う人の悪影響も考えることが重要です。

 

歯が汚れる原因とは

歯を綺麗にしても原因を取り除いていなければすぐに汚れてしまいます。ここでは歯が汚れる原因をご紹介します。

食べ物に含まれている色素

ぶどうやチョコレート、緑黄色野菜や緑茶に含まれているポリフェノールは歯に色が付く原因となります。

他にも歯に色が付きやすい食べ物がありますが、栄養の偏りがあっては健康に影響がありますので、重要なのは食後の正しい歯磨きです。

 

タバコに含まれるヤニ

タバコの葉が燃える際に出るヤニは、粘着性のある非常に着色しやすい物質です。タバコのヤニは歯の表面に影響があるだけでなく、歯ぐきの色もくすんでしまいます。

長期にわたり蓄積されたヤニは歯磨きでは簡単に落とせないため、プロによるクリーニングが必要です。

 

歯が綺麗になる歯磨きの方法

歯がきれいになるためには正しい歯磨きをすることが大切です。

歯ブラシを歯や歯ぐきの境目に当てる

歯の汚れは歯と歯の間や歯ぐきに溜まります。そのため歯ブラシを適切に当てる必要があるのですが、力を入れすぎるとかえって細かい箇所に毛先が入りません。

歯ブラシは力を入れず軽く持ち、1~2本ずつ細かく動かしながら磨いてください。なんとなく磨いているだけではどこかに汚れが残ってしまいます。

 

プラーク(歯垢)が残りやすい場所を丁寧に磨く

舌で触ったところにザラザラした感触があればプラーク(歯垢)がたまっている証拠です。

歯と歯ぐきの境目は歯ブラシを45度の角度で当てると隙間の汚れが落としやすく、虫歯や歯周病のリスクを下げることができます。

 

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用する

歯磨き粉の中にはホワイトニング効果のあるものがあります。使い続けることで歯の汚れを落とすだけでなく、白さも増すので歯を綺麗にしたい方にはオススメです。

当院では歯医者専用のホワイトニング効果のある歯磨き粉も用意していますので、歯をきれいにしたいという方は一度ご相談ください。

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.歯科助手の働き方について講演をおこないました

2.歯科予防と根幹治療について講演をおこないました

3.インフルエンザ予防に歯磨きは効果的!?

4.お歯黒は歯周病や口臭予防にもなっていた!?

5.より良い歯科医療提供のため、スタッフ全員で会議をしました

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

歯科助手の働き方について講演をおこないました

2月14日(水)の診療後に歯科衛生士と歯科助手の勉強会(papillon)に参加しました。

今回は当院より歯科助手の鈴木が、デンタルアシスタントスタディーグループという歯科助手の勉強会に1年間参加した内容を発表しました。

初めは歯科助手の仕事ができないから勉強会に行かされたと思っていた鈴木ですが、参加し続ける中で歯科助手の仕事を好きになってほしいという院長の思いをくみ取ることができ、とても前向きに取り組むことができました。

患者さまの歯が綺麗をお手伝いできるように、これからも研鑽していきたいと思います。

カツベ歯科クリニック カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.歯科予防と根幹治療について講演をおこないました

2.インフルエンザ予防に歯磨きは効果的!?

3.お歯黒は歯周病や口臭予防にもなっていた!?

4.より良い歯科医療提供のため、スタッフ全員で会議をしました

5.診査診断を正確にするカウンセリング




~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:活動内容報告

歯科予防と根幹治療について講演をおこないました

診療後にスタディーグループのNHK例会へスタッフ全員で参加しました。

今回、当院からは歯科衛生士の金川と歯科医師の谷口が発表しました。

まずは歯科衛生士 金川が「予防」について発表です。

カツベ歯科クリニック 

痛くなったから歯医者にいくのではなく、良い状態の人を生涯ずっと良い状態に保つことが予防の概念です。

歯医者の本質としてそうあるべきであり、そのためには患者さまの協力も多々必要になります。

研修で学んだことも色々紹介していただき、ありがとうございました。

 

続いて、歯科医師 谷口が「歯内治療」について発表しました。

カツベ歯科クリニック

歯内療法の成功率は海外では90%程なのに対し、日本では50%程度に留まっています。

歯内療法の成功率を上げるには無菌で治療をすすめることで、ラバーダムを使用することが大切だと言えます。

しかし日本は歯内療法に対する報酬が少なく、かけられる費用もおのずと少なくなっているため良いとされている治療が満足におこなわれていないのが現状です。

これから先、歯科界もより良くしていければと思います。

 

本日も100名を超える参加者の中、とても勉強になった時間でした。

発表者の方々、ありがとうございました!

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.インフルエンザ予防に歯磨きは効果的!?

2.お歯黒は歯周病や口臭予防にもなっていた!?

3.より良い歯科医療提供のため、スタッフ全員で会議をしました

4.診査診断を正確にするカウンセリング

5.噛み合わせを学ぶ勉強会に歯科衛生士が参加しました

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
【インプラント】梅田カツベ歯科クリニック 大阪駅すぐの歯医者

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:活動内容報告

インフルエンザ予防に歯磨きは効果的!?

インフルエンザ カツベ歯科クリニック 

いつまでも健康で過ごしたいという事は誰もが願うことです。

しかし実は良かれと思ってやっていることや、無意識にやっていることがあなたの健康を害しているかもしれません。

今回はそのような生活習慣を送っていないかチェックして頂くと共に、意識すると簡単に直せることなので参考にしていただければと思います。

<実は不健康になるランキング>
 1位 予防でうがい薬(イソジン)を使う
 2位 歯磨きがすぐ終わる
 3位 口呼吸をする
 4位 加湿器のボトルを洗わない

 

「うがい薬」は風邪予防になると思っていたのに

ヨード液が入っているイソジンなどのうがい薬は風邪予防になると思いますが、実は予防のためのうがいは「水」でしたほうが良いとされています。

それはヨード液に殺菌作用があるため、予防でうがい薬を使うと良性の菌まで殺してしまうことになるからです。

 

インフルエンザの予防にはうがいより歯磨きが有効です

歯医者だから言っているのではなく、こちらも一般的に言われていることです。

口の中には何億もの細菌がいますが、その中でもプロテアーゼという菌は厄介で、インフルエンザウイルスを粘膜に侵入し易くするという働きがあります。

そのため口の中が不潔な状態だとプロテアーゼが増殖し、結果インフルエンザに感染し易くなります。

実際、小学校などできちんと歯磨き指導をおこなったところ、インフルエンザの発症率が減ったという報告もあります。

虫歯予防だけでなく、インフルエンザの予防にもなる歯磨き、より一層口の中を綺麗に保ちたいと思いませんか?

インフルエンザ カツベ歯科クリニック

 

インフルエンザ予防のための歯磨き

それではインフルエンザの予防のための歯磨きとはどのようなものでしょうか。ポイントは次の3点です。

 

朝は起きて出来るだけ早く磨く

朝は口が乾燥していて、最近もいっぱい繁殖しています。

歯磨きやうがいをしないままに朝ごはんを食べると、
ウイルスも一緒に体の中に入ってしまいます。

 

夜は丁寧に磨く

寝ている間は唾液の量も減るため、唾液の殺菌作用が低くなります。寝る前は特に丁寧に磨くことで細菌の増殖を出来る限り防ぎましょう。

歯1本につき20回程、しっかりと磨いて下さい。

 

1ヶ月に1回、歯ブラシを変える

歯を磨く歯ブラシにももちろん細菌が繁殖します。

また毛先が開いてくると、歯の汚れもきちんと落とせなくなります。(新品の歯ブラシと毛先の開いた歯ブラシとでは、歯垢除去率が2倍ほど違うといわれています)

お口の中を健康に保つために、1ヶ月に1回は歯ブラシを交換してください。

 

いかがでしたでしょうか。

少し意識するだけでインフルエンザ予防にもなる歯磨きを、生活の中で活用していただければと思います。

インフルエンザ カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.お歯黒は歯周病や口臭予防にもなっていた!?

2.より良い歯科医療提供のため、スタッフ全員で会議をしました

3.診査診断を正確にするカウンセリング

4.噛み合わせを学ぶ勉強会に歯科衛生士が参加しました

5.虫歯菌が関与しない歯の喪失とは?(摩耗・咬耗・酸蝕症)

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
【インプラント】梅田カツベ歯科クリニック 大阪駅すぐの歯医者

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

前歯のインプラントで歯が綺麗を実現します

欠損している前歯をインプラントにて治療をした症例です。

インプラント カツベ歯科クリニック

インプラント治療後の写真です。

一目見ただけではどの歯を治療したのか、どこにインプラントが入っているのかがわからないと思います。機能面はもちろんですが、審美面も十分に考慮した治療が大切です。

インプラント カツベ歯科クリニック

レントゲン写真でもインプラントが入っていることがわかります。

インプラント カツベ歯科クリニック

前歯の治療は見た目の面でも精度の高い治療が求められます。

ただ噛めるだけの歯ではなく、素敵な笑顔で美味しくご飯を食べていただきたいと思います。

 

☆その他、インプラントに関する記事はこちら☆

1.奥歯のインプラント治療をする際の注意点

2.前歯のインプラント治療をする際の注意点

3.インプラントブリッジで前歯を治療した症例

4.前歯のインプラントを審美的に治療をした症例

5.歯周病が進行した状態からインプラントを用いて治療をした症例

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
【インプラント】梅田カツベ歯科クリニック 大阪駅すぐの歯医者

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:インプラント

お歯黒は歯周病や口臭予防にもなっていた!?

先日に院内勉強会をおこないました。今回は歯科助手より、「お歯黒」について発表してもらいました。

今ではお歯黒をしている人は見かけませんが、昔はお歯黒をつけた女性には独特の妖艶な美しさがあることを強調していました。

また、歯科衛生の発達が十分でなかったため、お歯黒は歯並びや変色を隠すだけでなく、口の悪臭や歯周病などを予防する効果もありました。

カツベ歯科クリニック


初めて聞く話しばかりで、とても勉強になりました。

素晴らしい発表をありがとうございます!

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.より良い歯科医療提供のため、スタッフ全員で会議をしました

2.診査診断を正確にするカウンセリング

3.噛み合わせを学ぶ勉強会に歯科衛生士が参加しました

4.虫歯菌が関与しない歯の喪失とは?(摩耗・咬耗・酸蝕症)

5.診査診断と歯周形成外科治療の勉強会に参加しました

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
【インプラント】梅田カツベ歯科クリニック 大阪駅すぐの歯医者

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき