大阪・梅田で歯並びを綺麗にするならマウスピース矯正

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

近頃話題のマウスピース矯正ですが、まだまだ矯正治療というと金属のワイヤーが歯の表面に張り巡らされているものをイメージする方も多いと思います。ここでは、そのマウスピース矯正について少しでも知って頂ければと思います。

歯科矯正でも目立たない新しい矯正治療

マウスピース矯正は薄くて透明の素材で、歯にフィットする形のため遠目で気付かれることはほとんどありません。一人ひとりの歯の状況に合わせてマウスピースを作成し、治療の進行具合に合わせてマウスピースを交換しながら少しずつ歯を動かして、矯正していきます。

 

自由に取り外しができます

これまでの矯正治療は一度矯正器具を装着すると治療が終わるまで取ることができませんでした。一方で、マウスピース矯正は食事や歯みがきのときにはご自身で自由に取り外しが可能です。

 

金属を使わないため痛みが少ない

マウスピース矯正は金属を使っておらず、唇や頬の粘膜を傷付けて口内炎になるというリスクがありません。また、これまでの金属のワイヤー矯正のように治療中に矯正装置が外れてしまい、緊急で歯医者に行く必要がないことも特徴の一つであるといえます。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.インビザラインのマウスピース矯正で綺麗な歯並びを

2.八重歯もマウスピース矯正で綺麗な歯並びに生まれ変わります

3.大阪梅田の歯医者がオススメするマウスピース矯正

4.マウスピース矯正の注意点とは?

5.マウスピース矯正(インビザライン)で綺麗な歯並び

 

 

 

~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

糖尿病と歯科の関係について講演をしました

7月25日(水)の診療後に大阪市にある株式会社ヨシダにて、当院のスタッフ全員で歯科の勉強会(NHK例会)に参加しました。

今回は歯科衛生士の佐々木より「糖尿病について」、歯科医師の大塚より「前歯部のインプラント治療について」講演をおこないました。

糖尿病は口腔内の健康と密接に関係しています。歯周ポケットの表面積は手のひら程度のサイズがあると言われており、仮に歯周病になるとそれほどの面積に炎症が起こることになります。これは、無視できないほどの炎症のサイズです。

歯周ポケットにある炎症物質はやがて血流に乗り、全身を巡ることになります。この物質が血糖値を下げる働きをするインスリンを効きにくくするのです。そのため、歯周病が悪化すると糖尿病も発症・進行し易くなってしまいます。

糖尿病をお持ちの方は、全身の健康のためぜひお近くの歯医者で歯の治療を受けてください。

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.審美を目的としたセラミック治療の勉強会に参加しました

2.梅田の歯医者で放置した虫歯を治療する

3.糖尿病と歯周病の相互関係について講演をしました

4.初期の虫歯を削らず治す

5.梅田の歯医者で歯周病の予防と対策

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

インビザラインのマウスピース矯正で綺麗な歯並びを

梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

最近話題になっているインビザラインのマウスピース矯正。この矯正が優れているのは、矯正をするために付けているマウスピースにほぼ気付かれないという点です。これまでの矯正といえば、金属のワイヤーが歯の表面に張られているものでしたが、インビザラインのマウスピース矯正では矯正治療中でも見た目が良く、日常生活の支障になりません。

 

マウスピースが気になる場面では外してお過ごしいただけます

さらにこれまでの矯正と異なる点は、自由に取り外しができるということです。人前で仕事をしたり、結婚式などの特別なイベント時でもマウスピースを外して普段通りの口元で過ごしていただくことができます。マウスピースを付けていてもそれほど目立ちませんが、どうしても気になる方はこのような対応も可能です。

 

マウスピースは1日20時間以上の着用が必要です

インビザラインのマウスピース矯正は自由に取り外しができることがメリットの1つですが、一方で1日に20時間以上の着用が必要になります。マウスピースの装着時間が短かったりすると計画通りに歯が動かず、治療期間が延びることになるため意識してマウスピースを装着するようにしてください。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.八重歯もマウスピース矯正で綺麗な歯並びに生まれ変わります

2.大阪梅田の歯医者がオススメするマウスピース矯正

3.マウスピース矯正の注意点とは?

4.マウスピース矯正(インビザライン)で綺麗な歯並び

5.マウスピース矯正(インビザライン)の特徴

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

審美を目的としたセラミック治療の勉強会に参加しました

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

7月20日(金)の診療後に大阪市中央区にある株式会社LAZARUSにて、当院の歯科医師・歯科技工士で歯科の勉強会(NHK-B)に参加しました。

本日のタイトルは「セラミックを用いた前歯部症例」と「プロビジョナルレストレーションの役割」についての勉強会でした。

セラミックは天然の歯と見分けが付かないほど綺麗に仕上げることができますが、自費診療のため費用が高くなることが欠点であると言えます。

しかし保険での治療はまず色が合うことはなく、また時間経過により変色もするため、特に前歯の治療には不向きです。前歯の治療を保険でしてしまうと、心から笑顔を作れないなどのコンプレックスにもなりかねないため、可能な限りセラミックでの治療をオススメします。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.梅田の歯医者で放置した虫歯を治療する

2.糖尿病と歯周病の相互関係について講演をしました

3.初期の虫歯を削らず治す

4.梅田の歯医者で歯周病の予防と対策

5.虫歯治療における詰め物の違いについて

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

八重歯もマウスピース矯正で綺麗な歯並びに生まれ変わります

インビザライン 大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

八重歯をマウスピース矯正で綺麗にしましょう

八重歯は日本ではチャームポイントとして扱われますが、一方で「歯並びが悪い」と印象を持つ人も多くいます。また、欧米ではドラキュラや魔女を連想するので嫌われています。八重歯が引き起こす問題は見た目だけでなく、歯磨きがしにくい場所にもなるため虫歯や歯周病、口臭の原因にもなります。

そんな八重歯は矯正で美しい歯並びに生まれ変わらせましょう。特にマウスピース矯正は他人に気付かれることなく矯正治療を進められるので大変オススメです。若い時は可愛かった八重歯も年を重ねるとどうでしょうか。今のうちに綺麗な歯並びを手に入れましょう。

 

どうしてもマウスピースが気になる場面では取り外せます

マウスピース矯正は矯正をしていることが他の人に気付かれませんが、やはり至近距離で口元を見るとわかってしまいます。もし、人前で仕事をする。結婚式。デートがある。などで気になる場合はマウスピースを一時的に外してください。そうすれば、何も気にすることなく過ごすことができます。

ただし一点気を付けなければならないのが、マウスピースは1日に20時間以上着用することが必要です。これが守られないと計画通りに歯が動かないばかりか、無駄に治療期間が延びてしまいます。綺麗な歯並びを手に入れるためには、やはり努力は必要です。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.大阪梅田の歯医者がオススメするマウスピース矯正

2.マウスピース矯正の注意点とは?

3.マウスピース矯正(インビザライン)で綺麗な歯並び

4.マウスピース矯正(インビザライン)の特徴

5.マウスピース矯正(インビザライン)で歯を綺麗にするメリット

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

梅田の歯医者で放置した虫歯を治療する

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

虫歯を放置するとその進行はスピードアップしていきます

虫歯が出来ているのはわかっているけど、忙しいからなかなか治療に行けないという方も多いと思います。しかし、虫歯を放置すると歯の内部にある神経まで虫歯の毒素が達し、強い痛みと場合によっては頭痛がすることもあります。また、虫歯を放置すればするほど治療をする回数も多くなってしまうため、ひどくなる前に治療をすることが大切です。

 

虫歯が与える全身への影響

虫歯が悪化すると虫歯菌が増殖し、また歯周病にもかかっている可能性も高くなります。虫歯菌が大量にいるということはそこから出る毒素の量も多く、そうなれば当然ながら口臭もきつくなります。さらに、口臭を放ちながら増殖をした菌は口の中だけに留まらず、血流にのって全身にいきわたってしまいます。そうなると、各臓器に異常が生じるようになり生活習慣病のリスクが高まってしまいます。

 

虫歯を放置すると治療費が高くなる

虫歯が初期の段階で治療をすれば小さな被せ物をするだけで済みますが、虫歯が進行し抜歯をよぎなくなったような場合、インプラントや入れ歯など大掛かりな治療が必要です。虫歯を放置すればするほど治療の選択肢も狭まってしまうので、最悪の事態を避けるようなるべく早く歯医者に行ってください。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.糖尿病と歯周病の相互関係について講演をしました

2.初期の虫歯を削らず治す

3.梅田の歯医者で歯周病の予防と対策

4.虫歯治療における詰め物の違いについて

5.マイクロスコープを使った高度治療の講習会に参加しました

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

大阪梅田の歯医者がオススメするマウスピース矯正

インビザライン

見えない矯正として近年もっとも人気があるマウスピース矯正。その人気の秘訣は何と言っても、他の人に矯正中であることが気付かれにくいということです。マウスピース自体は厚さ1mmもない薄くて透明な素材で出来ており、よほど近付いて口元を見ない限り気付かれることはありません。これまでに「矯正はしたいけど、金属のワイヤーが目立つのは気が引ける」とお考えの方には、ぜひオススメしたい矯正治療です。

 

自由に取り外しが可能なためお口を清潔に保てます

ワイヤー矯正と異なり、マウスピース矯正は自由に取り外しが可能です。そのため、食事や歯磨きの際には取り外すことで普段通りに生活することが可能です。食べ物が矯正装置に挟まることはなく、歯磨きも装置に邪魔されず綺麗に磨くことができます。すなわち、虫歯になるリスクがこれまでの矯正治療と比べても格段に低くなっています。

 

1日20時間以上の装着をしてください

インビザラインのマウスピース矯正は1日に20時間以上の装着が必要です。自由に取り外しが可能だからといって、長い期間を装着せずに過ごしていれば計画通りに歯が動かなくなってしまいますので、注意が必要です。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.マウスピース矯正の注意点とは?

2.マウスピース矯正(インビザライン)で綺麗な歯並び

3.マウスピース矯正(インビザライン)の特徴

4.マウスピース矯正(インビザライン)で歯を綺麗にするメリット

5.マウスピース矯正(インビザライン)でよくある質問

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

糖尿病と歯周病の相互関係について講演をしました

7月11日(水)に歯科衛生士と歯科助手の勉強会(NHKパピヨン)に参加しました。

今回は歯科助手の土佐より、糖尿病と歯周病の相互関係について講演をおこないました。

歯周病と糖尿病は日本人の代表的な生活習慣病であると言われています。

また歯周病と糖尿病は密接に関係しており、糖尿病になってしまうと体の免疫機能が低下し歯周病のリスクが高まります。一方で、歯周病になってしまうと歯周病菌が血管を伝って体内に侵入し、その結果インスリンが作りにくくなる体質になることも分かっています。

このように、歯周病と糖尿病はお互いに相互関係にあります。糖尿病が悪化すれば歯周病も悪化しその逆もまたしかりです。

そのため、どちらかを患っている場合は病気をコントロールすることが大切です。歯周病で歯を失ってしまうと、インプラントか入れ歯での治療となるため、そうならない為にもご自身の健康管理にはぜひ気を付けて下さい。

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.初期の虫歯を削らず治す

2.梅田の歯医者で歯周病の予防と対策

3.虫歯治療における詰め物の違いについて

4.マイクロスコープを使った高度治療の講習会に参加しました

5.梅田の歯医者で歯が長持ちする虫歯治療

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

マウスピース矯正の注意点とは?

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

矯正治療で注目を集めているマウスピース矯正

近頃、矯正治療で注目を集めているのがインビザラインのマウスピース矯正です。「薄くて透明で目立たない」「自分で取り外しができる」「痛みや違和感を感じにくい」など様々なメリットがあります。これだけ見ると、マウスピース矯正は非常に優れているように思えますが、注意すべきことももちろんあります。現在、マウスピース矯正で治療中の方でも知っていただきたい内容になっていますので、ぜひ目を通していただければと思います。

 

「取り外し」ができるがゆえの注意点

マウスピース矯正のメリットはシーンに応じて取り外しができることです。歯磨きや食事、人前に出る仕事の際など比較的自由に取り外しができます。しかし、インビザラインのマウスピース矯正は1日の装着時間が20時間以上と決められており、自由に取り外しができるとはいえ注意しなければなりません。「1日くらい外して大丈夫だろう」という気持ちもわからなくないですが、その気の緩みから2日、3日となってしまうものです。そうなれば、当然計画通りに歯は動かなくなります。

 

虫歯のリスクが高まる!?

マウスピース矯正は取り外して歯磨きができるため比較的清潔に保ちやすくなります。しかし、私たちのだ液は虫歯菌を洗い流す働きがあるのですが、それがマウスピースにより遮られてしまうので何も付けていない時と比べれば虫歯のリスクは高まるといえます。そのため、マウスピースの取り外しの都度洗浄して、お口の中を清潔に保っていくことは虫歯予防に大切です。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.マウスピース矯正(インビザライン)で綺麗な歯並び

2.マウスピース矯正(インビザライン)の特徴

3.マウスピース矯正(インビザライン)で歯を綺麗にするメリット

4.マウスピース矯正(インビザライン)でよくある質問

5.大阪・梅田の歯医者が教える表側矯正と裏側矯正の違い

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

初期の虫歯を削らず治す

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

初期虫歯の状態とは?

虫歯は初期のうちは削らずに治ると言われており、歯医者では「要観察歯」という部類に入ります。歯の表面は体で最も硬いエナメル質というもので覆われているのですが、初期虫歯はこのエナメル質の成分が溶け出している状態です。エナメル質の成分が溶けているだけなので、黒い穴が空いたりしていることはありませんが、表面が白濁したり奥歯の溝が茶色くなることはあります。初期虫歯では痛みなどをまったく感じないため、歯の変色が唯一の自覚症状になります。

 

歯磨き指導で正しい方法を知る

だ液にはもともと大量のリンとカルシウムが含まれており、溶け出した成分が自然とエナメル質に戻っていくことがあります。これを「再石灰化」と呼び、正しい歯磨きをすれば再石灰化の可能性は高まります。すぐに削らず、再石灰化を期待するのがこのパターンです。

 

フッ素塗布

フッ素はエナメル質を強化して、成分を溶けにくくする作用がある一方、再石灰化を促す作用もあります。歯医者へ定期的に受診し、フッ素を塗る事で初期虫歯の治癒・進行停止の可能性が上がります。

 

シーラント

シーラントは奥歯の溝をあらかじめ塞いでおいて、虫歯にならないようにする処置です。ただし、乳歯が主な対象となっており、大人の歯に対してシーラントをおこなうことはあまりありません。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.梅田の歯医者で歯周病の予防と対策

2.虫歯治療における詰め物の違いについて

3.マイクロスコープを使った高度治療の講習会に参加しました

4.梅田の歯医者で歯が長持ちする虫歯治療

5.歯科衛生士がマイクロスコープの勉強会に参加しました

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき