虫歯治療における詰め物の違いについて

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

虫歯になるとその箇所を削り落とす必要があります。歯を削った後は穴が空いてますから、そのままでは食事をすることが出来ません。そのため、詰め物をするのですがその種類は多岐にわたっています。ここでは、自分に合った詰め物は何か?そのメリットとデメリットをご紹介いたします。

 

保険が効く詰め物

メタルインレー

一般的に銀歯といわれている素材です。保険が効くため安価で、強度に優れています。一方で、見た目は良くなく金属アレルギーの方には使用できません。また、歯と詰め物との適合性(接着度合い)も劣ります。(適合性が悪いと隙間ができるので、虫歯になり易くなります)

 

レジン

プラスチックの白い詰め物です。保険が効くため安価で、見た目も良いものができます。しかし、時間経過により変色がし易く耐久性も低いです。

 

保険適用外の詰め物

ゴールドインレー

金合金で出来た詰め物です。適合性が非常に高く虫歯になりにくくなります。しかし、見た目があまり良くないことが難点です。そのため、奥歯の治療に使われることが多くなっています。

 

セラミックインレー

陶器で作られた詰め物です。天然の歯と見分けが付かないくらい美しい仕上がりと、金属アレルギーの心配もありません。一方で、陶器でできているため強い力がかかると割れやすくなります。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.マイクロスコープを使った高度治療の講習会に参加しました

2.梅田の歯医者で歯が長持ちする虫歯治療

3.歯科衛生士がマイクロスコープの勉強会に参加しました

4.虫歯予防には3歳までの子どもの時期が大事!?

5.痛くない虫歯治療をしている梅田の歯医者

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

マイクロスコープを使った高度治療の講習会に参加しました

歯科医師の負門がマイクロスコープを使った高度治療の講習会に参加しました。

マイクロスコープを使うことで肉眼では見えない非常に細かい箇所まで治療をすることが可能になります。しかし、マイクロスコープを使えば直ちにどのような治療でも成功率が上がるわけではありません。科学的根拠に基づいてマイクロスコープを使った治療を深く知ってこそ、高度で正確な治療が完成するのです。

今後も様々な知識や技術を吸収し、より良い治療を提供できるよう研鑽して参ります。

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.梅田の歯医者で歯が長持ちする虫歯治療

2.歯科衛生士がマイクロスコープの勉強会に参加しました

3.虫歯予防には3歳までの子どもの時期が大事!?

4.痛くない虫歯治療をしている梅田の歯医者

5.歯科技工士の長嶋が講演をしました

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

マウスピース矯正(インビザライン)の特徴

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

マウスピース矯正は目立たない矯正です

これまでの矯正治療といえば、銀色のワイヤーを歯の表面に接着したものが主流でしたが、マウスピース矯正(インビザライン)はそのワイヤーでの矯正を覆すものです。マウスピース自体は薄くて透明な素材を使用しているため、普段の生活をしている上で他人に矯正を気付かれることはほとんどありません。その自然さは至近距離で口元を見ない限り分からないほどです。また、大事なイベントでは一時的にマウスピースを外すこともできます。

 

痛みが少ない矯正です

金属のワイヤーを使った矯正では、どうしても口の中を粘膜を傷付けてしまい口内炎になってしまうケースもありました。しかし、マウスピースはそのような心配をすることなく快適に矯正治療を進めることができます。

 

食事や歯磨きの違和感がありません

これまでの矯正では食べ物の繊維が矯正装置に挟まったり、歯磨きでも装置の接着箇所が虫歯になり易かったりと何かと不自由が出てきます。しかし、マウスピース矯正は食事や歯磨きの際に取り外せば良いので、違和感のない普段通りの生活を送ることができます。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.マウスピース矯正(インビザライン)で歯を綺麗にするメリット

2.マウスピース矯正(インビザライン)でよくある質問

3.大阪・梅田の歯医者が教える表側矯正と裏側矯正の違い

4.モデルや芸能人に人気の『インビザライン』のマウスピース矯正

5.オーソパルスで矯正治療を早く終わらせるスピード矯正治療

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

梅田の歯医者で歯が長持ちする虫歯治療

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

虫歯になる原因

虫歯は虫歯菌が糖を栄養素として取り込み、酸を出すことで歯のエナメル質を溶かします。エナメル質はph5,4以下の状態になることで溶けてしまうため、お口の中の環境を酸性に傾かせないことが大切です。また、虫歯はお口の中が酸性でいることが持続すると大体1ヶ月程度で虫歯になってしまいます。

 

お口の環境を整える役割をするのが唾液です

唾液はお口の環境を酸性からアルカリ性に整えてくれます。また、唾液には殺菌作用や緩衝作用、洗い流し作用などもあり、一度は酸性で溶けかけたエナメル質を元の状態に戻す再石灰化にとても重要な役割を担っています。

 

根管治療は丁寧で正確な治療が大切です

根管治療とは虫歯が歯の神経まで達してしまったために、神経を取り除く治療をすることをいいます。根管治療は人工の歯である被せ物をするための土台作りにあたりますが、被せ物を高価なセラミックにしたとしても、根管に治療が不十分な箇所があれば虫歯が再発し被せ物も取り除く必要があります。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.歯科衛生士がマイクロスコープの勉強会に参加しました

2.虫歯予防には3歳までの子どもの時期が大事!?

3.痛くない虫歯治療をしている梅田の歯医者

4.歯科技工士の長嶋が講演をしました

5.大阪梅田の歯医者で歯周病を治す

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

歯科衛生士がマイクロスコープの勉強会に参加しました

歯科衛生士の金川・佐々木・末田がマイクロスコープの勉強会に参加しました。

歯科でのマイクロスコープの普及率は5%程度と言われており、さらにその中でもマイクロスコープは歯科医師が使うものと言う風潮があるため、歯科衛生士が使っていることはほとんどありません。

今回の講義ではマイクロスコープを使うことで、肉眼では見落としてしまう細かな所まで確認ができること、また録画も出来るので患者さまと治療箇所の確認ができることを学びました。

マイクロスコープを用いた高度で正確な診断・治療を目指して今後も研鑽に励みたいと思います。

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.虫歯予防には3歳までの子どもの時期が大事!?

2.痛くない虫歯治療をしている梅田の歯医者

3.歯科技工士の長嶋が講演をしました

4.大阪梅田の歯医者で歯周病を治す

5.梅田の歯医者が指摘する虫歯になり易い歯磨き

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

マウスピース矯正(インビザライン)で歯を綺麗にするメリット

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

他の人に気付かれにくい矯正

これまでの矯正といえば、金属のワイヤーを歯に装着し口を開けたら非常に目立つものが主流でした。しかし、マウスピース矯正(インビザライン)は薄く透明な素材で出来ているため、普段生活をしている上で矯正に気付かれることはほとんどありません。「矯正治療をしたいけれど目立つのはちょっと。。」と躊躇していた方でも気軽に始められる矯正治療です。

 

ご自身での取り外しが可能です

インビザラインの矯正は通常のマウスピースの形をしています。そのためご自身での着脱が可能です。人前でどうしても外したい時や、結婚式などのイベントを控えている方にもオススメできる矯正治療です。ただし、1日に20時間以上は付けておく必要があるため注意が必要です。

 

食事に違和感を感じない

ワイヤー矯正では矯正装置に食べ物が挟まったりと、どうしても煩わしい部分が出てきます。マウスピース矯正(インビザライン)は取り外しができるため、普段通り美味しく食事を楽しんでいただくことができます。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.マウスピース矯正(インビザライン)でよくある質問

2.大阪・梅田の歯医者が教える表側矯正と裏側矯正の違い

3.モデルや芸能人に人気の『インビザライン』のマウスピース矯正

4.オーソパルスで矯正治療を早く終わらせるスピード矯正治療

5.梅田の歯医者がオススメする目立たないインビザラインのマウスピース矯正

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

虫歯予防には3歳までの子どもの時期が大事!?

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

「虫歯になり易いか?」「虫歯になりにくいか?」は、3歳までの子どもの時期に決まってしまいます。それでは、虫歯になり易いのはどのように決まるのか?その予防法をお話ししたいと思います。

 

虫歯になり易い体質はどのように決まるのか?

まず、生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はいません。それでは虫歯菌はどこから来るのでしょうか?それは、主にお父さんやお母さんから虫歯菌が感染するのです。また、虫歯菌は3歳までが感染し易いと言われており、感染時期が遅くなればなるほど虫歯になりにくくなります。分かり易く言うと例えば、お口の中に菌が座れるイスが100席あるとすると、早い段階で虫歯菌が感染した人は100席中30席が虫歯菌で占められますが、遅い段階で虫歯菌が感染すると他の菌によって席が埋まっているので5席しか座ることができません。この菌の席のバランスは一生変わらないため、感染時期を可能な限り遅らせることがとても大切なのです。

 

子どもへの虫歯菌の感染を防ぐポイント

親が歯医者で定期的にクリーニングを受ける

親に虫歯がある場合は早急に治療を終えることと、その後は定期的にクリーニングをすることで虫歯の再発防止とお口の健康状態を良好な状態に保つことを意識しましょう。

 

お箸やスプーンを子どもと共用しない

親が使ったお箸やスプーンで子どもの口に運ぶと、一緒に虫歯菌も子どもの口に入ってしまいます。また、お箸やスプーンの共用だけでなく、噛み与えやキスも虫歯菌の感染原因になるので控えるようにしましょう。

 

砂糖が入った食べ物を与える

砂糖の入った食べ物を食べるとお口の中で虫歯菌が増殖してしまいます。虫歯菌が増殖すると席が虫歯菌で埋め尽くされてしまうので、特にお口の中に長時間残り易いアメなどの食べ物はあげないようにしましょう。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.痛くない虫歯治療をしている梅田の歯医者

2.歯科技工士の長嶋が講演をしました

3.大阪梅田の歯医者で歯周病を治す

4.梅田の歯医者が指摘する虫歯になり易い歯磨き

5.梅田の歯医者が教える虫歯になる原因

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

マウスピース矯正(インビザライン)でよくある質問

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

マウスピース矯正(インビザライン)はどのくらい利用されていますか?

1988年にアメリカで開発されたインビザラインですが、今や世界100ヵ国以上、500万人以上の人たちが治療をしてきたとても実績がある矯正方法です。日本には2006年頃から導入されており、芸能人にも大変人気です。

 

マウスピース矯正(インビザライン)はどこでやっても同じですか?

マウスピース矯正をやる歯医者によって結果は異なります。例えば、矯正の治療計画を立てる際に歯は抜くのか?削るのか?や、矯正を始める前に歯周病や虫歯の治療をしているか?などで結果が違ってくるのです。歯科医師の知識と技術が多く関わってくるのがマウスピース矯正であると言えます。

 

マウスピース(インビザライン)はどのくらいの期間装着しますか?

従来のワイヤー矯正と変わらず2~3年の期間が必要になります。また、マウスピース矯正はご自身で取り外せることがメリットですが、一方で毎日20時間以上は付ける必要があります。

 

マウスピース矯正(インビザライン)中の食事制限はありますか?

食事制限はありませんが、食事の際は必ずマウスピースを外してください。また飲み物を飲む場合でも、虫歯の原因になりますので水以外は取り外すようにお願いします。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.大阪・梅田の歯医者が教える表側矯正と裏側矯正の違い

2.モデルや芸能人に人気の『インビザライン』のマウスピース矯正

3.オーソパルスで矯正治療を早く終わらせるスピード矯正治療

4.梅田の歯医者がオススメする目立たないインビザラインのマウスピース矯正

5.スピード矯正で治療期間を短くするオーソパルス

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

痛くない虫歯治療をしている梅田の歯医者

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

表面麻酔

歯医者の麻酔といえば注射針を使ってするイメージがありますが、表面麻酔は歯ぐきにガーゼを数分間当てて麻酔を効かせます。効果としてはそれほど強いものではないですが、こちらは麻酔をするための麻酔となっており、注射針で刺す痛みを軽減することができます。

 

浸潤麻酔

昔からよく使われており、効果も高い麻酔になっています。これは虫歯治療や神経を抜く前におこなわれており、痛みも強いため苦手とする人は多かったのですが、先ほどご紹介した表面麻酔をすることによって痛みをかなり軽減することができます。また、浸潤麻酔の痛みをより軽減させるために注射針をより細いものにしたり、麻酔液を少し温めておくなどの工夫もされています。

 

恐怖を和らげるための麻酔

上に紹介した麻酔は痛みを和らげるための麻酔ですが、恐怖を和らげるための麻酔も存在します。その1つが笑気ガスと呼ばれるもので、ガスタイプの麻酔を鼻から吸引することでリラックスをした状態の中で治療を受けることができます。このように、様々な麻酔の登場により歯科治療はより発展したものになっていくことでしょう。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.歯科技工士の長嶋が講演をしました

2.大阪梅田の歯医者で歯周病を治す

3.梅田の歯医者が指摘する虫歯になり易い歯磨き

4.梅田の歯医者が教える虫歯になる原因

5.梅田の歯医者が教える歯が黒くなる原因

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

大阪・梅田の歯医者が教える表側矯正と裏側矯正の違い

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

表側矯正(ラビアル矯正)

上下ともに歯の表側に金属ワイヤーの矯正装置を装着するもので、最も歴史のある治療法です。この矯正治療では口を開くと非常に目立つということがデメリットですが、白い素材を使った多少は目立ちにくい表側のワイヤー矯正もあります。

 

裏側矯正(リンガル矯正)

上下ともに歯の裏側にワイヤーの矯正装置を装着します。口を開けた際に歯の裏側が見えることはないので、最も見えない矯正治療法です。そのため、人前で仕事をする人や芸能人にも人気の治療法になっています。ただし、舌が矯正装置に触れるため違和感を感じやすくなります。

 

ハーフリンガル矯正

上の歯が裏側、下の歯が表側にワイヤーを装着して矯正をする方法です。口を開けた場合、比較的下の歯は見えずらいため上の歯のみ裏側に装置を装着します。価格も表側矯正と裏側矯正の中間に設定されていることが多いです。

 

インビザライン(マウスピース矯正)

ワイヤー矯正とは違って、いつでもご自身で取り外しができるマウスピース型の矯正です。食事や歯磨きのはマウスピースを取り外してできるため、日常生活に支障がでることはありません。しかし、取り外しができるとはいえ、1日20時間は付ける必要がある点は注意が必要です。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.モデルや芸能人に人気の『インビザライン』のマウスピース矯正

2.オーソパルスで矯正治療を早く終わらせるスピード矯正治療

3.梅田の歯医者がオススメする目立たないインビザラインのマウスピース矯正

4.スピード矯正で治療期間を短くするオーソパルス

5.マウスピース矯正をしている梅田の歯医者

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正