梅田の歯医者が教える虫歯になる原因

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

虫歯は酸で歯が溶ける病気です

虫歯菌は食べ物に含まれる糖分をエサとして活発に動き、虫歯菌の住処であるプラーク(歯垢)を形成します。プラーク(歯垢)がある状態で歯の磨き残しがあると、プラークの中で歯を溶かす「酸」を発生させます。「酸」は歯がとても苦手で、歯の成分であるカルシウムやリンが溶け出します。これが進行すると虫歯になるのです。

 

お口の中を弱酸性に保つことが虫歯予防につながります

お口の中は通常、ph7の弱酸性に保たれています。ph5.5を下回ると歯からミネラルが溶け出し虫歯になりやすい環境となるのですが、これは食事をすると達成してしまう数値です。お口の中が酸性になるとだ液の働きにより時間をかけて弱酸性に戻るため、1日3食程度であれば何ら影響はありません。しかし、食事の間に間食を挟むとお口の中が常に酸性になってしまい、虫歯になり易くなってしまいます。そのため、間食を取るにしても食後時間を空けるのではなく、食直後にした方が良いでしょう。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.梅田の歯医者が教える歯が黒くなる原因

2.大阪・梅田の歯医者が教える虫歯の進行度による治療の違い

3.大阪・梅田の歯医者で痛くない無痛治療

4.日本顎咬合学会にて院長と当院スタッフが講演をおこないました

5.梅田の歯医者がオススメする痛くない無痛治療

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

インビザラインのマウスピース矯正についてよくある質問

最近急速に広まっているインビザラインのマウスピース矯正。マウスピースで本当に歯が動くの?など、新しい技術での矯正治療に疑問を持つ患者さまも多くいらっしゃいます。今回はこのような質問をいくつかご紹介したいと思います。

 

インビザラインの特徴は?

インビザラインの最大の特徴は何といても目立たない矯正であるということです。これまでの矯正はワイヤーを歯の表面に張るので、見た目も悪いものでしたが、インビザラインのマウスピース矯正は至近距離で見ない限り気付かれることはありません。また、自由に着脱が可能なため食事や歯みがきには違和感を感じることなく、普段通りの生活を送ることができます。

 

通常の矯正と比べて治療期間が長い?

インビザラインのマウスピース矯正は複数枚のマウスピースを使って、1枚で少しずつ歯を動かしていきます。そのため、1つのマウスピースで動かす量は少ないですが、無駄なく動かすため治療期間はこれまでのワイヤー矯正と変わりません。

 

動いた歯が戻る?

どんな矯正治療でも歯並びを整えただけでは元に戻ってしまいます。そのため、矯正治療直後はリテーナーと呼ばれる保定装置を歯に装着します。リテーナーを付けることで、骨がしっかりと歯を固定し後戻りがしなくなります。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.出っ歯のマウスピース矯正(インビザライン)

2.インビザラインのマウスピース矯正とは?

3.インビザラインのマウスピース矯正と使ったスピード矯正

4.舌側矯正(リンガル矯正)とマウスピース矯正の比較

5.大阪梅田で歯並びを整える透明マウスピース矯正

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

梅田の歯医者が教える歯が黒くなる原因

梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

白い歯が黒くなると見た目も大変悪くなってしまいます。もちろん黒くなってしまう原因としては虫歯が一番に考えられるのですが、実はその他にも歯の色が変わってしまうことがあります。

 

虫歯で歯の色が変わる

虫歯が原因で歯の色が変わることが最も多いのではないでしょうか。虫歯が初期の段階では痛みを感じることもないため、知らないうちに進行してしまう可能性もあります。また虫歯が進行すると歯の色が変わるばかりか、歯が溶けてなくなってしまうことにもなりかねません。そうならないためにも、虫歯に気付いたら出来るだけ早く歯医者に行ってください。

 

歯石が変色する

歯周病の方の場合、歯ぐきからの出血で歯石が作られる場合があります。その場合、歯石本来の白色ではなく、血液の成分が混ざることで黒く見えてしまいます。

 

詰め物が劣化している

詰め物が劣化すると、それに使われる金属が溶け出し黒くなる場合があります。これを防ぐためには、セラミックなどの金属を使わない素材で詰め物をすることが大切です。

 

歯の神経がない

歯の神経がないと栄養が歯にいきわたらなくなるため、歯が黒ずんでしまいます。その場合はウォーキングブリーチなどの薬剤で白さを取り戻すことができます。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.大阪・梅田の歯医者が教える虫歯の進行度による治療の違い

2.大阪・梅田の歯医者で痛くない無痛治療

3.日本顎咬合学会にて院長と当院スタッフが講演をおこないました

4.梅田の歯医者がオススメする痛くない無痛治療

5.口腔内写真の撮り方について講演をおこないました

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

前歯をセラミック治療する前に知っておきたいこと

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

セラミックは天然の歯と見間違うほど、とても綺麗な仕上がりになります。一方で自費治療で費用も高くなるため、前歯をセラミック治療にしたいが気を付けることはないか?という疑問を持たれる方もいらっしゃいます。今回はそのような疑問にお答えしたいと思います。

 

セラミックにすることによるデメリットはありますか?

特筆すべきデメリットは特にありません。時々、セラミックは割れやすいですか?と聞かれることもありますが、セラミックの素材も日々進化しており割れやすいといったことはありません。割れたり欠けたりする場合の原因のほとんどは、噛み合わせが原因となります。噛み合わせが悪いとセラミックにした歯へ極端な負担がかかってしまいます。そのため、よくセラミックが割れたり欠けたりする人は、矯正をすることも必要かもしれません。

 

口内環境の変化には注意が必要です

セラミックは天然の歯と比べて硬い素材で出来ています。そのため、治療をした当初はバランスの取れた噛み合わせでも、後にその周りの歯を治療で削ったりするとバランスが崩れて、天然の歯やセラミックの破損を招く恐れがあります。このような場合は、噛み合わせ自体を治療するかマウスピースを使って力をコントロールすることが必要になります。

 

☆その他、審美治療に関する記事はこちら☆

1.歯を綺麗にするクリーニングは大阪梅田のカツベ歯科

2.セラミックで歯を綺麗にしたい時に良い歯医者を見分けるポイント

3.綺麗な白い歯にするセラミックでの審美治療

4.前歯の治療はセラミックでの審美治療がオススメです

5.審美歯科とは?

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:審美治療

出っ歯のマウスピース矯正(インビザライン)

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

目立たないマウスピース矯正

インビザラインのマウスピース矯正は薄く透明な素材のため目立たず、また前歯を矯正する場合にも使用できる矯正器具です。出っ歯の具合にもよりますが、前歯だけを動かす場合は前歯専用のマウスピース矯正(iGO)、歯全体を動かさなければならない場合はインビザラインで矯正をします。

従来の矯正では金属のワイヤーを付けるので見た目も悪いものになっていましたが、マウスピース矯正では至近距離で見ない限り気付かれることはないので普段通りの生活をおくれることも大変メリットであるといえます。

 

自由に取り外しができるため、人前で仕事をする方でも安心です

自由に取り外しができることもマウスピース矯正の大きなメリットの一つです。食事の際に取り外すことでワイヤーの間に食べ物が挟まることはなく、また歯みがきも普段通りできるので清潔に保つことができます。

しかし、一方で1日に20時間以上の装着をしないと当初の計画通りに歯が動かないため、自由に取り外せることに甘えてしまう人にはマウスピース矯正は向かないかもしれません。

 

まとめ

マウスピース矯正は従来の矯正方法と比べて見た目も良く、大変便利な矯正です。ご興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.インビザラインのマウスピース矯正とは?

2.インビザラインのマウスピース矯正と使ったスピード矯正

3.舌側矯正(リンガル矯正)とマウスピース矯正の比較

4.大阪梅田で歯並びを整える透明マウスピース矯正

5.大阪・梅田で評判の見えない矯正

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

インビザラインのマウスピース矯正とは?

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

インビザラインのマウスピース矯正とは?

マウスピース矯正とは透明で薄い素材でできたマウスピースを使って歯列矯正をする治療です。現在では世界で約500万人が治療しており、インビザラインは最も実績のあるマウスピース矯正となっています。

 

目立たない矯正

マウスピース矯正は従来のワイヤー矯正のように金属が目立つことがないので、人前でお仕事をされる方やイベント事が控えている方にオススメです。「歯並びは綺麗にしたいけど、矯正治療中の見た目が。。」と治療に踏み切れなかった方のご要望に応える矯正治療となります。

 

自由に取り外しができる

マウスピース矯正はご自身で取り外しが可能です。食事の際には違和感を感じることなく美味しく食べられ、歯みがきも従来通りできるので清潔です。また、硬い器具で舌や頬の粘膜を傷付けてしまうという心配もありません。

 

金属アレルギーの心配がない

マウスピース矯正は金属を一切使わないため、金属アレルギーの心配がありません。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.インビザラインのマウスピース矯正と使ったスピード矯正

2.舌側矯正(リンガル矯正)とマウスピース矯正の比較

3.大阪梅田で歯並びを整える透明マウスピース矯正

4.大阪・梅田で評判の見えない矯正

5.梅田の歯医者が治療している目立たない矯正

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

インビザラインのマウスピース矯正と使ったスピード矯正

梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

インビザラインのメリットとは?

インビザラインのマウスピース矯正は世界的に見て、症例数、歴史、治療の適用範囲共に最大のものとなっています。このマウスピース矯正が従来のワイヤー矯正と比べて優れているところは、「見えない・清潔・快適」という点です。まず、インビザラインのマウスピース矯正は透明で薄い素材でできているため、至近距離で見ない限り気付かれることはありません。また、食事や歯みがきの際には取り外せることができるため清潔に保てます。最後に矯正装置が外れたり、器具が舌や頬に当たって痛いということもありません。

 

矯正治療期間をできるだけ短く

ワイヤー矯正に比べて様々なメリットがあるインビザラインのマウスピース矯正ですが、矯正治療の期間はワイヤー矯正とさほど変わらず1年~3年程度かかります。しかし、事情により矯正治療を早く終わらせたいという方も多いのではないでしょうか。そのような方には、光のスピード矯正装置オルソパスル(オーソパルス)がオススメです。

 

フォトバイオモジュレーション効果によるスピード矯正

インビザラインのマウスピース矯正と相性が良いのが、スピード矯正装置のオルソパスル(オーソパルス)です。オルソパスル(オーソパルス)の使い方は非常に簡単で、装置から出る近赤外線の光を歯ぐきに数十分当てるだけです。これによりフォトバイオモジュレーション効果が生まれ、細胞が活性化し歯の移動が速くなるという仕組みです。また、フォトバイオモジュレーション効果自体は美容や外傷の治療など様々な分野で応用されており、実績のある治療法になります。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.舌側矯正(リンガル矯正)とマウスピース矯正の比較

2.大阪梅田で歯並びを整える透明マウスピース矯正

3.大阪・梅田で評判の見えない矯正

4.梅田の歯医者が治療している目立たない矯正

5.前歯だけのマウスピースによる目立たない部分矯正

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正

大阪・梅田の歯医者が教える虫歯の進行度による治療の違い

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

虫歯は進行度によって歯医者で治療する方法が異なることはご存知でしょうか。虫歯には初期から重度に至るまでいくつかのステージがあり、それぞれC0~C4の5段階に分類されます。それでは、虫歯の進行度合いと治療について見ていきましょう。

 

C0の初期虫歯

C0は歯の表面のエナメル質が溶け、白く濁ったり、溝が茶色くなったりします。痛みはなく、適切な歯みがきをすることで治ることもあります。

 

C1のエナメル質の虫歯

C1はエナメル質のみが溶け小さな穴が空いた状態です。C1の状態を歯みがきで治すことは難しいですが、歯を削る範囲も比較的小さく、レジン(歯科用プラスチック)で治療することになります。

 

C2の象牙質の虫歯

エナメル質の下の層の象牙質まで虫歯が進行した状態です。このステージまでくると神経も近くなるため、冷たいものがしみるなどの症状が出てきます。通常であれば虫歯を削ったあとにインレーやレジンで治療をしますが、神経の近くまで虫歯が達している場合は神経を取ることもあります。

 

C3の神経まで達した虫歯

歯の神経まで虫歯が進行した状態です。神経が炎症するためひどい痛みを感じます。治療は神経を取ったあとに、神経が入っていた管を消毒し、クラウンという被せ物をします。

 

C4の残根状態

歯の上部が虫歯でなくなし、根っこしか残ってない状態です。このステージでは神経は死んでしまい、痛みを感じることはありません。通常は抜歯後にインプラントやブリッジ、入れ歯での治療になります。

 

まとめ

虫歯の進行度合いによって治療が異なることをご理解いただけたでしょうか。しかし、本当の虫歯の治療はこれまでに述べた治療をするのではなく、食生活や歯みがきなど生活習慣そのものを見直すことです。もし虫歯になった場合はお早めに歯医者へご相談ください。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.大阪・梅田の歯医者で痛くない無痛治療

2.日本顎咬合学会にて院長と当院スタッフが講演をおこないました

3.梅田の歯医者がオススメする痛くない無痛治療

4.口腔内写真の撮り方について講演をおこないました

5.口腔ケアの定着を目指して ~ミャンマーでの歯科ボランティア~

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

大阪・梅田の歯医者で痛くない無痛治療

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

歯医者の治療は痛くて怖いというイメージを持たれている方も多いかと思います。しかし、このような良くないイメージのために歯医者に行けず症状がどんどん悪くなってしまっては本末転倒です。近年では痛みを軽減する最新の治療法がいくつかあるため、ぜひ歯医者に対するイメージを良いものにしていただければと思います。

 

表面麻酔

歯ぐきの表面に麻酔を塗り、感覚を麻痺させます。麻酔の注射の痛みを軽減させるためによく用います。

 

浸潤麻酔

痛みを感じる部分に麻酔の注射をします。以前まではこの注射に痛みを感じて不人気なものでしたが、近年では注射針が非常に細くなり、また麻酔薬を人肌に温めてゆっくり麻酔薬入れることで痛みもかなり軽減されます。

 

伝達麻酔

麻酔が効きにくい下の奥歯でよく使用されます。親知らずを抜く際にも使用され、浸潤麻酔に加えて伝達麻酔を用いることもあります。

 

笑気麻酔

マスクを付けてガスを吸入します。痛みを軽減するための麻酔ではなく、気持ちをリラックスさせるための麻酔です。笑気麻酔は特に副作用もないため子どもの治療にも使われることがあります。

 

精静脈内鎮静法

静脈に点滴をして麻酔薬を注入します。麻酔薬を入れるととても心地よい気分になります。意識はあるので会話をすることも可能です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。歯医者の治療が怖いという方には笑気麻酔をするととてもリラックスが出来るのでオススメです。「歯が悪いのは分かっているけど、歯医者が怖くて行けない」と尻込みをせず、最悪の状態になる前にぜひ一度ご相談ください。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.日本顎咬合学会にて院長と当院スタッフが講演をおこないました

2.梅田の歯医者がオススメする痛くない無痛治療

3.口腔内写真の撮り方について講演をおこないました

4.口腔ケアの定着を目指して ~ミャンマーでの歯科ボランティア~

5.口臭検査と唾液検査を特別価格で実施しています

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき

舌側矯正(リンガル矯正)とマウスピース矯正の比較

カツベ歯科クリニック

見えない矯正というとよく比較に上がるのが舌側矯正(リンガル矯正)とマウスピース矯正ですが、これらのメリット・デメリットは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。矯正を検討されている方はぜひ一度ご一読ください。

 

見えにくくさの違い

裏側矯正(リンガル矯正)は歯の裏側にワイヤーを通すので、口を閉じていると矯正装置はまったく見えません。マウスピース矯正は透明で薄いマウスピースをはめるので目立ちにくのですが、裏側矯正(リンガル矯正)と比べると目立ってしまいます。しかし、マウスピース矯正が目立つといっても至近距離で見ない限りわからない程度なのでそれほど気にする必要もないと思います。

 

費用と治療期間の違い

費用は圧倒的にマウスピース矯正が安くなっています。まずマウスピースはプラスチックで出来ていますが、裏側矯正(リンガル矯正)は金属を使います。ここで使用する素材による費用の違いがうまれますが、マウスピース矯正はさらに治療に要する時間が短いことも費用が安い要因です。ワイヤー矯正は1ヶ月に1度、ワイヤーやゴムを交換する必要があるのですが、マウスピース矯正はご自身でマウスピースをどんどん交換していけば良いので歯医者にかかる手間はほとんどありません。

次に治療期間ですが、これは裏側矯正(リンガル矯正)・マウスピース矯正共にそれほど違いはありません。双方、1年~3年ほどの矯正期間が必要になってきます。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.大阪梅田で歯並びを整える透明マウスピース矯正

2.大阪・梅田で評判の見えない矯正

3.梅田の歯医者が治療している目立たない矯正

4.前歯だけのマウスピースによる目立たない部分矯正

5.矯正中の痛みは?その対処法について

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正