口臭の元「臭い玉」が出来る原因と取る方法

男女や大人・子ども関係なくできてしまう臭い玉という白い塊。この臭い玉の正式名称は膿栓と言い、口臭の原因となります。歯磨きやうがい、ブレスケアをしても口臭が取れないという方は口の中に臭い玉があるかもしれません。

 

臭い玉ができる原因

臭い玉は喉にある扁桃腺にできます。この扁桃腺には小さな穴があるのですが、この穴から免疫物質を出すことで喉の細菌と戦っています。そして細菌や白血球の死骸が扁桃腺の穴に溜まると臭い玉ができてしまうのです。

また、乾燥する季節の場合は空気中に塵やホコリが舞うため、呼吸をすることで臭い玉に付着して大きくなってしまいます。

 

臭い玉を取る方法

臭い玉は綿棒やピンセットで取る方法がありますが、扁桃腺は非常に傷つきやすいので注意しておこなう必要があります。またシャワーの水圧を利用して取り除く方法では、丸型洗浄瓶が喉に水を当てやすく効果的です。

 

臭い玉を作らないようにするためには

臭い玉を作らないようにするためにはいくつかの方法が考えられます。まず一つ目は扁桃腺を取ってしまうことです。扁桃腺を取ると臭い玉はほとんど出来なくなります。二つ目はうがいをよくすることです。塵やホコリ、ウイルスを定期的に洗い流すことで臭い玉が出来る原因を少なくします。

 

まとめ

臭い玉の対処方法をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。臭い玉は口臭の原因です。口臭が気になるという方はぜひ一度お試しください。

 

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.ダイレクトポンディング法などの講演会に参加しました

2.不正咬合のオープンバイト(開咬)について講演をしました

3.すぐ虫歯になる子どもは歯が弱い?

4.歯ぎしりや食いしばりはストレスだけが原因ではない!?

5.ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)のリスクを考える

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき